So-net無料ブログ作成

「ドライビング・ミス・デイジー」(2019年翻訳舞台) [演劇]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は土曜日で、
午前午後とも中村医師が外来を担当する予定です。

土曜日は趣味の話題です。
今日はこちら。
ドライビング・ミス・デイジー.jpg
1989年に製作され米アカデミー作品賞を受賞した名作映画の、
原作となったオフ・ブロードウェイの舞台劇が、
草笛光子さん、市村正親さん、堀部圭亮さんという魅力的なキャストで、
今翻訳劇として上演されています。

これは1948年から25年に渡る、
元教師のユダヤ人の老婦人と、
その運転手を務めた黒人ドライバーとの、
交流をオムニバス的に描いた物語です。

これね、高齢ドライバーが事故を起こして…
というところから始まるお話なので、
意外に今の時勢にも合っているのです。

舞台版は老婦人とその息子のやり手の経営者、
そして黒人ドライバーのみの3人芝居ですが、
映画はそこにメイドや息子の妻などの人物が追加されています。
映画を先に観ていると、
メイドなどはいないと成立しないように思うのですが、
舞台版では黒人ドライバーの台詞の中で、
舞台には登場しない人物として、
何度も語られていて、
舞台劇としてはそれでありだな、
ということが分かります。
映画で印象的な場面の多くは、
原作でもほぼそのまま残っています。

シンプルな小劇場向けの戯曲で、
森新太郎さんの演出は最小限度の装置で、
過不足ない効果を挙げている点がさすがです。
音楽は映画と同じ「ルサルカ」の「月に寄せる歌」が使われていましたが、
物語と直接の関連はないような気もするので、
イメージでの選曲なのかしら、と感じました。

物語は1948年から始まり20年以上が舞台上で経過するのですが、
それが分かりにくいというきらいはあり、
字幕などで説明した方が、
良かったのではないかしら、というようには思いました。

これ、黒人の表現をどうするのかしら、
と思っていたのですが、
実際には黒人ドライバー役の市村さんは、
古典的なオセロのように、
茶色いドーランを肌に塗って演技をしていました。
今後はこうした表現は、
おそらく難しくなるのだろうな、とは感じました。

キャストは草笛光子さんが素晴らしい芝居で、
後半衰えた肉体の表現などには、
役者魂も感じました。
市村さんは特に前半のちょっとしたやり取りに味があり、
映画と同じ台詞を、
日本人の観客に対しては、
映画より数段説得力と膨らみを感じる演技で、
肉付けしていたのがさすがと感じました。

後半のシリアスな部分は、
映画でもちょっとピンと来ないところがあり、
今回の舞台版でも矢張り釈然とはしませんでした。
公民権運動の話とかキング牧師の話とか、
身近には感じられないので仕方がないのかも知れません。

ラストももう少しくどくてもいいのに、
もう一押しあってもいいのに、
というようには思うのですが、
アメリカ戯曲はこうしたところは淡泊ですね。

そんな訳でまずまずの仕上がりの舞台で、
一見の価値は充分にあると思います。
もう少し練れて来ると、
後半はより趣きが増すのでは、
というようにも思いました。

それでは今日はこのくらいで。

皆さんも良い休日をお過ごし下さい。

石原がお送りしました。
nice!(6)  コメント(0) 

サプリメントの種類と健康リスク [医療のトピック]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は金曜日でクリニックは休診ですが、
老人ホームの診療などには廻る予定です。

それでは今日の話題です。
今日はこちら。
サプリメントと健康被害.jpg
2019年のJournal of Adolescent Health誌に掲載された、
青少年の使用するサプリメントのリスクについての論文です。

サプリメントというのは、
そもそもは通常の食生活で、
不足し易い栄養素や微量元素などの、
補充として使用する製品の意味合いですが、
今では病気の予防や健康の維持増進などのために、
役立つという触れ込みの商品全てを指すようになっています。

そこには、
ビタミン剤やグルコサミン、コンドロイチンなど、
一定の有効性が科学的にも示されているものもありますが、
体重減少効果や腸内洗浄効果、
精力増進や筋力増加など、
何の成分がどのように作用するのかも、
明確ではないものも多くあります。
アメリカでは精力増進や腸内洗浄などの効能を謳ったものが多いようですが、
日本ではダイエット効果や、
全身倦怠感への効果などを謳ったものが多いように思います。

