So-net無料ブログ作成

トム・ストッパード「良い子はみんなご褒美がもらえる」 [演劇]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は祝日でクリニックは休診です。

休みの日は趣味の話題です。
今日はこちら。
良い子はみんなご褒美.jpg
イギリス演劇界の巨匠トム・ストッパードが、
1970年代に執筆し、
アンドレ・プレヴィンが作曲した、
オーケストラと役者の芝居が競演するという異色作が、
今イギリスの演出家の演出で本邦初演されています。

これはソ連を舞台に、
精神病院に幽閉された政治犯の男と、
同じく入院していて、
自分がオーケストラを指揮していると信じている男が、
途中で入れ替わることによって自由の身になる、
という皮肉で奇妙な作品です。

1時間15分ほどの短い芝居ですが、
舞台奥には本物のオーケストラが陣取っていて、
音楽を演奏しながらその前で芝居が行われる、
という面白い趣向です。

ある男の妄想の中にしか登場しないオーケストラを、
舞台上に実際に登場させ、
それが常にお話の中央に存在している、
という訳で、
明らかに新時代のオペラを目指しているのです。

ただ、発想は面白くても、
実際に上演するのはかなりハードルの高い作品です。

基本的には登場人物の少ない地味な作品なので、
小劇場で上演するのが妥当な感じがするのに、
その一方でオーケストラを舞台に上げないといけないので、
大きな舞台が必要となります。
作品の背景となっているのは1970年代のソ連ですから、
それを今の日本の観客に見せて、
作者の意図を感じさせようというのも、
かなり無理のある試みです。

今回の上演は海外の演出家の手によるもので、
かなり真面目に作品世界を表現しようとしたものですが、
良質な上演ではあったものの、
結果として娯楽性のある芝居にはなっていませんでした。

アンサンブルのダンスが矢鱈とフィーチャーされていて、
如何にも欧米の演出家という感じですが、
個人的には説明過剰で退屈に感じました。
ラストに2人の主人公が入れ替わって釈放されるのは、
一種のギャグだと思うのですが、
その面白さは活かされていたとは思えません。

これは本当はケラさん辺りが演出した方が、
日本の観客の心には響く作品となってように感じました。

演技陣で特筆するべきは、
オーケストラの妄想を生きる青年を演じた橋本良亮さんで、
やや滑舌に難がありましたが、
この難しい役柄を、
説得力と熱量を持って演じていたと思います。

そんな訳で良質な舞台ではありましたが、
面白い芝居とは言い難く、
多分もう再演されることもないように思います。

それでは今日はこのくらいで。

皆さんも良い休日をお過ごし下さい。

石原がお送りしました。
nice!(6)  コメント(0) 

蓬莱竜太「母と惑星について、および自転する女たちの記録」 [演劇]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

本日から6日の月曜日までは、
クリニックは休診を頂きます。
ご迷惑をお掛けしますがよろしくお願いします。

休みの日は趣味の話題です。
今日はこちら。
母と惑星.jpg
2016年に初演されて高い評価を得た、
蓬莱竜太さんの女性のみの4人芝居が、
キャストを一部入れ替えて再演されました。

演出は初演と同じ栗山民也さんです。

奔放な母親の3人の個性的な娘が、
母親の死後にその骨を散骨するために、
中東を旅するという物語で、
独白の多いかなり文学に傾斜した芝居です。

栗山さんの演出は例によって地味で、
色彩感に乏しく僕は苦手なのですが、
今回に関しては女優さんの語りを前面に押し出す、
という意味では成功していたと思います。

こうした芝居は4人のキャストの演技が、
どれだけ個性的で膨らみを持っているかが勝負、
という気がします。

今回の座組は鈴木杏さん、田畑智子さん、
芳根京子さんにベテランのキムラ緑子さんというカルテットで、
愛らしく可憐な芳根さんは華がありますし、
鈴木杏さんはもうベテランの風格で汚れ役もこなせる幅の広さがあります。
田畑さんの陰のある屈折した感じもアクセントになって、
なかなか個性的な演技のお競演で見応えがありました。
女そのもののような母親役には、
キムラさんはちょっとイメージが違うかな、
というようには感じました。

