So-net無料ブログ作成

劇団鹿殺し「俺の骨をあげる」 [演劇]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は日曜日でクリニックは休診です。
休みの日は趣味の話題です。

今日はこちら。
鹿殺し.jpg
劇団鹿殺しの本公演に足を運びました。

劇団鹿殺しはこれまでに6回くらい観ています。
それほど熱心な観客ではないのですが、
時々気になると観るという感じです。

本公演ではないのですが、
劇団休止中に丸尾さんと歌手のCoccoさんが組んだ舞台は、
2人の個性がガッチリ噛み合った見事な舞台で、
その年一番と言って良い感銘を受けました。

今回は台本が丸尾丸一郎さん、演出・主演が菜月チョビさんという、
鹿殺しのゴールデンコンビで、
オレノグラフィティさんの音楽に、
劇団員によるブラスと3人編成のロックバンドの生演奏による、
ロックミュージカル仕立てで、
まあこれぞ鹿殺し、
というスタイルの公演です。

内容は常に人生の主役であることを貪欲に求めた、
チョビさん演じる1人の女性の一代記で、
女子プロレスからロック、卓球などの世界を、
波瀾万丈に渡り歩きます。
その人生の中で関係した5人の男性が、
いずれも死して主人公を去ってゆくのですが、
それが彼女の骨になるというストーリーです。

丸尾さんの台本は、
本来はかなりクセのある、
ややメンヘラ的な感じのものですが、
今回のものはチョビさんの人生賛歌のような、
浪花節のお芝居なので、
その毒はそれほど気になりません。

ただ、今回は熱量で見せるタイプの舞台と思いますが、
役者さんの平均年齢も高くなり、
キャストによっては力押しが厳しい感じで、
お芝居のパートとライブのパート、
アクションやパフォーマンスのパートなどの、
メリハリがなく全体に流れてしまう感じがありました。

サンシャイン劇場くらいの箱で、
こうした芝居を上演するのには、
おそらくもっと別の作り方が必要で、
劇団☆新感線のように、
大仰に決めるところは決めることと、
ゲストにはフレッシュで華のあるキャストが、
1人は必要であるように感じました。

そんな訳で個人的には今ひとつではあったのですが、
これぞ鹿殺しという公演で、
キャストの熱演も悪くなく、
鹿殺しのお芝居の好きな方には、
お勧めの1本だと思います。

それでは今日はこのくらいで。

皆さんも良い休日をお過ごし下さい。

石原がお送りしました。
nice!(3)  コメント(0)