So-net無料ブログ作成

入浴が睡眠に与える効果について(2019年メタ解析) [医療のトピック]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は午前午後ともいつも通りの診療になります。

それでは今日の話題です。
今日はこちら。
入浴の睡眠改善効果.jpg
2019年のSleep Medicine Reviewsに掲載された、
入浴やシャワーがその後の睡眠に与える影響についての論文です。

独立した臨床研究ではなく、
これまでのデータをまとめて解析した、
システマティックレビューとメタ解析による検討です。

寝る前にお風呂やシャワーを利用することが、
その後の眠りを改善するというのは、
ほぼ常識として捉えられている考え方です。

ただ、入浴が健康に良いという考え方は、
古代ギリシャのヒポクラテスの見解に既にあり、
16世紀のヨーロッパでは温泉が傷の治りを早くする、
というような考え方は見られますが、
寝る前の入浴がその後の睡眠に良い影響を与える、
という考え方自体は意外に新しく、
20世紀に入ってからのもののようです。

その後多くの臨床研究が発表され、
大部分は入浴が睡眠に与える影響を、
肯定的に捉えていますが、
個々の研究の条件はまちまちで、
個別の対象者数もそれほど多いものではないので、
現状入浴の睡眠への効果は、
確定的とは言えないのが実際です。

そこで今回の研究では、
これまで発表された報告のデータを、
まとめて解析する手法で、
この問題の現時点での評価を検証しています。

その結果、
湯温が40から42.5℃のお湯を利用した、
入浴やシャワー、足浴を、
睡眠の1から2時間前に10分以上行うことにより、
入眠までの時間が短縮し、
睡眠の質にも良い影響が見られることが確認されました。

暖かいお湯で適度に皮膚の表面を暖めることにより、
皮膚表面に近い部分の血流が増加し、
それに伴い深部の体温はむしろ低下します。
この深部体温の低下が睡眠を誘導するので、
スムースに睡眠に入りやすくなるというメカニズムが想定されています。

これ以上高い温度になると、
交感神経が緊張して深部体温も上昇するので、
睡眠には入りづらくなり、
これより低い温度では血流の移行や、
皮膚からの熱の発散がスムースに起こりません。

ただ、こうした知見はそれそれには、
少数の事例で検証されているだけなので、
入浴が睡眠に与える影響を科学的に実証するには、
より条件を一定にして例数を増やした検証が、
必須であると考えられました。

よく入浴による睡眠誘導の説明としては、
身体が一旦温められてそこから冷えるので、
その時に睡眠に入りやすいという説明がなされますが、
今回の論文に書かれていることはそうではなくて、
入浴は皮膚表面に血流を移動させることによって、
むしろ深部体温は低下させるので、
それが入眠の誘導に有効ということであるようです。

入浴にはその温度や時間や入浴法によっても、
様々な生理的変化の違いがあり、
睡眠への効果も決して一定のものではないようです。

ただ、一般の皆さんにとっては、
入浴により心地良く眠りに入れればそれで良いので、
こうした科学的検証は、
蘊蓄以上の意味はないものかも知れません。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(8)  コメント(0) 

アガリスクエンターテイメント「発表せよ!大本営!」 [演劇]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は日曜日でクリニックは休診です。

休みの日は趣味の話題です。
今日はこちら。
アガリスク 大本営.jpg
シチュエーションコメディを一貫して上演し続け、
熱烈なファンも多いアガリスクエンターテイメントの新作公演が、
今下北沢の駅前劇場で上演されています。

作・演出の冨坂友さんは、
学校での君が代斉唱問題も、
ナチスドイツのユダヤ人問題も、
平気でシチュエーションコメディにしてしまい、
何らそこに特定の思想性を持ちこまない、
という離れ業を涼しい顔で行う新時代の劇作家です。

今回は日本が惨敗して、
その後の太平洋戦争の行く末を決定付けた、
ミッドウエイ海戦の結果を、
強引に改ざんして報道した、
悪名高い「大本営発表」の史実を、
これまた大胆にシチュエーションコメディ化しています。

一体どんなことになるのかしらと、
ちょっと危惧する思いもあったのですが、
実際に鑑賞してみると、
いつも以上に互いに反発する、
異なった意見をもつキャラクター達が、
「大本営発表」という1つのゴール(?)を目指して、
悪戦苦闘する姿が活き活きと描かれ、
人間の愚かしさと愛らしさと切なさとが、
いつも以上に感じられる作品に仕上がっていました。