国内外を問わず問題となるのは、
怪しげなサプリメントに限って、
青少年が使用するケースが多いということです。

今回の研究は、
アメリカのFDAに2004年から2015年に集積された、
サプリメントの有害事象のうち、
年齢が25歳以下に使用された977件を解析したものですが、
ビタミン剤と比較して、
筋力増強目的のサプリメントの健康被害のリスクは2.7倍(95%CI:1.9から4.0)となり、
体重減少目的のサプリメントも2.6倍(95%CI:1.9から3.4)、
エネルギー補給目的のサプリメントも2.6倍(95%CI:1.9から3.6)、
精力増進目的のサプリメントも2.4倍(95%ci:1.3から4.3)、
それぞれ有意に健康被害のリスクが増加していました。

このように一口にサプリメントと言っても、
ビタミン剤と、
筋力増強などの効能を謳ったサプリメントとは、
全く別個のものと考える必要があり、
特にその青少年の利用については、
濫用に結び付かないような対応が必要であるように思います。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(7)  コメント(0) 

バセドウ病の免疫治療の効果 [医療のトピック]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は午前午後ともいつも通りの診療になります。

それでは今日の話題です。
今日はこちら。
バセドウ病の免疫治療の効果.jpg
2019年のThyroid誌に掲載された、
バセドウ病の新しい治療の可能性についての論文です。

バセドウ病は甲状腺がTSH受容体抗体という、
自己抗体によって刺激され、
甲状腺機能亢進症を起こす代表的な甲状腺の病気の1つです。

その治療法には、
抗甲状腺剤による薬物療法と、
放射性ヨードによる放射線治療、
そして甲状腺の大部分を切除する手術療法の3種類がありますが、
どの治療にも一長一短があり、
確実に完治すると言えるような方法はないのが実際です。

抗甲状腺剤による治療は簡便ですが、
治療期間は通常2年程度を要し、
薬を止めて再発しない寛解率は、
決して高いものではありません。
また、顆粒球減少症など重篤な副作用の起こることもあります。

手術治療や放射線治療は、
成功すれば治療の必要はなくなりますが、
機能低下となれば、
一生ホルモン剤を使用しなければなりません。
放射線治療には眼症の悪化の可能性や、
二次発癌の可能性が僅かながら認められます。
手術は首に傷が付きますし、
反回神経麻痺などの合併症が生じることもあります。

そもそもバセドウ病の原因は、
甲状腺に対する自己抗体ですが、
手術や放射線治療は物理的に甲状腺組織を取り除くだけですし、
抗甲状腺剤は一時的にホルモンを低下させるだけの作用で、
確かに長期的には抗体価は陰性になることがありますが、
そのメカニズム自体も不明です。

つまり、
原因を取り除くような治療が、
存在していない、という点が一番の問題なのです。

そこで検討されている方法の1つが、
アレルギーで試みられているような免疫療法です。

花粉症や食物アレルギーにおいては、
免疫療法や減感作療法と言って、
原因となる抗原をごく少量から身体に使用して、
それを徐々に増やして身体を慣れさせることにより、
アレルギー反応を減弱させる、
という方法が一定の効果を挙げています。

自己免疫疾患というのも、
アレルギーに似たところのある、
特定の抗原に対する過剰な免疫反応ですから、
同じように軽い抗原刺激を与えて持続することにより、
過剰な免疫反応が沈静化する、
という可能性が存在しています。

ただ、これまでにそうした試みはあったものの、
自己免疫の抗原を身体に作用させても、
安定した効果はあまり得られず、
却って症状の悪化に結び付くリスクがある、
というのがこれまでの結果でした。

最近になって遺伝子工学の技術を用い、
ヘルパーT細胞と呼ばれる免疫調整細胞が、
抗原を認識しているエピトープという部位を、
その部分だけ取り出して反応させることにより、
副作用なく軽度の免疫反応を起こして、
免疫を調整するような手法が開発されました。

こうして合成された特定の抗原を、
アピトープと呼んでいます。

多発性硬化症という難病において、
その再発予防にATX-MS-1467というアピトープが開発され、
その継続使用により、
一定の有効性が確認されています。

今回はバセドウ病に対して、
その自己抗体を免疫細胞が感知する2つの部位を合成した、
ATX-GD-59というアピトープが新たに開発され、
その第一相の臨床試験が行われました。

その結果をまとめたのが今回ご紹介する論文です。

軽症で未治療のバセドウ病の患者さん12名に、
このATX-GD-59というアピトープを、
少量から2週間毎に用量を増加させながら皮下注射し、
10回の治療を行なって、その経過を観察しました。

