So-net無料ブログ作成

「くるみ割り人形と秘密の王国」 [映画]

あけましておめでとうございます。

北品川藤クリニックの石原です。

今年もよろしくお願いします。

クリニックは年末年始の休診中です。

休みの日は趣味の話題です。
今日はこちら。
くるみわり人形.jpg
ディズニーがバレエの「くるみ割り人形」を、
実写映画化しました。

これはディズニーとしては、
かなりマニアックな部類の作品で、
ディテールの凝り方は、
ティム・バートン作品のようですが、
そこまでねちっこく拘り抜いた、
という感じではないので、
誰に見せたくて作ったのか、
ちょっと不思議な感じもする作品です。

子供向きとは思えず、
子供が喜ぶような気もしませんが、
かと言って大人が見るのは、
物足りなく観終わって切なくなるような、
空しい気分もあるからです。

元々バレエの「くるみ割り人形」自体、
ほとんどストーリーらしいストーリーはないので、
音楽を使用して、くるみ割り人形が登場すれば、
何でもありなのですが、
一応ドイツのお金持ちの少女らしい設定を元に、
亡くなった母親が幻想の中で作り上げた世界が、
その死により崩壊寸前となるのを、
少女が救うというオリジナルストーリーを展開しています。

この荒廃したネズミの国などのビジュアルが、
廃墟と化した遊園地であったり、
「イット」のような不気味なピエロや、
巨大化したブリキの人形の軍隊など、
なかなか上手く出来ています。
またからくり時計や水車の仕掛けなどの、
メカニックがマニアックで好みでした。

内容は最近のディスニーの常で、
古典的な善悪を反転させるようなひねりがあるのですが、
毎度のことなので特別意外性がある、
という訳ではありません。

中段までは結構ワクワクしながら見ていたのですが、
後半の活劇からラストに掛けては、
物足りなくちょっと空しい感じがありました。

そんな訳で結果的には今ひとつでしたが、
ビジュアルには一見の価値のある、
ディスニーとしてはマニアックに振れた作品でした。

それでは今日はこのくらいで。

皆さんも良いお正月をお過ごし下さい。

石原がお送りしました。
nice!(5)  コメント(0)