作劇は海外戯曲のようで、
なかなか面白かったのですが、
せっかく異国を舞台にした割には、
だまされて高価なペルシャ絨毯を買わされるなど、
エピソードは如何にもありきたりの物が多く、
ちょっと物足りなさも感じました。

ただ、語りと演技に主眼を置いたこうした芝居は、
なかなか意欲的で面白く、
これからもキャストを変えながら、
上演される価値のある芝居だと思いました。

それでは今日はこのくらいで。

皆さんも良い休日をお過ごし下さい。

石原がお送りしました。
nice!(7)  コメント(0) 

蓬莱竜太「まほろば」(2019年日澤雄介演出版) [演劇]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は祝日でクリニックは休診です。

休みの日は趣味の話題です。
今日はこちら。
まほろば.jpg
蓬莱竜太さんの岸田戯曲賞受賞作が、
劇団チョコレートケーキの日澤雄介さんの演出で、
装いも新たに再演されました。

僕はこの作品は初演は観ていないので、
生で観るのは今回が初めてです。

九州の田舎町を舞台に、
祭りの日に普段は離れて暮らす女性達が実家に集まり、
祭りで男達が外に出ている間に、
女達だけで色々な遣り取りをしています。
そこでお互いに秘めていた思いが明らかになり、
祭り囃子と共に女同士の連帯が生まれることになるのです。

女性キャストのみで、
舞台も旧家の座敷に固定された、
叙情豊かな家族劇で、
まとまりの良い悪くないお芝居でした。

こういう芝居はでも、
井上ひさしさんのお芝居の、
ややパターン化した再生産という趣があって、
保守的で目新しさはありません。

時代が感じられるようなディテールはあまりなく、
反面普遍的なキャラクターの形成に、
成功しているという感じもあまりありませんでした。

ラストは役者さん達が正面を向いて、
祭りの神輿が通るのを見送るのですが、
実際に神輿が登場する訳ではなく、
音効と役者の視線でそうと感じさせるだけです。
こういうありがちな演出が、
僕は正直あまり好きではありません。

ありきたりで下らなくないですか?

それと生理が止まったので、
早期の閉経と思った女性が、
実は妊娠していた、という話があるのですが、
これはちょっとありそうにない話だと思います。
閉経は女性ホルモンが低下することで起こり、
妊娠は増加することで起こるので、
実感として全く違う現象であるからです。

そんな訳で良質なお芝居とは感じましたが、
個人的にはあまり乗れませんでした。

それでは今日はこのくらいで。

皆さんも良い休日をお過ごし下さい。

石原がお送りしました。

nice!(5)  コメント(0) 

根本宗子「クラッシャー女中」 [演劇]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は日曜日でクリニックは休診です。

休みの日は趣味の話題です。
今日はこちら。
クラッシャー女中.jpg
根本宗子さんが作・演出を務めるプロデュース公演で、
今をときめく中村倫也さんなど豪華なキャストが集結した、
先日終了した話題の公演に足を運びました。

中村倫也さんは大好きで、
根本宗子さんの描くナルシストで屈折した男役には、
ベストフィットするという感じがありますし、
相手役は麻生久美子さんと趣里さんですから、
これはもう期待しない方が無理という公演です。

そんな訳でワクワクドキドキしながら劇場に足を運びました。

ところが…

巻頭、根本さんと趣里さんと田村健太郎さんが、
アドリブめいたやり取りをダラダラ続け、
始まったと思うと、今度は子ども時代の話になって、
みんなで小学生を演じるという、
コントともおふざけとも言えない場面が続くので、
おもちゃ箱のようなセットや衣装のビジュアルとも相まって、
どうも元気の出る感じになりません。

内容は確かにいつも通りなのです。
子どもの時のトラウマで屈折した主人公が、
感情をぶつけ合う格闘の中で、
そこから解放されるという物語です。

ただ、藝術家の資産家のお屋敷という設定自体が、
リアルな愛憎の物語の舞台としては、
あまり非現実的で、
かと言ってアニメのように、
普通にメイドや女中がいるお屋敷という非現実を、
そのまま楽しもうという感じにもなっていません。
演出自体も楽屋落ち的なものがあるかと思うと、
中途半端なミュージカルシーンがあったりと、
行き当たりばったりで一貫性がありません。

何よりも、
今最もブレイクしている男優さんと言って良い中村倫也さんと、
最も油が乗っている女優さんの1人と言って良い麻生久美子さんの持ち味が、
そのヘンテコリンな衣装を含めて、
まるで出ていないという残念さには、
これはもう大きな落胆を感じざるを得ませんでした。

期待が大きかっただけに、
最近では最も失望し裏切られ暗い気分になった舞台でした。

何て勿体ないことを!!

