So-net無料ブログ作成

「ダンボ」(2019年実写版) [映画]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は土曜日で午前午後とも石原が外来を担当する予定です。

土曜日は趣味の話題です。
今日はこちら。
ダンボ.jpg
ティム・バートン監督の手により、
ディスニーでダンボが実写化されました。

これは移動サーカスが舞台ですから、
バートン監督が好きな素材で、
かなり奇妙奇天烈なイメージの氾濫が見られるのではないかしら、
と思って映画館に足を運びました。

結果的にはそこそこは楽しめましたが、
最近のバートン作品の「今ひとつ」感が、
割とはっきり出てしまっていた、
という印象はありました。

バートンの作品は、
監督が偏愛するフリークス達が沢山登場し、
そのキャラはそれぞれに思い入れがあって魅力的なのですが、
結局それで尺を沢山取られてしまって、
対立する悪役にはあまり魅力がないので、
お話としては意外に盛り上がらないことが多いと思います。

この作品では、
ディズニー映画なのに、
ディズニーランドみたいな遊園地を経営する大富豪が敵役で、
最後はその遊園地が壊滅してしまう、
というかなり毒のある設定なのですが、
台本がかなり杜撰な感じで、
最後は勝手に自滅して遊園地を壊してしまうので、
まるで盛り上がらず脱力してしまいました。
これじゃ駄目だよね。

象が大きな耳で空を飛ぶというのも、
ビジュアルとしてとても面白そうなのに、
あまり意外性のある描写にはなっていません。

総じて同じような素材としては、
「グレーテストショーマン」の方が、
数段面白くワクワクする出来映えだったと思います。

ティム・バートンは大好きなので、
不出来な作品でも見逃せない、
というマニアの方以外には、
あまりお薦めでは出来ない作品です。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(5)  コメント(0)