So-net無料ブログ作成

「ボヘミアン・ラプソディ」(伝記映画) [映画]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は日曜日でクリニックは休診です。

休みの日は趣味の話題です。
今日はこちら。
ボヘミアン・ラプソディ.jpg
大人気のクイーンの伝記映画「ボヘミアン・ラプソディ」を観て来ました。
平日でしたが新宿のアイマックスが完売でした。

クイーンは高校生の時に、
「ジャズ」というアルバムが発売されて、
これはカセットテープですり切れるくらいに聴きました。

日本の場合最初はビジュアル的な人気が先行で、
その後音楽的に評価が高まって、
僕が高校生の頃には、
音楽ファンでほぼけなす人はいない、
というくらいの存在でした。

高校生の時に一度武道館の来日公演があって、
とても行きたかったのですが、
チケットは取れませんでした。

同じクラスに有名な音楽評論家のご家族の人がいて、
「チケット押さえたからみんなで行こうぜ」
みたいな話をしていて、
僕はその「みんな」には入っていなかったので、
とてもうらやましいなあ、
と思っていたことを、
何故か今でも鮮明に覚えています。

詰まらないことだけ、
リアルに覚えているのが嫌ですね、
人生って!

さて、この映画は、
1985年のライブ・エイドのコンサートの場面を、
忠実にほぼ全編再現した映像がラストにあって、
そこがともかく抜群に素晴らしく興奮する出来映えです。

ライブの映像化としては、
間違いなく歴史に残るものではないかしら。

ドラマの部分は意外に薄味で大雑把なのですが、
ライブにそっくりさんによる再現ドラマがくっついている、
というような構成になっているのです。

この拘りのそっくりぶりはかなり凄くて、
主人公のフレディ・マーキュリーも良いですが、
ブライアン・メイがまたそっくりですよね。
最後に実際の映像が出て来ますが、
フレディの恋人のマッチョの男性や、
両親がまたそっくりでビックリします。

ドラマはライブ・エイドをクライマックスにするために、
フレディがエイズになるのも、
父親と和解するのも、
生涯の恋人と再会して、
女性の恋人とは親友となるのも、
こじれたメンバーと和解するのも、
全てライブ・エイドの直前、
という設定になっています。
そんなことは明らかになさそうなのは、
それほどのクイーンズ好きではない僕でも、
おおよそ分かりますが、
その大雑把な再現ドラマ的クオリティが、
この映画には合っていて、
ラストのライブが涙なしでは観られなくなりますし、
歌自体もドラマと全て重ね合わせてしまうのです。

この強引さが、
この映画に関しては成功しています。

題名は「ボヘミアン・ラプソディ」ですが、
その創作の場面は意外にあっさりとしか描かれていません。
あれは当時としては画期的な楽曲だったのですが、
今聴いて面白いような曲ではないですよね。
ライブで再現も出来ないし、
知らない人が映画を観ても、
どんな曲なのか分からないと思います。
それを含めてもう少し音楽的なメンバーの葛藤とか、
そうした部分があっても良かったかな、
というようには思います。
後、ライブではギターとドラムのソロと、
でっかい原色の照明ボードが、
ステージの上で動くのが有名でワクワクするのですが、
それが映画ではほぼ出て来ませんでした。

ただ、それもこれもラストのライブの場面を、
圧倒的なクライマックスにするための、
引き算的な演出なのだと思うので、
繰り返しになりますが、
この映画としてはこれで良かったのだと思います。

何度も観たくなる映画ですよね。

僕ももう一度くらい体感したいです。

別にドラマ部分は小さな画面でも良いのですが、
ラストだけは大画面の大音響がマストですね。

皆さんも是非。
すっきりしますよ。

それでは今日はこのくらいで。

皆さんも良い休日をお過ごし下さい。

石原がお送りしました。
nice!(4)  コメント(0)