それでは今日はこのくらいで。

皆さんも良い休日をお過ごし下さい。

石原がお送りしました。
nice!(5)  コメント(0) 

歌舞伎座三月大歌舞伎(2019年夜の部) [演劇]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は土曜日で、
午前午後とも石原が外来を担当する予定です。

土曜日は趣味の話題です。
今日はこちら。
3 月大歌舞伎2019.jpg
今年初めて歌舞伎座の大歌舞伎に足を運びました。

夜の部で眼目は仁左衛門の「盛綱陣屋」です。

平成8年から10年に掛けてくらいの間が、
僕が一番歌舞伎にのめりこんでいた時期で、
ほぼ毎月一度ずつは歌舞伎座に通い、
現行上演されている全ての演目を制覇することを目標にしていました、

ただ、巡り合わせで観ることの出来なかった名作もあり、
その筆頭がこの「盛綱陣屋」と「新薄雪物語」です。

首実検というと、
「寺子屋」と「鮨屋」、「熊谷陣屋」は、
それぞれ何度か観ているのですが、
この「盛綱陣屋」は前3つの演目をお手本として、
それを更にひねって構成されているもので、
名戯作者でトリッキーで技巧的な構成を得意とする、
近松半二の代表作の1つです。

元々長編の浄瑠璃「近江源氏先陣館」の八段目ですが、
歌舞伎で上演されるのはほぼこの幕のみで、
記録を見る限り、戦後通し上演的な試みも、
これまで行われたことはないようです。

通常の首実検というのは、
主君の若君を守るために、
忠臣の子どもが犠牲になり、
それを知りながら敵側に心ならずも組みしているかつての忠臣が、
本物の首であると嘘を言う、
というパターンですが、
この「盛綱陣屋」は父親の計略のために、
父の偽首でありながら捕まっている息子が、
自分が腹を切って父親であることを証明しようとし、
それを目撃した今は敵方に組みしている兄の検分役が、
本物の兄の首だと嘘を言う、
という込み入った構造になっています。

父親が逃げ延びるために、
子どもの方が命を差し出すという話で、
今では絶対お話としても許されないようなプロットですが、
首実検の途中で急に子どもが腹を切るという場面があり、
それを見て兄が弟の偽首と知りながら、
その計略を悟り、
甥を無駄死ににさせまいと嘘を言うという心理を、
無言劇として数分掛けてじっくり演じるというのが、
他の歌舞伎劇にはあまりない特殊な見せ場になっています。

当代を代表する盛綱役と言えば、
東の吉右衛門と西の仁左衛門で、
今回仁左衛門丈の見事な盛綱の芝居を、
じっくり観られたことはしあわせでした。

盛綱の母親である微妙は、
三婆の1つと言われる難役ですが、
録画で歌右衛門の名演技などを観ているので、
今回の秀太郎丈の微妙は、
今ひとつの感が拭えませんでした。

女形の老け役は、
今はまともに出来る役者さんが殆どいませんよね。
残念なことだと思います。

それでもひさしぶりに重厚な時代物の雰囲気を、
堪能することが出来ました。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(7)  コメント(1) 

六本木歌舞伎「羅生門」 [演劇]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は日曜日でクリニックは休診です。

休みの日は趣味の話題です。
今日はこちら。
羅生門.jpg
六本木のEXシアターで2年毎に上演されている、
海老蔵さんが主演し、三池崇史さんが演出する六本木歌舞伎が、
今回はV6の三宅健さんをゲストに迎えて、
先日まで東京で上演されました。

今回の新作は芥川龍之介の「羅生門」が原作とのことですが、
そこに「杜子春」や「蜘蛛の糸」を絡め、
更には「茨木」や忠臣蔵の七段目などの設定を入れ込んで、
休憩を含み2時間程度の作品に仕上げています。

