So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

シベリア少女鉄道「残雪の轍 / キャンディポップベリージャム」 [演劇]

北品川藤クリニックの石原です。

今日2本目の記事も演劇の話題です。

それがこちら。
シベリア少女鉄道.jpg
最近メジャーな仕事が増えつつある、
オタクの仕事師土屋亮一さんが率いるシベリア少女鉄道の、
年末の特別公演的な新作公演が、
今池袋のサンシャイン劇場で上演されています。

今回はシベリア少女鉄道史上、
最も大きなキャパの会場での公演ですし、
エビ中の安本彩花さんと元ハロプロの中島早貴さんが、
ヒロインのツートップとして登場し、
実際に様々な形で対決を繰り広げるという、
祝祭的な公演でした。

セットもこれまでで一番豪華だったと思いますし、
シベリア少女鉄道が新たなステージに立ったことを、
印象付けるような公演となりました。

内容的にも悪くはなかったのですが、
かつての趣味的で万人向けとはとても言えない、
マニアックに作り込んだ作品と比較すると、
あまりに大衆的になり過ぎて、
ちょっと物足りない感じがすることもまた事実です。

でも、それはもう仕方のないことですし、
次回はまた小さな小屋なので、
マニアックな世界を期待するとして、
今回は土屋流の豪華なシチュエーションコメディ的、
後半は何でもありの世界を、
楽しめばそれで良いのかも知れません。

シベ少はネタが全てですから、
完全なネタバレは勿論しませんが、
少し内容には踏み込みますので、
以下は必ず鑑賞後にお読みください。

2本立てのような題名ですが、
実際には「残雪の轍」というプロローグが付いた、
「キャンディポップベリージャム」という内容で、
当然それがリンクするというお楽しみがあります。

本筋の部分は土屋さんがエビ中の公演用に書いた戯曲に、
良く似た構成になっていて、
女子寮でのサプライズパーティーのドタバタを扱ったものですが、
後半はそこにシベ少的なネタが投入され、
珍しく時事ネタが結構大きく扱われて、
ラストはかなりベタなオチで締めくくられます。

以前のシベ少の作品では、
後半ネタが投入されるまでの通常のお芝居の部分が、
あまりに稚拙で見るのがつらい感じがあったのですが、
今回などは通常のすれ違いのシチュエーションコメディとしても、
それなりに良く出来ていて、
通常のお芝居部分の要所でも、
自然な笑いが沸いていたのは、
これまでのシベ少にはあまりなかったことです。

役者としてもヒロインツートップは、
演技も出来て華もあるので申し分がありませんし、
脇のいつもの面々も、
篠崎茜さん、加藤雅人さん、小関えりかさんの辺りが、
とても安定感のある芝居をしているので、
普通のお芝居としても、
レベルが高いことに感心しました。

比較すると後半のいつものネタの畳掛けはやや淡白で、
盛り上がりに欠ける感はありました。
後、ラストはあまりにお子様向けみたいになってしまうので、
伏線の仕込みはさすがですが、
脱力する感じも少しありました。

いずれにしてもこれはこれで楽しむべきもので、
野暮を言っても仕方がありません。
これだけ豪華で出鱈目で馬鹿馬鹿しくも楽しい芝居もそうはないので、
是非お勧めしたいと思います。

それでは今日はこのくらいで。

皆さんも良い休日をお過ごし下さい。

石原がお送りしました。

nice!(4)  コメント(0) 

チェルフィッチュ「三月の5日間」リクリエーション [演劇]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は日曜日でクリニックは休診ですが、
レセプト作業が積み残されているので、
これからクリニックで仕事の予定です。

今日は日曜日なので趣味の話題です。
今日は2本あります。

まずはこちら。
3月の5日間.jpg
2003年のイラク戦争開戦時の東京での5日間を舞台とした、
2004年初演のチェルフィッシュの代表作「三月の5日間」が、
若手キャストのリクリエーションとして復活し、
今横浜のKAAT神奈川芸術劇場で上演されています。

僕は基本的にはチェルフィッチュは苦手で、
通常「だらしない」と表現されるような動きを、
執拗に繰り返しながら、
視線も定めずに熱量のない会話を、
これも執拗に繰り返すようなところが、
アングラ好きの世代としては、
どうも受け付けないところがあるのです。

ただ、最近は拒否反応は大分なくなりましたし、
その後の演劇に与えた影響力の大きさは、
間違いのないところだと思います。

この「三月の5日間」のオリジナルは、
映像で見ただけです。
イラク戦争が開始された三月の5日間を、
そのままラブホテルで連泊で過ごしたカップルと、
そこに至るまでのコンパに同席した男女が、
戦争反対のデモに参加していたエピソードなどを、
意識の流れというのか、
人間の心の思いつくまま、という感じに、
時間軸はバラバラにして、
個々のキャラクターの感情の赴くままに、
点描的に描いたもので、
政治的ではない無為な若者を、
批判しているように取れるところもあるのが、
「大人」に評価されるところなのではないかと思います。

2002年の松尾スズキさんの「業音」という芝居では、
ラブホテルで退廃の極みにあった男女が、
テレビでアメリカ同時多発テロの映像を見て、
訳も分からず暴走への衝動に駆られるという場面がありましたが、
個人的には同じ発想なのかな、
と感じましたし、
それなら僕は松尾さんの作品の方が好きだな、
というようには思うのですが、
「三月の5日間」もシンプルなスタイルとしては悪くなく、
分かりやすい点とその表現の独特さのバランスの良さが、
人気のあるポイントのようにも思います。

今回の作品は現在に合わせて大幅にリクリエーションする、
ということだったので、
今の時代にスライドさせるということなのかしら、
とちょっと危惧を感じたのですが、
実際にはキャストを若手に入れ替えて、
それに合わせて台詞も変えているのですが、
2003年の三月の5日間の出来事であることは同じで、
作品世界自体はほぼ同じ上演でした。

これはどうも駄目でした。

キャストにあまり魅力がなくて、
「この人を見ていたい」と思う瞬間がありませんし、
落ち着きがなく戯画化された動作が、
あまりその人の身体に溶け合っていない、
という気がしました。
特に意図的に目線を外して宙に漂わせるような感じが、
わざとらしい感じがしてどうも受け付けないのです。

2004年の時点では遠い世界の戦争と、
若者の自堕落な生活との対比や、
傍観者的な立場や自分の視点を外から眺めるような感じが、
それなりの意味を持ったのだと思うのですが、
戦争と生活との関係が大きく変わり、
もう傍観者的ではいられなくなった今という時代に、
この視点はあまりに生ぬるいな、
というようにも感じました。

ただ、作・演出の岡田利規さんも、
この作品に描かれた社会と人間との距離感と、
今の世界の距離感とが大きく異なっていることは、
百も承知であるはずで、
今回のリクリエーションはその距離感を図るための習作的なもので、
今後「今の時代」と向かい合う新作のクリエーションを、
見据えての作品なのだと思います。

今後の新作に期待をしたいと思います。

小劇場演劇に限定して言えば、
演劇はその時代と分かちがたく結びついているものなので、
時代を切り離しての再演は、
基本的には距離感を図る程度の意味しか、
持たないものなのだと実感しました。

それでは2本目に続きます。
nice!(3)  コメント(0)