So-net無料ブログ作成

「ハロウィン」(2018年製作版) [映画]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は土曜日で午前午後とも中村医師が外来を担当する予定です。

土曜日は趣味の話題です。
今日はこちら。
ハロウィン.jpg
1978年に製作され日本では1979年に公開された、
ジョン・カーペンター監督の出世作が、
40年の時を経て新作の続編として製作され今公開されています。

製作総指揮はカーペンター監督自身で、
監督は違いますが正調の続編なのです。

オリジナルは日本での封切りの時に観ています。
殺人鬼がずっとマスクを着けていて、
一言も喋らず、最後まで正体すら不明のままです。
ホラーですがショッカー演出のみで、
血が出るような描写もほぼ皆無という斬新な作品でしたが、
当時はもっとひねった筋立てが好きだったので、
正直物足りなく感じました。

その後すぐに続編の「ハロウィン2」が作られ、
「スターウォーズ帝国の逆襲」の影響か、
主人公と殺人鬼に血のつながりがある、
という設定が付加されました。
せっかく「不条理で意味不明の恐怖」という斬新さが、
それによって台無しになったのですが、
この映画はショッカー演出の技巧が冴えていて、
当時として脅かし演出の頂点を極めた、
といって過言ではないホラーでした。
その後「ハロウィン3」が作られましたが、
こちらは前2作の設定とは無関係で、
ハロウィンに起こる奇怪な事件、という趣向のみを引き継いだ、
当時としてはニューウェイブのホラー映画でした。
意味不明なところが多いのですが、
僕は割と気に入っています。
その後リメイク的な映画や他のホラーとのコラボなどがあり、
かなり時間をおいて今回に至ります。

今回の作品は終身刑のオリジナルの殺人鬼が、
40年後のハロウィンの夜に再び脱走して…
というお話で正調の続編となっていて、
主役はオリジナルで殺人鬼と対決した、
ジェイミー・リー・カーティスです。

これはホラー映画というジャンルものとしては、
まずまず良く出来た1本で、
オリジナルの1作目と結局ほぼ同じ話なので、
その点は芸がないのですが、
それを割り切って観れば、
なかなか楽しめる仕上がりになっています。

オリジナルより残酷シーンは少し付加されていますが、
それほど大したことはありません。
脅かしの演出もさほど新しいということはないのですが、
多彩な演出を用意していて、
同じ手を2度使わないようにしているのは良いと思いました。
中では据え置きキャメラのワンカットで、
殺人鬼が窓の外からターゲットを見つけて室内に侵入し、
首に刃物を突き刺して殺害して逃走するまでをそのまま一気に描く、
という趣向が気に入っています。

ラストは怪物は一応退治されるものの、
本当に死んだのかは明らかでない上に、
意味ありげに少女に握られた包丁がアップになるラストなので、
どうやら更に続編も作る気は満々であるようです。

ホラーの好きな方であれば、
そこそこのお薦めです。
こういう映画を大画面で観られる機会はそう多くはないので、
ある意味貴重ではあるかも知れません。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(7)  コメント(0)