前2作は台本作家にもビックネームを招聘していたのですが、
今回は特にクレジットはなく、
海老蔵さんを中心に松竹の文芸部のスタッフなどと、
相談して作品にしたのかな、と思いました。

海老蔵さんは勿論当代一の歌舞伎役者らしい歌舞伎役者で、
元禄歌舞伎の時代を彷彿させるような、
瑞々しい荒事の演技にその特質があると思います。

ただ、多くの演出家や作家と、
コラボをしつつ新作をクリエイトしているものの、
海老蔵さんが描く新しい歌舞伎作品の誕生には、
正直至っていないのが現状のようにも思います。

その中ではこの六本木歌舞伎のシリーズの1作目は、
宇宙人に対して歌舞伎の荒事のヒーローが、
徹頭徹尾歌舞伎で戦うという発想がなかなかで、
素の海老蔵本人が本人として登場して、
舞台上で歌舞伎役者に変貌する、という趣向も含めて、
面白い試みだと思いました。

2作目の「座頭市」は、
濃厚な濡れ場が特徴の世話物ですが、
ラストは唐突に荒事になるという珍妙な作品で、
意欲作ではあってもトータルには感心はしませんでした。

そして今回の3作目は、
三宅健さんが「羅生門」の下人を演じ、
悪事をなして斬り殺されると、
そこに私服の海老蔵さんが登場して、
三宅さんにもう一度別の人生を用意する、
という趣向になっていて、
それが何度も繰り返され、
ラストは天上からの救いの糸に乗って、
精神の呪縛から解放される、
というドラマになっています。

その中で海老蔵さんは歌舞伎のヒーローとなり、
荒事をしっかりと披露しますし、
ラストは一種の歌舞伎舞踊劇として盛り上がりを作っています。

これまでの3作品の中では、
若者の葛藤を主軸に据えて、
歌舞伎劇の要素を取り込み、
狂言回しのようなゲームマスターのような存在として、
素の海老蔵さんを登場させるという仕掛けを含めて、
最も分かり易い、意図も明確な作品に仕上がっていたと思います。

三宅健さんもとても頑張っていましたし、
まずは成功といって良いのではないかと思います。

ただ、これが新しい歌舞伎かと言うと、
いささか疑問の気はしますし、
希代の歌舞伎役者で、
元禄歌舞伎を体現出来る現存唯一の肉体である海老蔵丈が、
その本領を発揮しているとは言い難い側面もあります。

今後も海老蔵さんの芝居道と探求は続くと思いますし、
可能な限りそれを見守りたいと思います。

それでは今日はこのくらいで。

皆さんも良い休日をお過ごし下さい。

石原がお送りしました。
nice!(5)  コメント(0) 

第7回ブス会*「エーデルワイス」 [演劇]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は日曜日でクリニックは休診です。

休みの日は趣味の話題です。
今日はこちら。
エーデルワイス.jpg
ペヤンヌマキさんのブス会*の新作公演が、
本日まで池袋で上演されています。
その初日の舞台に足を運びました。

ブス会*はもともとポツドールの別動隊のような形で始まり、
ポツドールの三浦大輔さんが、
ほぼ映像に軸足を移している中、
独自の舞台活動を継続しています。

矢張りポツドール的過激さに溢れて、
その女性復讐版という感じのあった、
「女のみち」が印象深いのですが、
それ以降は様々なスタイルで、
小劇場的テイストを守りつつ、
女性の生きざまを描く舞台を上演しています。

今回は鈴木砂羽さんを主演に据えて、
「美女と野獣」を模した結構大掛かりなセットを組み、
これまでより中劇場的なスタイルの作品となっています。

鈴木砂羽さんはスランプに悩む大物漫画家を演じ、
彼女の過去の純愛と、
それが元になった出世作の漫画、
そして年を重ねた現在迷いが、
交錯するようにして彼女の内面を立体的に浮かび上がらせる、
という作劇です。

