So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

一過性脳虚血発作(TIA)の予後と循環代謝疾患との関連について [医療のトピック]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は午前午後ともいつも通りの診療になります。

それでは今日の話題です。

今日はこちら。
TIAと循環代謝疾患の予後.jpg
2018年のStroke誌に掲載された、
一過性の脳卒中の発作を起こした患者さんの生命予後を、
糖尿病や心疾患との合併に重点を置いて検証した論文です。

一過性脳虚血発作(TIA)というのは、
麻痺や失語などの脳卒中様の症状が、
一時的に出現してその後に元に戻る、
という経過を指した言葉で、
脳の血管が血栓によって一時的に詰まり、
それから血栓が溶けたり流れ去ることで短時間で症状が元に戻る、
というような場合と、
脳を栄養する血管の一部に狭い場所があって、
血圧の低下など血流が低下した時に、
一時的に虚血となって症状が出る、
というような2つの場合があると想定されています。

TIAは脳卒中の前兆、
というように考えられることが多く、
症状はすぐに改善しても、
脳卒中に準じて治療や予防を開始することが推奨されています。

それは、
TIAを起こした人の10から15%が脳梗塞になり、
その半数は48時間以内に発症している、
というデータがあるからです。

そして、より長期的に見た場合、
TIAを起こした人の生命予後は、
起こさない人よりも悪いという疫学データも存在しています。

ただ、このTIA後の生命予後の悪化が、
脳梗塞の前兆としてのものなのか、
それとも別個の病気などの関与が大きいのかについては、
あまり明確なことが分かっていません。

近年循環代謝疾患とか、
心代謝疾患という考え方があり、
英語ではCardiometabolic diseases などと言っていますが、
これは血管疾患の脳梗塞や虚血性心疾患と、
糖尿病などの代謝疾患とが互いに関連していて、
その2つ以上があるとより生命予後に悪影響がある、
というような考え方です。

今回の研究はその考え方を元に、
アメリカのメイヨー・クリニックにおいて、
新規のTIAで入院した患者さん、
トータル251名を登録し、
5年間の観察期間中に、
循環代謝疾患である、
糖尿病、虚血性心疾患、心不全、心房細動のいずれかを併発するリスクと、
その併発が患者さんの生命予後に与える影響を検証したものです。

その結果、
5年間にこの251名のうち、
53%に当たる134名が1つ以上の循環代謝疾患を、
22%に当たる55名が2つ以上の循環代謝疾患を併発していて、
491件の再入院(27%が循環代謝疾患によるもの)があり、
75名が死亡(36%が循環代謝疾患によるもの)していました。

1つ以上の循環代謝疾患を経過中に併発すると、
TIAの患者さんの経過観察中の死亡リスクは、
1.89倍(95%CI; 1.17から3.03)有意に増加していました。
また、入院が1回あると、
その度に死亡リスクが1.5倍(95%CI; 1.37から1.64)
有意に増加していました。

つまり、TIAを1回起こした患者さんの生命予後には、
糖尿病や虚血性心疾患などの循環代謝疾患を、
併発するかどうかが大きく影響していて、
その予後を改善するためには、
脳梗塞の予防のみならず、
心疾患や糖尿病の予防も同じように重要なのではないか、
という結果です。

西洋医学というのは、
どうしても病気中心主義となり、
1つの病気の予防や治療という観点で考えがちですが、
この循環代謝疾患もそうですし、
メタボという概念もまたそうですが、
複数の病気や病態が互いに関連するという考え方が、
今後はより重要になるのではないかと思います。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(8)  コメント(1)