まあ、大本営発表がゴールでいいのか、
というのはちょっとあるのですね。
三谷幸喜さんの「笑の大学」でも、
その辺はちょっと逃げてるでしょ。
最後に「戦争は良くないよ」という、
ステレオタイプなことを言うことで、
無難にまとめている、というようなところがありますね。
あの作品も、制約があるだけ、苦労があるだけ、
それをかいくぐろうと人間は燃える、
というところが肝にある訳で、
その背景はどうでもいいというのが、
「喜劇」としての立場だと思います。
笑えないものは喜劇としては余計なのです。
ただ、なかなかそこは徹底するのは難しいところだと思います。
冨坂さんはその辺りの割り切りが凄くて、
最初に前説で「戦争で日本が負けた、ということだけ覚えておいて下さい」と言い、
作品のオープニングで後の反省をチラと見せるだけで、
後は批評性や思想性を持ち込むことなく、
「大本営発表」を喜劇にすることだけを目指して、
徹底してその世界を遊んでいます。

批判的な意見もあるでしょうが、
個人的にはシンプルに凄いと思いました。

数年前と比べると役者さんのレベルが上がっていて、
安心してその世界に身を委ねることが出来るようになっています。
セットも巧みな配置に出来ていてセンスがありますし、
後半テンポを上げてクライマックスの大本営発表本番に向け、
グイグイ盛り上がる辺りは小劇場演劇の快感がありました。
役者さんは皆さん良かったのですが、
特に今回主役と言って良い活躍の津和野諒さんが、
抜群の力量と存在感で舞台をまとめていました。

以前は大倉孝二さんのコピーみたいな感じもあった、
津和野諒さんですが、
今回の熱演に関しては、
間違いなく今の大倉孝二さんを超えていました。

そんな訳で非常に見応えのあった本作ですが、
正直なところを言えば、
かなり窮屈な設定であったことは確かで、
もっと自由度の高い設定であった方が、
冨坂さんの劇作とこの劇団の楽しさは、
もっと開放されるのではないか、
というようにも感じました。

次回も期待を込めて待ちたいと思います。

頑張って下さい!

それでは今日はこのくらいで。

皆さんも良い休日をお過ごし下さい。

石原がお送りしました。
nice!(6)  コメント(0) 

本谷有希子「静かに、ねえ、静かに」 [小説]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は土曜日で午前中は石田医師が、
午後2時以降は石原が外来を担当する予定です。

土曜日は趣味の話題です。
今日はこちら。
静かに、ねえ、静かに.jpg
本谷有希子さんが2018年に刊行した、
3つの短編からなる作品集を読みました。

これはつい先日この本の巻頭にある、
「本当の旅」という作品を元にした、
本谷さん自身の演出によるお芝居を、
鑑賞したので興味を持って読んでみたものです。

本谷さんは演劇の人という思いがありましたし、
食わず嫌いで小説は読んだことがなかったのですが、
この作品はとても面白くて一気に読んでしまいました。

以下少しネタバレしますので、
作品を読了後にお読み下さい。
面白いです。

これは3つの連作的な短編集なのですが、
いずれも比較的最近世間を賑わした、
「事件」を想定して、
そこに至るまでの当事者の心理を、
繊細かつやや扇情的に綴ったものです。

海外であまりに無防備な旅をした若者が、
被害に遭ってしまうお話と、
酔っ払って車の下で寝ていた家族を、
ひき殺してしまう話、
そしてファミレスで不潔な行為をわざわざして、
それを動画で拡散してしまうという話。

そのいずれもが、
テレビやネット、週刊誌で記事を見れば、
「なんでまあ、そんな馬鹿なことを」とか、
「ちょっと考えれば駄目だと分かりそうなものなのに」
と条件反射的に思ってしまうような、
DQNネタ的なものです。

それを心理的に丹念に分析し解きほぐして、
ひょっとしたら自分の人生にも、
こうした落とし穴が掘られているのかも知れない、
と思わせてしまうのが本谷さんの技巧の鮮やかさです。

特に「本当の旅」の、
他人の善意を信じる、という執着、
そして「でぶのハッピーバースデー」の、
自分は幸福になってはいけない、という執着は、
読了後に生々しく後を引きます。

こうして読むと傑作と言って良い「本当の旅」なのですが、
この間観た舞台版は、
何か無理に若者の気持ちを理解しようとして、
それを老人に対して、
「ほら、今の若者というのはこうした奴らですよ、馬鹿でしょ」
と媚びているようで、
ちょっと鼻持ちならない感じがしたのです。

小説は決してそんな感じはしないのに、
生の役者が演じる舞台というのは不思議だなあと、
見比べてそんなことを思いました。

こうしたところが、
芝居と小説の本質的な違いなのかも知れません。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(8)  コメント(0) 

紫外線はどう浴びるのが健康に良いのか? [医療のトピック]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は金曜日でクリニックは休診ですが、
老人ホームの診療などには廻る予定です。