高野ゆらこさんや金子清文さんが出演しているので、
ちょっとテイストは毛皮族の雰囲気もあります。

これは凄く良い、というような舞台ではないのですが、
雰囲気は悪くなく、
作劇も分かりやすいので、
まずは心地良く観ることが出来ました。

ペヤンヌマキさんの実際の経験や思いが、
かなり反映されているのだろうな、
ということは推察されますし、
構成的には過去と現在で、
同じパターンの恋愛が繰り返される、
という部分が面白いと感じました。

ただ、欲を言えばもっと過剰な部分、
演劇的な盛り上がりのある場面があれば、
という気はしましたし、
せっかくのセットが、
あまり活かされていない、という気はしました。
後半にもう少し幻想が膨らみを持って、
暴走しても良かったですよね。
その点は少し残念です。

鈴木砂羽さんは舞台がなかなか良くて、
独特のオーラがあり、僕は好きな女優さんです。
ただ、ちょっと桃井かおりさん的な、
「やる気のない芝居」なので、
それを演出がどう修正するのかが、
舞台での成功失敗の分かれ目のように思います。
今回に関しては、
もう少し本人の乗りで、
自由に出来るようなところがあると、
もう少し違ったのではないかしら、
というようには感じました。

そんな訳で今一つではあったのですが、
サラッとして悪くない芝居でした。

それでは今日はこのくらいで。

皆さんも良い休日をお過ごしください。

石原がお送りしました。
nice!(9)  コメント(0) 

岩井秀人「世界は一人」 [演劇]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は日曜日でクリニックは休診です。

休みの日は趣味の話題です。
今日はこちら。
世界は1人.jpg
ハイバイの岩井秀人さんが作・演出に当り、
前野健太さんの音楽に、松尾スズキさん、松たか子さん、
瑛太さんという、魅力的なキャストが顔を揃えた、
音楽劇が今上演されています。

これは演出は結構ドライな感じで、
トータルなイメージは、
マームとジプシーに近いような雰囲気でした。
鉄骨の骨組みだけみたいな抽象的なセットで、
最初に8歳の林間学校の夜で、
主役の3人の同級生がおねしょを巡る「事件」を起こして、
それが何度も劇中でリフレインされ、
最後もそこに回帰してゆきます。

オープニングがなかなか面白くて、
まず音楽が鳴って前野さんが狂言回し的に歌い出すと、
松尾スズキさんがそこに演技を合わせていって、
音楽が鳴り続けながら、
ボーカルのない合間に、
今度は松尾さんが台詞を合わせていって、
音楽と役者の芝居が、
不思議に混じり合うようにして、
次第にある種の高揚感が生まれて行きます。

この辺の音楽と演技の関係も、
マームとジプシーに近い感じです。
ただ、物語は岩井さんですからもっとウェットで、
ドロドロもしてリアルな感じですし、
音楽自体もアングラの劇中劇に近いような、
懐かしくもウェットな感じなので、
個人的にはとても心地良く聴くことが出来ます。

特にオープニングの「汚泥」の歌や、
何度か歌われる「また巡りあった」というような趣旨のラブソングは、
情緒的な水分が心地良く素敵でした。

ただ、お話自体はやや平板で盛り上がりには欠けました。

舞台が北九州のかつての炭鉱町で、
そこから一旦東京に移り、
後半はまた北九州に回帰する、
という筋立てになっているのですが、
セットも抽象的で変化がありませんし、
キャストも少人数である上に、
台本に情景描写的なものが殆ど書き込まれていないので、
その時間や場の変化が全く分からないというのが、
あまりお話が盛り上がらなかった、
大きな原因であったように感じました。

松たか子さんの役柄が一旦自殺未遂で死にかけたり、
瑛太さんの役柄が一旦引きこもりになったりして、
舞台上から消えてまた再登場するのですが、
その間にもナレーションで登場したり、
別の役柄を演じたりもするので、
そこも混乱の一因のように感じました。
松尾さんと松さんが東京で再会する場面など、
曲も良くてとても素敵なのに、
あまり観客の心に響かないのも、
その辺りに原因があったのではないでしょうか。

松たか子さんは最近の映画での吹っ切れたような芝居が素晴らしくて、
第二の黄金時代ではないかしら、
と密かに思っていて、
今回の芝居でもその歌声や表情など素晴らしかったのですが、
今回の役柄が松さんの本領発揮のものであったかと言うと、
いささか疑問で、
もっと舞台ならではの演技表現が、
観たかったのが本音です。

