So-net無料ブログ作成

「夜明け」 [映画]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は土曜日で午前午後とも石原が外来を担当する予定です。

土曜日は趣味の話題です。
今日はこちら。
夜明け.jpg
是枝監督と西川美和監督の下で助監督を務めた、
広瀬奈々子監督の初監督作品で、
脚本も広瀬監督が執筆しています。

地方都市で木工所を経営している小林薫演じる初老の男は、
自動車事故で妻と息子を失った過去があるのですが、
ある日柳楽優弥演じる謎の若者が河原で倒れているのを助けます。

若者は自分が誰であるのかを語りませんが、
自分の息子のシンイチという名前を名乗ったことから、
初老の男はそこに自分の死んだ息子の姿を重ね、
彼を自分の木工所で見習いとして働かせると、
その危うい関係に深く囚われてしまいます。

互いに孤独な疑似親子のような2人の男が触れ合うという、
昔から良くある設定のドラマなのですが、
柳楽さんの役柄が自分の罪を感じながらも、
何か全てが他人事のような不気味で得体の知れないところがあり、
それが今の若者の1つの側面を、
リアルに活写している点が見どころです。

トータルにはあまりに暗くて痛々しく、
夢も希望もないラストに帰着するので、
あまり好きなタイプのお話ではないのですが、
主役2人の芝居を含めて、
そのディテールには見るべき点がありました。

演出はどちらかといえば無雑作で素朴な感じで、
それが狙いであるのかも知れませんが、
あまり好みではありませんでした。

ラストは是枝さんや西川さんと同じく、
ある瞬間でなで切りにするように終わるのですが、
その前に夜明けや涙や主人公の走る場面が、
ダラダラと長く続くので、
あまりシャープな印象になっていません。
巻頭で小林さんが柳楽さんを見つけるところは、
結構長いワンカットになっているのですが、
見つける寸前でカットを割っているので、
これじゃ意味ないじゃん、と感じました。

地味で暗い映画ですが、
繊細な心理をディテールで積み重ねる辺りは面白く、
如何にも日本映画らしい日本映画として、
昔のATG映画などのお好きな方でしたら、
そのリニューアル版としてお薦めしたいと思います。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(8)  コメント(0)