その結果、
10人が治療を最後まで継続し、
そのうちの5名は治療終了の時点で、
2名は経過観察期間の時点で、
甲状腺機能が正常化しました。
甲状腺機能の正常化に伴い、
血液中の自己抗体も低下していました。
一方で残りの3名では、
甲状腺機能亢進症は治療により増悪していました。

このように、
まだまだその有効性も安全性も未知数の部分が多いのですが、
これまでにない画期的なバセドウ病の治療に、
一定の有効性が確認されたことは意義のあることで、
今後の研究の進捗に期待をしたいと思います。

成功するかどうかは分かりませんが、
間違いなくこれまでにない、
画期的な治療ではあるからです。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(6)  コメント(0) 

カフェインの内臓脂肪燃焼効果 [医療のトピック]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は水曜日なので診療は午前中で終わり、
午後は別件の仕事で都内を廻る予定です。

それでは今日の話題です。
今日はこちら。
カフェインの脂肪燃焼効果.jpg
2019年のScientific Reports誌に掲載された、
カフェインの脂肪燃焼効果を検証した論文です。

脂肪細胞には白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞の2種類があります。

白色脂肪細胞は脂肪をため込む細胞で、
その一方で褐色脂肪細胞は、
脂肪を燃焼させて熱を発生させる細胞です。

褐色脂肪細胞には、
UCP1(ミトコンドリア脱共役蛋白質1)という、
一種のエネルギー変換器のような蛋白質があります。

身体の細胞はブドウ糖などを代謝して、
それをATPというエネルギーに変えるのですが、
そのエネルギーを熱に変換するのがUCP1です。

よく運動で脂肪を燃焼させて熱に変える、
というような言い方をしますが、
これは概ねUCP1を持つ細胞でのみ成り立つ理屈です。

UCP1を活性化させる刺激は、
交感神経の緊張なので、
運動のみならず、寒冷やストレスなど、
交感神経が緊張するような刺激であれば、
それが熱産生に結び付いて、
UCP1が発現している脂肪細胞であれば、
脂肪は溶けて熱になるのです。

問題は人間においては褐色脂肪細胞が非常に少ない、
という点にあります。

これが、運動しても脂肪が減り難い主な理由です。

ところが…

通常はUCP1が発現していないとされる白色脂肪細胞でも、
たとえば交感神経のβ3受容体が刺激されると、
白色脂肪細胞が褐色脂肪細胞様に変化して、
UCP1の発現が見られるようになる、
という知見が存在しています。

つまり、場合によっては、
脂肪をため込むだけの細胞が、
脂肪を燃焼させて熱に変えるような細胞に、
変化することがあるのです。

この白色脂肪細胞が変化した、
褐色脂肪様細胞を、
元々の褐色脂肪細胞と区別する意味で、
ベージュ細胞と呼ぶことがあります。

ちなみに医師の方が、
ベージュ細胞という報道を見て、
これは「褐色脂肪細胞」という言い方が正しい、
というニュアンスの発言をされているのを読みましたが、
それは誤りだと思います。
両者は違うものだからこそ、
「ベージュ」という言い方をしているのです。

内臓肥満のあるような人では、
内臓脂肪の多くが白色脂肪細胞であると考えられますが、
それを適切な刺激によってベージュ細胞に変えることが出来ると、
そうした人でも脂肪を簡単に燃焼することが可能になり、
内臓脂肪や肥満の解消に繋がることが期待されます。

さて、寒冷の刺激や唐辛子の辛み成分であるカプサイシン、
またコーヒーやお茶などに含まれるカフェインには、
代謝を促進して脂肪燃焼を促すような働きがあることが、
これまでの研究により明らかになっています。

ただ、カフェインが褐色脂肪細胞に、
直接的な影響を与えているのかどうかについては、
あまり明確なことが分かっていませんでした。

今回の研究では、
幹細胞由来の脂肪細胞を使用した基礎実験と、
サーモグラフィーなどを用いた臨床実験により、
カフェインの脂肪燃焼効果を検証しています。

その結果、カフェインがUCP1の活性化を介して、
褐色脂肪細胞の熱産生を刺激していることが確認されました。

こちらをご覧下さい。
カフェインの脂肪燃焼の画像.jpg
これは左側がコーヒーの摂取前で、
右が65ミリグラムのカフェインを含むインスタントコーヒーを、
1杯飲んだ後で計測したサーモグラフィーです。
上の画像は生データで、
下は熱産生が行われた部分を差し引きで示したものです。