現在を代表する個性的な演技派が、
3人顔を揃えたと言って良い芝居なのですから、
もう少し演技の魅力に奉仕するような、
劇作であるべきではなかったでしょうか。

そんな訳でとても心地の良い観劇ではあったのですが、
正直物語世界にはかなり物足りなさを感じたお芝居でした。

それでは今日はこのくらいで。

皆さんも良い休日をお過ごし下さい。

石原がお送りしました。
nice!(7)  コメント(0) 

シベリア少女鉄道「いつかそのアレをキメるタイム」 [演劇]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は土曜日で午前中は石田医師が外来を担当し、
午後2時以降は石原が担当する予定です。

土曜日は趣味の話題です。
今日はこちら。
シベリア少女鉄道2019.jpg
大好きな異能の小劇場、シベリア少女鉄道の新作公演が、
今週の火曜日まで赤坂RED/THEATERにて上演されました。

この劇団の公演はネタバレ厳禁の性質のものなので、
上演が終わってから記事にするようにしています。

さて、今回の公演は、
池井戸潤さん原作のテレビドラマが元ネタで、
それを手探りで演じるいつもの役者さん達が、
ある特定の役割を果たそうと、
演技はそっちのけで競争を繰り広げる、
という話です。

いつもながらの他にない独自の世界ですが、
以前と比べると役者さんの演技レベルが、
非常に高くなっているので見応えがあります。

ただ、ラストは最近やや予定調和的になる傾向があり、
今回もラストのオチは、
あまりにベタ過ぎて脱力する感じがありました。

以前のもっとラジカルな時代には、
話がメタフィクション方向に走り出すと、
予想外に物語は拡散し、
ラストには世界の終わりのような虚無が待っていたのですが、
最近はそうした怖さを感じさせるような逸脱はなく、
予定調和的なオチに集束する感じがあるのが、
ちょっと物足りない点ではあるのです。

それはおそらく、
以前よりも主宰の土屋亮一さんに心の余裕があるからで、
それは土屋さんにとっては良いことだとは思いつつも、
もっと先鋭で破れかぶれででたらめな世界も、
笑いと恐怖が背中合わせの世界も、
また見てみたいという切実な思いもあるのです。

それはもう唯一無二の世界であったからです。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(6)  コメント(0) 

月刊「根本宗子」第16号「愛犬ポリーの死、そして家族の話」 [演劇]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日からクリニックはいつも通りの診療になります。
今日は土曜日で午前午後とも石原が外来を担当する予定です。

土曜日は趣味の話題です。
今日はこちら。
根本宗子2018年末.jpg
昨年も大活躍の根本宗子さんですが、
年末に本多劇場で行われた月刊「根本宗子」の新作公演に、
先日足を運びました。

根本さんと言えば、
昨年春の「紛れもなく、私が真ん中の日」が、
トラウマ少女群像劇の大傑作で、
とても感銘を受けました。
昨年のベストプレイに推しているくらいです。

それで今回の新作にも期待をしていたのですが、
残念ながら今回はあまりはじけた作品にはなりませんでした。

キャストもこれといった核のない地味なメンバーで、
おそらくは私小説的な側面のある家族のスケッチなのですが、
主人公の少女が家族の1人1人のエピソードを紹介する、
という構成が如何にも凡庸で回りくどく、
村杉蝉之助さん演じる怪しげな小説家のおじさんに、
少女が洗脳され影響されるというのも、
軽いスケッチ風に描かれるので、
深い描写に至りません。

いつもの演劇の枠を突き抜けるようなアジテーションもなく、
何か欲求不満のうちに終わってしまいました。

話が決して詰まらないということではなく、
人物スケッチに終始していて、
演劇的な展開や面白さが殆どないのが、
演劇としては致命的でした。

明らかな失敗作でしたが、
おそらく小説として書いた方が成功しそうな素材で、
今の根本さんは演劇より小説に振れているのかも知れません。

今年は「クラッシャー女中」というお楽しみもありますし、
他にも色々と企画が盛りだくさんのようなので、
次に期待して待ちたいと思います。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(4)  コメント(0)