So-net無料ブログ作成

「女と男の観覧車」 [映画]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は祝日でクリニックは休診です。

休みの日は趣味の話題です。
今日はこちら。
アレンの観覧車.jpg
大好きなウディ・アレンの新作が、
今ロードショー公開されています。

いつもそれほど長い上映にはならないので、
少し慌てて劇場に足を運びました。

アレンの作品が毎年公開されるのは嬉しい限りですが、
その出来には結構ばらつきがあります。
昨年の「カフェ・ソサエティ」はかつてのアレン節全開の、
ハリウッドでギャングが活躍する楽しい話でしたが、
今回はそうした華やかさとは無縁の、
往年のフランス映画を思わせるような重悲劇で、
全編救いの欠片もないような、
冷徹な生活のドラマが展開されます。

シモーヌ・シニョレか、
「欲望という名の電車」のブランチか、
というような退廃を漂わせた、
元売れない女優の主人公をケイト・ウィンスレットが演じ、
アル中の情の深いろくでなしと結婚していながら、
義理の娘と軽薄な脚本家志望の大学生を、
不倫で取り合うという絶望的な役柄を演じます。

物語自体は救いのないままに進みますが、
狂言回しの軽薄な大学生が、
正面を時々向いて観客に話しかけるという、
アレンらしい趣向と、
主人公の義理の娘の純情な美しさがガス抜きとなり、
映画を象徴する観覧車を中心とした、
コニーアイランドの浜辺の美しいパノラマが、
その見事な映像美で画面を飾ります。

昔だったら救いがなさ過ぎて、
とても受け付けないタイプの映画でしたが、
人生の悲劇性に滑稽さとある種の味わいとを感じるようになると、
意外にこうした話も悪くないなと、
そんなようにも思えます。
アレンにしてなし得た侘び寂びの境地と言うか、
キャストも決してやり過ぎない、
過不足のない熱演で見応えがありました。

誰にでもお勧め出来る映画ではありませんが、
アレン節がお好きな方には、
彼の新たな側面をまた感じさせる、
怜悧で美しく素敵な作品でした。

ご興味のある方は是非。
ケイト・ウィンスレットも良かったですよ。

それでは今日はこのくらいで。

皆さんも良い休日をお過ごし下さい。

石原がお送りしました。
nice!(7)  コメント(0)