So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

食べ物の種類と脳内報酬系との関連について [医療のトピック]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は水曜日なので診療は午前中で終わり、
午後は産業医の面談などに廻る予定です。

それでは今日の話題です。
今日はこちら。
糖と脂質の脳への影響.jpg
2018年のCell Metabolism誌に掲載された、
食事の種類と脳内報酬系と言われる脳の機能との関連を検証した、
なかなか興味深い論文です。

肥満というのは現代の深刻な健康問題ですが、
スナック菓子や菓子パン、ケーキなどの、
見ると思わず食べたくなるような食品が販売され、
それを食べ過ぎてしまうことが、
その1つの大きな要因として考えられます。

そもそも動物というのは、
自分にとってその食べ物が、
どのくらいのカロリーを有しているのかを、
なかば本能的に理解をしていて、
食品の量ではなくカロリーで、
どのくらい食べれば良いのかを、
脳が判断していると考えられています。

人間を含む哺乳類において、
その仕組みは脳の中脳辺縁系という部分で、
コントロールをされていると理解されています。

ただ、この中脳辺縁系は脳内報酬系などと呼ばれているように、
ドーパミン系の神経を興奮させて、
その部位がある行動で刺激されると、
それをある種の快感と判断して、
その行動が繰り返されるという側面を持っています。

生存のために最適な食品を食べた時に、
それが中脳辺縁系を刺激して、
その食行動が習慣化されれば、
それはその生物の生存において意義のあることですが、
今の人間の環境のように、
周りに食べ物があふれていて、
不健康でカロリーも過多な食品が、
見た目をインスタ映え良く粉飾して、
味も甘く香りもそそるように魅力的な工夫が凝らされていると、
それに騙されてしまうという可能性も、
脳内報酬系の性質としては否定は出来ません。

今回の研究は健康なボランティアを対象として、
糖質(炭水化物)主体の食品と、
脂質主体の食品、
そして脂質と糖質とを両方多く含む食品の3種類に分け、
同じカロリーのポーションとして被験者に見せ、
どれを好むかという傾向と、
その時に脳に起こる変化を、
機能性MRIを使用して比較検証したものです。

これはカロリーは同一なので、
生物の本能としては、
3種類で同等の反応が出ることが正常なのです。

具体的には糖質主体の食品はキャンデーやパスタやパン、
脂質主体の食品はチーズやサラミ、
糖質と脂質を含む食品はケーキやビスケットなどが映像になっています。

その結果、
脂質や糖質主体の食品よりも、
多くの人が脂質と糖質を両方含む食品をより好み、
機能性MRIにおいて、
脳内報酬系が活発に反応していることが確認されました。

このように、
脂質と糖質を含む人工的な食品を、
人間はより脳で好むという性質があるので、
それが元々の適正なカロリー摂取の仕組みを狂わせて、
肥満などの原因の1つになっているのではないか、
というのが上記論文の筆者らの考えであるようです。

これは画像のイメージにも偏りがありますし、
食品の画像の好みの問題であって、
実際の食行動に結び付くかどうかは、
推測に過ぎないという気がしますが、
食品メーカーなどの過剰な宣伝によって、
人間の本来の食行動がゆがめられ、
その本質が脳内報酬系にあるのでは、
という推論は大変興味深く、
今後より踏み込んだ知見を期待したいと思います。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(5)  コメント(0) 

コーヒーの生命予後改善効果とカフェイン代謝(UKバイオバンクの解析) [医療のトピック]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は午前午後ともいつも通りの診療になります。

それでは今日の話題です。
今日はこちら。
コーヒーとカフェイン代謝と健康.jpg
2018年のJAMA Internal Medicine誌に掲載された、
コーヒーの生命予後への効果と、
カフェイン代謝に関わる遺伝子変異との関連を検証した論文です。

コーヒーを飲む習慣が、
総死亡のリスクを減少させ、
心血管疾患や一部の癌のリスクも減少させることは、
世界各地で行われた大規模な疫学データから、
ほぼ実証された事実です。

その結果を受け、
2015年のアメリカの健康的な食事習慣のガイドラインでは、
1杯8オンス(ほぼ240ミリリットル)のカップで、
1日5杯までのコーヒーを飲む習慣を、
健康的な食習慣として推奨しています。