それでは今日の話題です。
今日はこちら。
ビタミンDと紫外線リスク.jpg
2016年のInternational Journal of Dermatology誌に掲載された、
日焼けによる皮膚の害と、
その健康に良い作用であるビタミンD産生との、
バランスについて検証した論文です。

これは皆さんが素朴に疑問を感じることを、
科学的に検証したとても興味深い研究です。

今は真夏で紫外線が非常に強い時期です。

こうした時期にはなるべく紫外線を浴びない方が健康に良い、
というように言われます。
紫外線は皮膚癌の原因となり、
皮膚の免疫力を低下させ、
しみやそばかすの原因にもなります。

こうした観点から言えば、
紫外線など一切浴びない方が良く、
完全にUVカットをした方が良い、
ということになります。

その一方で骨粗鬆症の予防のためには、
なるべくお日様を浴びましょう、
というような健康指導もしばしば行われます。

これはどういう意味かと言うと、
骨の健康を維持するために必須のビタミンであるビタミンDは、
皮膚で紫外線を浴びることにより産生される、
という仕組みがあるからです。

従って、なるべくお日様を浴びた方が、
骨の健康のためには良いということになる訳です。

要するに、
お日様の紫外線は皮膚の健康には害になるけれど、
骨の健康のためには必要なのです。

じゃあ、一体どうすればいいのよ!

と誰でも疑問に思うところです。

この間とある健康番組を見ていたら、
肌の健康のためにはなるべく日焼けしないのがいい、
という話を専門家と称する方がしていて、
ゲストのタレントが、
「でも紫外線は骨のためにはいいんでしょ」
と当然の疑問をぶつけると、
「でも、皮膚のためには日焼けしない方がいいんです」
とあまり答えになっていない受け答えをしていました。

これは実際どう考えるべきなのでしょうか?

紫外線にはその波長によってA波、B波、C波、
という3種類があります。
このうち主に地上に降り注いでいるのは、
波長の長いA波と短いB波の2種類です。
B波の波長が280から315nm、
A波の波長は315から400nmとされています。

このうちA波は真皮にまで達してその深い部分の細胞に障害を与え、
それが皮膚癌のうち主に扁平上皮癌や基底上皮癌の原因となります。

一方でB波はより皮膚の表層に影響を与え、
強い刺激は所謂「日焼け」という火傷の原因となります。
過剰なB波はメラノーマという皮膚癌の原因となります。
そして、ビタミンDの産生は主にこのB波の働きによっています。

このB波は昼間の日差しが強い時には、
ほぼA波と同じくらい吸収されるのですが、
朝や夕のような紫外線の少ない時期には、
比率的にはかなり少なくなっている、
という特徴があります。

ここで主に文献的検証を行ったところ、
皮膚の癌化に結び付くダメージを最小限にして、
ビタミンDの産生を最も活発に行うためには、
正午くらいの日差しが強い時間に、
日焼けをしない程度にお日様を浴び、
それ以外の時間は極力UVカットするというのが、
最もバランス的に健康に良い紫外線の浴び方である、
という結論を上記文献では導き出しています。

面白いですよね。

普通に考えると昼間を避けて、
日差しの弱い時間に活動した方が、
紫外線の害は防げるように思うでしょ。

それが違うのです。
短時間でなるべくB波を主体に浴びて、
A波を浴びないことが最も良いので、
こうした理屈になるのです。
B波を浴びすぎると日焼けになるので、
皮が剥けるような日焼けは避けつつ、
昼間に日差しを浴びるのが正解なのです。

科学は時に常識を裏切るような結果を出すのが、
面白いところですね。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(5)  コメント(0) 

どの血圧測定が最も有用なのか? [医療のトピック]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は午前午後ともいつも通りの診療になります。

それでは今日の話題です。
今日はこちら。
血圧測定と生命予後.png
2019年のJAMA誌に掲載された、
血圧の測定法と生命予後や心血管疾患予後との関連を検証した、
国際共同研究の結果をまとめた論文です。

日本からは岩手県の大迫研究という、
住民データが活用されています。

血圧が高いことが、
動脈硬化を進行させ、
心筋梗塞や脳卒中などのリスクを高め、
不整脈や心機能、腎機能にも影響を与えることで、
その患者さんの生命予後にも大きな影響を与えることは、
これまでの多くの疫学データや実験的なデータから、
間違いなく実証された事実です。

ただ、血圧というのは他の血糖値などの検査値とは違って、
その測定法にはかなり大雑把な部分があり、
1日のうちでの変動も大きいので、
どの数値を指標にすれば良いのか、
という点についてはまだ定まった見解がありません。