少し分かりにくい感じはあるのですが、
鎖骨の上の部分の温度上昇がコーヒー摂取後に見られていて、
この部位には褐色脂肪細動が多いので、
その燃焼に結び付いた可能性を示唆しています。

このようにカフェインには一定の脂肪燃焼効果があり、
それが代謝の亢進や体重減少効果に、
結び付いている側面はあるようです。

ただ、これがどの程度全身的に影響するものであるかは、
あまり明らかではなく、
UCP1の活性化自体はこれまでにも、
トマトや青味魚など多くの食品でも報告があるので、
特にカフェインの特性というようには、
考えない方が良いようにも思います。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(6)  コメント(0) 

バセドウ病放射線ヨード治療の二次発癌リスク [医療のトピック]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は午前午後ともいつも通りの診療になります。

それでは今日の話題です。
今日はこちら。
放射性ヨードと癌リスク.jpg
2019年のJAMA Internal Medicine誌に掲載された、
甲状腺機能亢進症(バセドウ病)に対する放射性ヨード治療の、
その後に与える二次発癌リスクについての論文です。

バセドウ病の治療には、
抗甲状腺剤による薬物療法と、
甲状腺の極一部を残して切除する手術治療、
そして放射性ヨードを内服して、
甲状腺の細胞の大部分を死滅させるという、
放射性ヨード治療の3種類があります。

日本においては、
第一選択の治療は、
通常は薬物療法で、
副作用で治療継続が困難な場合や、
何らかの要因で薬物治療が困難な場合などに限って、
他の治療が選択されることが通常です。
ただ、アメリカにおいては、
放射性ヨード治療が、
短期で治療が終えられるなどの利点から、
第一選択の治療とされることが多い、
という国内外の違いがあります。

ただ、そのアメリカにおいても、
放射性ヨード治療後にバセドウ病の眼症が悪化する事例があることや、
その放射線被ばくによる二次発癌のリスクから、
抗甲状腺剤による治療が、
近年では見直される傾向にあるようです。

さて、
バセドウ病の放射線治療は、
放射能でラベルしたI 131という放射性ヨードを、
内服することによる治療です。

ヨードはその大部分は甲状腺に集積し、
甲状腺の細胞はほぼ死滅してしまうため、
他の臓器の被ばくの影響は少ない、
というのがその安全性についての理屈です。

しかし、実際には他の臓器への影響も少ないながらはあり、
それが将来的な別の臓器の発癌に、
結び付くという可能性は否定出来ません。

今回の研究では、
アメリカとイギリスにおいて、
甲状腺機能亢進症の治療の予後を長期観察した、
大規模な疫学データを活用して、
この問題の検証を行っています。
以前に一度解析結果が報告されていて、
そこではあまり明確な関連は証明されなかったのですが、
今回はその時より長期の、
24年に渡る観察期間をおいて、
再検証を行っているのです。

放射性ヨードで治療された甲状腺機能亢進症の患者さん、
トータル18805名をその後24年間観察しています。
放射性ヨードの線量はバセドウ病に対しては平均で375メガベクレル、
結節性甲状腺腫に対しては平均で653メガベクレルが使用されていて、
各臓器の吸収線量は、
大腸、骨盤内臓器、脳と中枢神経に対しては20から99ミリグレイ、
膵臓、胃、肝臓、腎臓、乳腺、肺、骨髄に対しては100から400ミリグレイ、
食道に対しては1.6グレイ、
そして甲状腺に対しては130グレイとなっています。

患者さんの年齢は平均49歳で78%は女性、
原因疾患は93.7%がバセドウ病です。
全ての固形癌に対して、
胃の吸収線量100ミリグレイ当たり、
6%の死亡リスクの増加が有意に認められました。
また、乳腺の吸収線量100ミリグレイ当たり、
12%の死亡リスク増加が有意に認められました。
乳癌を除外したそれ以外の固形癌の死亡リスク増加は、
胃の吸収線量100ミリグレイ当たり5%でした。

今回の検証において初めて、
治療の線量とその後の長期の癌による死亡リスクとの間に、
用量依存的な関連が確認されました。

この結果はかなり重いもので、
バセドウ病に対する放射性ヨード治療の適応についてh、
今後欧米においても、
再検証されることになりそうです。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。

nice!(8)  コメント(0)