So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

スタチンでコレステロールはどのくらい下げるのが適当なのか? [医療のトピック]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は水曜日なので、
診療は午前中で終わり、
午後は別件の仕事で都内を廻る予定です。

それでは今日の話題です。

今日はこちら。
LDLコレステロールの目標値.jpg
今月のJAMA Intern Med誌にウェブ掲載された、
二次予防のコレステロール値は、
どのくらい下げるのが妥当かを検証した論文です。

スタチンはコレステロールの合成酵素の阻害剤で、
その使用により血液のコレステロールは強力に低下します。

スタチンによりコレステロールを下げることにより、
特に心筋梗塞などを発症した場合には、
その再発を予防する効果のあることが、
多くのこれまでの臨床データにより確認されています。

ただ、問題となるのは、
どのくらいコレステロールを下げることが必要なのか、
ということです。

なるべくコレステロールを下げれば下げるほど、
予防効果が高いという考え方がある一方、
コレステロールの数値と予防効果は、
必ずしも関連しない、という考え方もあります。

ヨーロッパの心臓病学会のガイドラインでは、
心筋梗塞後の患者さんの再発予防のためには、
LDLコレステロールの数値を70mg/dL以下にすることが推奨されています。

日本の現行のガイドラインにおいては、
こうした場合のLDLコレステロールの目標値は、
100mg/dL未満にすることが推奨されています。

その一方で2013年のアメリカのガイドラインにおいては、
LDLコレステロールの目標値を設定せず、
高強度のスタチンを使用することのみが推奨されています。

このように、
二次予防としてのコレステロールの目標値は、
それを設定するべきかを含めて、
まだ統一した見解が得られていません。

今回の研究はイスラエルにおいて、
医療サービスの登録データを活用する方法で、
虚血性心疾患の受傷後で、
1年以上スタチンによる治療を継続している患者さんを、
そのLDLコレステロールレベルによって分類し、
コレステロール値と予後との関連性を検証しています。

対象者は30から84歳で、
心筋梗塞、不安定狭心症、心臓カテーテル治療やバイパス手術の既往があり、
1年以上スタチンによる治療を継続している、
トータル31619名の患者さんで、
LDLコレステロール値は、
70mg/dL以下の低値群と、
70.1から100.0mg/dLの中間値群、
そして100.1mg/dLから130.0mg/dLの高値群に、
分類して比較検証しています。
130mg/dLを越える数値の患者さんは除外されています。

その結果、
平均で1.6年間の経過観察において、
心筋梗塞、脳卒中、不安定狭心症、カテーテル治療やバイパス手術、
そして総死亡を併せたリスクは、
70.1から100.0mg/dLの中間群が最小で、
それよりLDLコレステロールが高値では明らかに増加しますが、
70より低くすることのメリットは確認されませんでした。

つまり、今回の結果からは、
心筋梗塞などの再発予防のLDLコレステロールの目標値は、
70から100mg/dLの範囲が適切だ、
ということになります。

こうしたデータはこれまでにあまり類のないものです。
少なくとも心筋梗塞の再発予防においては、
LDLコレステロールは低ければ低いほど予防効果が高い、
という考えが一般的に信じられていて、
そうしたデータが多く発表されて来たからです。

この問題はまだ未解決なので、
今回のデータのみで、
LDLコレステロールの適正値が70から100とは言い切れませんが、
この問題はまだまだ解決までには紆余曲折がありそうです。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。