So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

SGLT2阻害剤カナグリフロジンと心血管疾患リスク [医療のトピック]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は午前午後ともいつも通りの診療になります。

それでは今日の話題です。

今日はこちら。
カナグリフロジンの心血管疾患リスク.jpg
2018年のBritish Medical Journal誌に掲載された、
最近注目されている糖尿病の治療薬の心不全などに対する効果を、
他の薬と比較して検証した論文です。

2型糖尿病の治療において、
最近注目を集めている新薬が、
SGLT2阻害剤です。

この薬は腎臓の近位尿細管において、
ブドウ糖の再吸収を阻害する薬で、
要するにブドウ糖の尿からの排泄を増加させる薬です。

この薬を使用すると、
通常より大量の尿が出て、
それと共にブドウ糖が体外に排泄されます。

これまでの糖尿病の治療薬は、
その多くがインスリンの分泌を刺激したり、
ブドウ糖の吸収を抑えるような薬でしたから、
それとは全く異なるメカニズムを持っているのです。

確かに余分な糖が尿から排泄されれば、
血糖値は下がると思いますが、
それは2型糖尿病の原因とは別物で、
脱水や尿路感染の原因にもなりますから、
あまり本質的な治療ではないようにも思います。

しかし、最近この薬の使用により、
心血管疾患の発症リスクや総死亡のリスクが有意に低下した、
というデータが発表されて注目を集めました。
こうした効果が認められている糖尿病の治療薬は、
これまでに殆ど存在していなかったからです。

2015年のNew England…誌に発表された論文は、
ブログでもご紹介したことがあります。
エンパグリフロジン(商品名ジャディアンス)というSGLT2阻害剤の、
3年間の臨床データを解析したものですが、
偽薬と比較して総死亡のリスクが32%、
心血管疾患による死亡のリスクが38%、
それぞれ有意に低下していました。

2017年の同じNew England…誌には、
今度はカナグリフロジン(商品名カナグル)という、
また別のSGLT2阻害剤の臨床データが報告されています。
ここでは心血管疾患のリスクの高い2型糖尿病の患者さんに、
これも3.5年以上の長期間の観察を行なったところ、
偽薬と比較して心血管疾患による死亡と急性心筋梗塞と脳卒中を併せたリスクを、
14%有意に低下させていました。
ただ、この結果はエンパグリフロジンと比較すると、
少し見劣りがする上に、
臨床試験において糖尿病性壊疽による下肢切断のリスクが、
カナグリフロジン群で高かった、
という気になるデータも報告されています。

SGLT2阻害剤が心血管疾患の予後を改善するのだとすれば、
そのメカニズムは何でしょうか?

この薬は利尿剤のようなものですから、
余分な体液を排泄し、
血圧を低下させることで、
心臓への負担を軽減する、
という効果が期待されます。

仮にそうであるとすれば、
心不全の予防や予後の改善に、
この薬は主に効いているのでは、
という推測が可能です。

今回の研究は、
アメリカの大規模な健康保険のデータベースを活用したものですが、
18歳以上の2型糖尿病の患者さんで、
SGLT2阻害剤のカナグリフロジン使用時の心血管疾患に対する影響を、
DPP4阻害剤やGLP1アナログ、SU剤といった、
他の治療薬との比較で検証しています。

患者さんを登録して経過をみるのではなく、
処方データを後から抽出して、
患者さんの背景をマッチさせて比較しているものです。

その結果、
使用後30か月間の観察において、
カナグリフロジンの使用は、
DPP4阻害剤と比較して30%(95%CI: 0.54から0.92)、
GLP1アナログと比較して39%(95%CI: 0.47から0.78)、
SU剤と比較して49%(95%CI:0.38から0.67)、
心不全による入院のリスクを有意に低下させていました。

また急性心筋梗塞と脳卒中を併せたリスクについては、
カナグリフロジンの使用は、
他の薬剤と比較してリスクを低下させる傾向を示したものの、
有意な低下は認められませんでした。

今回のデータからは、
他の糖尿病薬と比較してSGLT2阻害剤が、
心不全による入院のリスクを低減することが、
ほぼ間違いのない所見として確認されました。
ただ、他の心血管疾患のリスクについては、
あまり明確な差はありませんでした。
ただ、臨床試験において問題であった下肢切断のリスクについては、
解析はされておらず、
カナグリフロジンとエンパグリフロジンとの間に、
明確な効果の差があるかどうかも、
明らかではありません。

今後こうした点についても検証が進むことにより、
どのような患者さんに対してよりSGLT2阻害剤が有効で、
逆にどのような患者さんではむしろ使用を控えるべきなのか、
もう少し臨床に直結した指標が得られることを期待したいと思います。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(6)  コメント(0)