So-net無料ブログ作成

「アリータ バトル・エンジェル」 [映画]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は土曜日で午前午後とも石原が外来を担当する予定です。

土曜日は趣味の話題です。
今日はこちら。
アリータ.jpg
ヒットメイカーのジェイムズ・キャメロンが製作と脚本に関わり、
木城ゆきとさんの人気コミックを原作とした話題作が、
今ロードショー公開されています。

これはA級と考えて、
「アバター」なみのスケールを期待すると、
裏切られるのは確実です。

要するにB級映画で、
キャメロンとしても枝葉の作品的企画なのです。

ただ、B級の肩の凝らない娯楽映画として考えると、
なかなか充実度の高い面白い作品に仕上がっています。
昔「ロボコップ」の1作目や、
キャメロンの「ターミネーター2」を観た時と、
同じくらいの楽しさで、
スターウォーズシリーズの新作より3倍は楽しく、
ハリーポッターシリーズの新作より2倍は楽しいと、
個人的には思いました。

内容的には基本設定の部分と、
主人公のサイボーグ少女と不良少年との恋愛物語は、
原作のコミックをリスペクトした感じで構成されています。
勿論原作の全てを2時間強の尺には納められませんから、
ラストは尻すぼみの中断のような格好にはなるのですが、
それを承知の上でB級SF活劇として楽しめれば、
瑕にはなっていません。
昨年の「甲殻機動隊」の実写映画の、
原作を生かし切れていない脱力のショぼさと比較すると、
子どもと大人くらいの差はあります。

一応コミックの実写映画化ということになるのですが、
映像の9割は「絵」なので、
カット割りもアニメ映画に近い感じですし、
主人公もCGキャラということになると、
本当にこれを実写と言って良いのかしらと、
疑問に思う感じがしなくもありません。
ただ、それだからこその疾走感とアクションの冴えが、
ワクワクさせてくれますし、
主人公の造形はかなり緻密に考えられていて、
実際にはあり得ない大きさの瞳と、
人間のものとは違う表情の動きなどは、
その完成度の高さに感心させられます。

そんな訳でB級の楽しさに満ちた快作で、
何か暇つぶしに面白い映画を、
という向きには是非にとお薦めしたい娯楽作品です。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(9)  コメント(0)