ただ、1日5杯を超えるコーヒーにおいても、
健康上の害はないのか、と言う点については、
まだ明確な結論は出ていません。

コーヒーはカフェインを多く含む飲み物で、
カフェインには常用性があり、
また交感神経を刺激して心臓にも負荷を掛けるので、
大量のカフェインが有害であることもまた事実です。

従って、コーヒーが健康に良いとは言っても、
飲み過ぎれば害になることは間違いがなさそうです。

ここで1つ問題なのは、
カフェインを身体で代謝する酵素には遺伝子のタイプがあって、
そのタイプによっては代謝が極端に悪く、
そうでない人と比べて、
血液のカフェイン濃度が高くなる可能性が想定されるということです。

実際にカフェインの代謝酵素の活性が低い人に限って、
カフェインの摂取量が多いと心筋梗塞のリスクの増加に繋がった、
というような報告も過去には発表されています。

その遺伝子のタイプによる影響というのは、
どの程度のものなのでしょうか?

そうした点を検証する目的で、今回の研究では、
UKバイオバンクという、
世界的に有名な医療情報のデータベースを活用して、
50万人近い対象者の、
コーヒーの摂取量と健康状態、
そしてカフェインの代謝酵素のタイプとの関連を検証しています。

10年を超える観察期間における総死亡のリスクは、
コーヒーを全く飲まない群と比較した時に、
1日1杯で8%(95%CI: 0.87から0.97)、
2から3杯で12%(95%CI: 0.84から0.93)、
4から5杯で12%(95%CI: 0.83から0.93)、
6から7杯で16%(95%CI: 0.77から0.92)、
8杯以上で14%(95%CI: 0.77から0.95)と、
それぞれ有意に低下していました。

同様の傾向はインスタントコーヒーでも、
カフェインレスのコーヒーでも認められ、
カフェインの代謝酵素に関わる遺伝子の多型は、
その死亡リスクの低下に影響を与えていませんでした。

このように、
今回の結果では1日8杯以上というコーヒーにおいても、
総死亡のリスクの低下は有意に認められていて、
どうやらカフェインとその健康効果との間には、
あまり関連はなさそうだ、という結果になっています。

ただ、これは相反するようなデータ
(カフェインの代謝物濃度と健康影響が相関した)
もこれまでに報告されていて、
カフェインの代謝産物の影響なども複雑に絡み合っているので、
今回のデータのみをもって、
コーヒーの効果はカフェインと無関係とは言い切れないのですが、
大規模データでこうした結果の出た意義は大きく、
コーヒーの健康影響への議論は、
まだまだ加熱することになりそうです。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(8)  コメント(0) 

HPVワクチンによる皮膚扁平上皮癌治癒効果 [医療のトピック]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は午前午後ともいつも通りの診療になります。

それでは今日の話題です。
今日はこちら。
HPVワクチンの皮膚癌への有効性.jpg
2018年のJAMA Dermatology誌に掲載された、
HPV(ヒトパピローマウイルス)ワクチンを、
高齢者の皮膚の扁平上皮癌に使用して、
著効と言って良い効果があったという、
興味深い1例報告です。

ヒトパピローマウイルスが、
子宮頸癌以外にも、
多くの癌の発生に関わっていることは、
広く知られていますが、
皮膚の扁平上皮癌も、
その1つです。

通常こうした知見はあくまで研究レベルのもので、
癌の治療にそのまま使えるようなものではありませんが、
今回の症例報告は手術適応のない、
90代の女性に発症した多発性の皮膚扁平上皮癌が、
ガーダシル9という国外では使用されている9価のHPVワクチンによって、
ほぼ完治と言って良い治療効果が認められたという、
かなり驚くべき事例です。

当該の患者さんに対して、
6週間の間隔を置いてガーダシル9を、
通常の接種量で2回の筋肉注射による接種を行います。
更に同じワクチン液0.5ミリリットルを、
生理食塩水2.5ミリリットルで希釈し、
皮膚にリドカインとエピネフリンによる局所麻酔をした上で、
直接皮膚の癌組織に注入します。
8ヶ月の間に都合4回の腫瘍内注入を繰り返したところ、
8ヶ月後には全ての肉眼的腫瘍が縮小し、
11ヶ月後には肉眼的には瘢痕を残すのみで、
組織学的検証でも、
軽度の細胞の異形成を示すのみで、
癌細胞は完全に消失していました。
そして、治療開始後24ヶ月の時点で、
再発の兆候は認められていません。

