So-net無料ブログ作成

「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」 [映画]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は土曜日で午前午後とも石原が外来を担当する予定です。

それでは今日の話題です。
今日はこちら。
ゴジラ キングオブモンスターズ.jpg
ハリウッド版ゴジラ映画の新シリーズの2作目が、
今ロードショー公開されています。

最初のハリウッドゴジラは、
東宝特撮映画のゴジラとは別物でしたが、
2014年に新シリーズ化されたゴジラは、
東宝とも連携して製作に当り、
アメリカのスタッフにも怪獣オタクが揃って、
その世界観も東宝特撮映画を、
かなり意識したものに仕上がっていました。

今回の続編はハリウッド製作として、
初めてキングギドラ、ラドン、モスラが、
ゴジラと共に顔を揃え、
かつての「三大怪獣地上最大の決戦」と、
「怪獣総進撃」を、
かなり意識した映画になっています。

要するに、とても馬鹿馬鹿しく楽しい映画です。

映画の前半はアメリカSFアクションという雰囲気で展開されるので、
正直それほど乗れませんでした。
ただ、中段でゴジラとキングギドラが相対する、
という辺りになると、
東宝特撮映画を再現しようという、
意図がかなり明確になって来るので、
その後の馬鹿馬鹿しくも楽しい展開は、
「そうだよね。怪獣映画はこうじゃなくちゃね」
という感じで楽しむことが出来ました。

怪獣が善悪に分かれて、
プロレスもどきに対決するでしょ。
ラドンが洗脳されて敵になって、
キングギドラが目茶苦茶強いので、
一旦はゴジラが負けて海に沈んじゃうんでしょ。
それを人間が放射能で助けようとして、
尊い犠牲が生まれるんだよね。
生き返って二度目の対決があって、
またゴジラ危うしとなると、
モスラが助けに来るんだよね。
まあ、とてもとても定石通りで、
小気味よい感じです。

頭の悪い悪役に、家族の絆に、少女の活躍でしょ。
マッドサイエンティストに、
秘密兵器でオキシジェンデストロイヤーも出て来るんだよ。

ラストにね、
破壊された地球に、ゴジラの力で自然が蘇る、
というようなクレジットが流れるでしょ。
これはもう水木しげるのだいだらぼっちの思想でしょ。
この脳天気な楽天主義と破滅思想。
もうモロに60年代のユートピアです。

東宝特撮映画の黄金時代は、
1960年代ですが、
当時はヒットはしても、
批評家からは馬鹿にされて酷評しかなかったんですよね。
石上三登志さんとか双葉十三郎さんとか、
本当にもうケチョンケチョンで、
当時のアメリカの「放射能X」とか「宇宙戦争」とか、
そういう映画は褒めてたんだよね。
今考えると下らないというか、分かってないというか、
別におバカ映画にはアメリカも日本も、
変わりはないんだよね。
それなのにアメリカ映画は絶賛して、
東宝特撮映画は罵倒するというのは、
単純に日本製は駄目、という先入観があっただけだったのだと、
今は明らかにそう思えます。

当時もっと正当な評価というか、
こんな荒唐無稽な馬鹿馬鹿しい映画を、
精魂込めて作っていたということに、
少しでも理解のある批評があったら、
もっと違った発展が、
日本特撮映画にもあったと思いますよね。
結局素晴らしい未来に繋がる映画の可能性を、
当時の知識人と称する人達が潰してしまったんだよね。

今じゃさあ、
同じような馬鹿丸出しの映画を、
世界中で同じように作ってヒットしているでしょ。
これで良かったんだよ。
でも、今もきっと同じように日本の可能性を、
皆さんが潰しているのだと思います。
これが多分悲しいけれど日本人の個性ですね。

今思うと良かったのは世界観とデザインですよね。
世界で怪獣をコントローラーで制御して、
人間と共存させていると宇宙人がそれを妨害してとか、
斬新だったのじゃないかなあ。
怪獣のデザインが素晴らしいよね。
人間が入る着ぐるみが原点で、
それを感じさせないようにカモフラージュする、
というところに神経を使ったのが、
かえって良かったのではないかしら。
今回の映画でもね、
新たに創造された怪獣のデザインは本当にクズで、
キングギドラやモスラ、ラドンは、
それぞれにCG用にちょっと変えているとは言え、
やっぱり素晴らしいんだよね。
これはもう誇って良いことだと思います。
それなのにね、
公開当時はそれも馬鹿にされたんだよ。
恐竜が放射能で復活したのであれば、
もっと恐竜そのものの形でないとおかしい、
とか悪口を書かれていたんだよ。
何を言ってるんだか。
おバカ映画なんだから、
格好良ければいいんだよ。
生きてる恐竜なんか誰も見たことはないんだし。

正直CGの絵作りは好きじゃないのです。
画面も暗くて、
殆どアンバーとブルーだけの照明でしょ。
もっと原色じゃないと怪獣映画は詰まらないよね。
ただ、後半になると、
割と意識的に着ぐるみの感じを出していて、
それはなかなか良かったです。
人間に救われたゴジラが、
海から出て来るところとか、
着ぐるみっぽくていいよね。
好きです。

そんな訳で東宝怪獣映画が好きな人には、
必見と言っても良い映画です。

ラストとか、ちょっと泣けますよ。

中国資本になって、
モスラは中国に取られちゃった感じですけど、
それも時代だから仕方がないですね。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(6)  コメント(1)