通常クリニックでは手動の血圧計による測定を、
診察室で行っていますが、
大きな病院では診察前に、
自分で自動血圧計で測定し、
その結果を印字した紙を持って、
診察をする、というパターンが多くなっています。
自動血圧計による測定は、
不正確になることも多く、
特に下の血圧(拡張期血圧)はあまり当てになりませんが、
その一方で診察室で測定する血圧は、
患者さんが緊張することで高くなりやすい、
という欠点もあります。

最近では血圧の1日のうちでの変動を重要視する、
という考え方があり、
自動血圧計を患者さんに購入して頂いて、
それで毎日複数回測定した血圧を、
家庭血圧として診察室の血圧より、
重視するという診療も行われています。

また、1日を通して、決められた間隔で血圧を自動的に測定する、
ホルター血圧計による自由行動下血圧測定も、
昼夜の変動が大きいとそれだけ心血管疾患のリスクが増加したり、
早朝の血圧が急上昇する早朝高血圧のリスクなどの知見により、
注目されています。

ただ、現行のホルター血圧計というのは、
定期的に腕が締め上げられるという、
かなり患者さんにストレスの掛かる器具で、
これを全ての高血圧の患者さんに推奨するというのは、
それ自体かなり無理のある考え方です。

腕時計のようなウェアラブル端末で、
ストレスなく血圧を自動測定するような器具やアプリも、
確かに開発はされ販売もされていますが、
その精度については現行はまだ問題があり、
医療用としてお薦めはし難いのが実際です。

ここで1つ重要なことは、
高血圧の危険性とそれを治療で下げることの有用性の、
裏付けとなっているデータの多くは、
外来での診察室血圧をその指標にして取られている、
ということです。

最近の1つの流行としては、
決められた一定の方法により、
外来受診時に患者さんが自動血圧計で測定したデータを、
活用するという臨床試験も多く行われています。

従って、基本的には診察室で測定した血圧で、
高血圧を評価することの有用性は、
揺らがないものではあるのですが、
実際には非常に1日のうちでの変動が大きく、
診察室では正常血圧という人がいたり、
緊張のために診察室では高血圧になってしまうけれど、
家ではいつも正常血圧、という人もいるので、
何らかの形でそうした患者さんのリスクの評価を、
従来とは別個の方法でする必要があるのです。

それではどのような方法で血圧を測定することが、
そのリスクを最も的確に判断する方法なのでしょうか?

この問題を検証する目的で今回の世界規模の臨床研究では、
世界13地域の一般住民1135名を対象として、
通常の診察室血圧に加えて、
24時間の血圧測定を複数回施行し、
24時間の平均血圧や夜間血圧、血圧変動などの指標と、
中間値で13.8年という長期の経過観察により記録された、
生命予後および心血管疾患の発症リスクとの関連を、
比較検証しています。

その結果、
総死亡リスクおよび心血管疾患発症リスクとの関連が、
最も高かった血圧指標は、
24時間測定した血圧値とそのうちの夜間のみの血圧値で、
この数値が高いほど総死亡のリスクも心血管疾患の発症リスクも、
いずれも最も増加していました。
この場合の血圧値は、基本的には収縮期血圧が採用されています。
昼間と夜間の区分は国や地域によっても少し異なっています。

勿論診察室血圧を採用しても、
そうした相関自体はある訳ですが、
統計上はその代わりに夜間血圧や24時間血圧を用いた方が、
よりそのリスクを明確化し易い、
という結論になっています。

ただ、これをそのまま適応して、
全て人が24時間血圧や夜間の血圧測定を行うべきなのか、
ということになると、
現状はかなり疑問に感じます。

その手間が本当に意味のあるものであるのか、
ということの担保は、
まだ充分ではないという気がしますし、
仮に夜間血圧が昼間以上に重要であるとして、
それを治療のターゲットにすることが、
患者さんの予後により良い結果をもたらすとは、
まだ誰も言えないからです。

今後ウェアラブル端末による血圧値推定の精度が、
より高いものになれば、
そのデータを解析することで、
新たな健康指標が得られる可能性があると思いますが、
それは従来の血圧というものとは、
また別の指標となるような気がします。

血圧というのは人間の健康管理において、
公衆衛生的にも大きな意義のある指標であったことは、
間違いのない事実ですが、
その測定の曖昧さと測定値の不確かさとは、
科学の進歩した現在の医学の水準とは、
あまりマッチしていないもので、
私達が数値としての「血圧」を捨てる日は、
そう遠くはない、という気がします。

24時間血圧の変動率がどうたら、
収縮期と拡張期の数値の差がどうたらなどと、
物事を不必要に複雑化している専門家の方は、
血圧というものに拘り過ぎなのではないでしょうか?

すいません。

後半は大分個人的な意見が入りました。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(6)  コメント(1)