ちょっと信じられないほどの劇的な治療効果です。

治療前後の画像が論文には掲載されていますが、
ちょっとどぎつい刺激の強い感じのものなので、
あえて引用はしません。
無料で読める論文ですので、
ご興味のある方は本文をご一読下さい。

これはまだ1例報告なので、
仮に事実としても、
どのような症例に効果があるのか、
特定の事例のみの効果なのか、
など詳細はまだ不明ですが、
通常感染予防として使用されているワクチンに、
このような出来上がった癌の治療効果がある、
という報告は大変興味深く、
今後の検証に期待をしたいと思います。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。

nice!(8)  コメント(0) 

「ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー」 [映画]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は日曜日でクリニックは休診です。

休みの日は趣味の話題です。
今日はこちら。
ハン・ソロ.jpg
ハン・ソロの若き頃の冒険を描いた、
スターウォーズの外伝が今公開中です。

これは西部劇になっているのですが、
裏切り裏切られの悪党同士の化かし合いで、
マカロニ・ウエスタン的な世界観があり、
ちょっと「マッド・マックス 怒りのデスロード」的な部分もあります。

ただ、これはどうだったのでしょうか?

そもそもそうした世界観が、
スターウォーズのスペース・オペラ的、脳天気な世界観と、
フィットしていたのかどうか、
というのがはなはだ疑問です。

ディスニーになってからのスター・ウォーズは、
時代の変化やマーケティングもあるのでしょうが、
本来のスターウォーズとは違うスタイルに傾斜していて、
それが成功しているとは言えない、
という点が問題だと思います。

今回の作品はマカロニウェスタンやマッドマックスに、
明らかに影響を受けているのですが、
それでいて子供でも制限なく見られないといけないので、
そこにそもそも無理がありました。
もっと能天気で牧歌的な世界観で、
良かったのではないでしょうか。

個人的には、
前半の列車強盗はなかなか面白かったのですが、
それ以外は受け付けませんでした。

それでは今日はこのくらいで。
皆さんも良い休日をお過ごし下さい。

石原がお送りしました。
nice!(5)  コメント(0) 

ジョンソン&ジャクソン「ニューレッスン」 [演劇]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は土曜日で午前午後とも石田医師が外来を担当します。
受診予定の方はご注意下さい。

今日は土曜日なので趣味の話題です。
今日はこちら。
ジョンソン&ジャクソン.jpg
ナイロン100℃の大倉孝二さんと、
ブルー&スカイさんがタッグを組み、
「馬鹿馬鹿しい芝居」を追求するというユニット、
ジョンソン&ジャクソンの新作公演に足を運びました。

今回は大倉孝二、ブルー&スカイに加えて、
比較的常連の池谷のぶえさんと、
いとうせいこうさん、小園茉奈さんが参加しています。

このシリーズは何本か観ているのですが、
部分的には面白いギャグや場面があるものの、
トータルには単調で退屈な場面も多いという印象でした。
場面場面に馬鹿馬鹿しさやシュールさはあるのですが、
意外に起承転結のある物語的展開があって、
それが予定調和的になってしまうので、
部分部分のシュールさが、
却って展開をスローにしてしまう感じがあるのです。

今回の作品はブルー&スカイさんのカラーが、
かなりくっきり出た感じの作品になっていて、
昔の演劇弁当猫ニャーのような雰囲気です。
得体の知れない金持ちの道楽に、
インテリや貧乏人が巻き込まれるという、
お馴染みのパターンなのですが、
「書き割りの熊の腸を掃除する」というのが素敵で、
それが1本物語に芯を通した、
という感じがします。

途中は矢張り少し退屈で、
ウトウトしたりもしましたが、
なかなか素敵な「馬鹿馬鹿しい芝居」に、
なっていたと思います。
時事ネタなど何もないのが良いですね。

役者ではちょっとほっそりされたのは残念な池谷のぶえさんが、
いつもの愛らしくて抱きしめたくなるような「おじさん」を含めて、
八面六臂の活躍で楽しめました。
彼女は猫ニャーの看板でしたが、
ブルー&スカイさんの演出で、
最も真価が発揮されるタイプの女優さんだと、
改めて思いました。
昔を思い出していたのかも知れませんね。

そんな訳で抜群とは言えませんが、
まずまず楽しめた作品でした。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(6)  コメント(0)