So-net無料ブログ作成

赤堀雅秋「美しく青く」 [演劇]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は日曜日でクリニックは休診です。

休みの日は趣味の話題です。
今日はこちら。
美しく青く.jpg
最近劇作に円熟味を増し、
多方面で活躍している赤堀雅秋さんの新作が、
向井理さんや田中麗奈さんなどの人気者を配したキャストで、
今上演されています。

赤堀さんの劇作は最近は岩松了さんに近い感じで、
淡々とした日常の積み重ねの中に、
潜在下の感情のうねりが見え隠れしつつ、
時に暴力的な衝突などを交えて、
ある種の感情の葛藤とその帰結を、
繊細に描出しているものが多くなっています。

ただ、岩松さんの意地悪さと比較すると、
遥かにお客さんには親切で、
ぼんやり見ていても何とか内容を捕捉出来るようになっています。

同時期に岩松さんの「二番目の夏」という作品を観ましたが、
平明な語り口でありながら、
容易に全貌は明らかにならず、
「意味ありげに役者が下手を見るのは何なの?」
と思っていると、そのまま説明なく終わってしまいました。
相変わらずとても意地悪です。

それと比べるとこの作品は遥かに分かりやすく作られていますが、
それでも主人公達の行動の裏にあるものは、
明確に説明されないままに物語は進んでゆき、
注意していないと物語の本筋が、
スルリと逃げてゆくような捉えきれなさがあります。

以下少しネタバレを含む感想です。
鑑賞予定の方は鑑賞後にお読みください。

赤堀さんとしては水準作かな、というように思いますが、
役者さんも良かったですし、
岩松了さんスタイルのお芝居に、
抵抗のない方にはお勧めです。

震災から8年後の東北の海沿いの町が舞台で、
津波予防の巨大な防波堤の工事は、
一部の住民の反対もあって進まず、
管理の行き届いていない山林では、
野生の猿が増加して農作物を荒らすなど、
その被害が問題となっています。

主人公は向井理さん演じる、
村の青年団のリーダー格で、
震災に関わるある出来事をきっかけに、
母親は認知症となり、田中麗奈さん演じる妻とは、
セックスレスの状態となっています。
鬱屈した思いを猿退治の活動に向けているのですが、
猿より人間が悪いと嘯く平田満さん演じる老人や、
村を離れたいと思う友達などとの軋轢があり。
物事は思うようには進んでゆきません。

親友であった大東駿介さんとの決別などを経て、
主人公は自分の心の底にあるものを見つめ直し、
ラストは夫婦関係が修復して、
おそらく新しい命の誕生が示唆されるところで終わります。

主人公達の発する言葉以外のところにドラマがあり、
それが言葉ではなく唐突な暴力などの行動としてしか、
観客には明示されない、という点は、
岩松了さんや平田オリザさんの作品で、
お馴染みの趣向です。

ただ、今回の作品は岩松さんや平田さんの作品に比べると、
起承転結がもう少し明確で、
役者の個人的な見せ場も、
しっかり用意されているところが、
観客に対しても役者に対しても親切です。
過去の事件なども比較的はっきり台詞で説明されるので、
観ているストレスは少ないですし、
ラストもハッピーエンドに近いホッコリした感じなので、
後味も悪くないのです。

設定はかなり現代を射程にしたもので、
工事途中の防波堤が、
道半ばの復興を感じさせるとともに、
その大きさで舞台を引き締めるという、
舞台面を意識した構成が巧みです。
登場する「猿」は、
勿論単なる猿ではなく裏の意味合いがある訳ですが、
それを「野生の猿」にした辺りに、
センスの良さが光っていると思います。

キャストは主役の向井理さんが、
役柄に合った屈折した感じが良く、
ことなかれの役所の職員を演じた大倉孝二さんは、
最近では出色の演技であり存在感であったと思います。

それでは今日はこのくらいで。

皆さんも良い休日をお過ごし下さい。

石原がお送りしました。
nice!(7)  コメント(0)