So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「クリーピー 偽りの隣人」 [映画]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は土曜日で、
午前中は石田医師が外来を担当し、
午後は石原が担当する予定です。

今日は土曜日なので趣味の話題です。

今日はこちら。
クリーピー.jpg
大好きな黒沢清監督の新作が公開されたので、
これは絶対観なければと、
押取刀で映画館に駆け付けました。

これはかつてのサイコスリラーの傑作として、
世評も高かった「CURE キュア」に、
非常に近い味わいの作品で、
黒沢監督の昔からのファンとしては、
とても懐かしい感じのする1本です。

予告編や宣伝の映像は、
それが監督自身の意図であるかはともかくとして、
間違いなく意図的に、
やや軽妙な感じで画面も明るいタッチになっているのですが、
実際には同じ場面でも、
本編はもっとダークで、
全編がどす黒い緊張感に満ちています。
笑いや軽妙さの要素は微塵もありません。

これは黒沢監督独特のタッチの世界で、
随所に監督一流のこだわりが満載されています。
そのため、決して観やすい映画とは言えないのですが、
監督の映画がお好きな方は、
「これこそ黒沢映画だ!」
という感想を持たれると思いますし、
黒沢監督の映画が初めてという方は、
なるべく体調の良い時に、
是非神経を研ぎ澄ませて、
シネマスコープの画面の隅々まで、
何も見逃さないという気合を持って、
疲れると思いますが鑑賞して頂きたいと思います。
その苦労は多分報われます。

この作品には原作がありますが、
映画は原作と同じ場面は幾つかありながら、
基本的には全くの別物と考えて頂いて良いので、
映画と原作とどちらを先に経験しても、
特に問題はありません。
原作の「意外性」の部分は、
映画ではカットされています。
ただ、どちらかと言えば、
原作を先に読むことをお勧めします。
それで映画が退屈になることは全くありません。

以下、ネタバレを含む感想です。

西島秀俊演じる主人公は、
サイコパスの心理分析にのめり込み過ぎて、
犠牲者を出したため警察を辞めた元警察官で、
転職して大学の先生になるのですが、
そこで再び隣人としてのサイコパスに遭遇する、
という話で、
少しニュアンスの違う部分はありますが、
かつての「CURE キュア」や「カリスマ」で、
役所広司さんが演じた刑事を、
彷彿とさせるものがあります。

主人公は竹内結子さん扮する妻と、
寂れた郊外の町に引っ越して来るのですが、
夫婦の関係は最初から微妙な緊張状態にあり、
そこに香川照之が演じる謎の隣人が、
不気味な影のように覆いかぶさります。

原作は同題のミステリー小説ですが、
主人公の周辺の複数の事件が、
最初は関連性がないように思われるのに、
次第により合わさって行く感じに妙味があり、
構造が判明した後半は、
犯人が何処に消えたのか、
という謎で興味をつなぎ、
如何にもミステリーという解決編に繋がります。

それをこの映画では、
ミステリー的な仕掛けの部分をバッサリと切って、
概ね原作の前半部分のみで作品を構成しています。

映画を観る前には、
本当にそんな単純化をして大丈夫なのか、
と危惧を感じたのですが、
実際に観てみると、
原作の設定は一種の導入に過ぎず、
後半は黒沢監督が信奉するホラー映画、
モンスター映画の世界が、
以前より深化した形で展開されることになります。

黒沢監督がトビー・フーパーの
「悪魔のいけにえ」が大好きであることは、
広く知られていますが、
今回の作品ではおそらく最も直接的に、
このホラーの名作が形を変えて引用されています。

隣人としての「殺人家族」は、
フーパー映画の殺人鬼一家の再現で、
殺人機械が作動する地下室への入り口は、
「悪魔のいけにえ」の屠殺部屋への入り口の鉄扉の再現です。
若い刑事がそこに紛れ込むカットは、
「悪魔のいけにえ」とほぼ同一の間合いで描かれ、
同じ鉄の扉がガラガラと開いた時点で、
監督の意図したものが何であるかが明瞭に伝わるのです。

ご丁寧にその後では、
原典にある風車が回転するというカットまであります。

殺人一家が西島夫婦を連れ、
新たな居場所を目指してバンで移動するカットは、
そのまま撮れるのにわざわざスクリーンプロセスを用いていて、
これも「悪魔のいけにえ」のオープニングの車の場面を、
彷彿させるように撮られています。

この映画は最近多く発生している、
監禁した人間を支配し、
支配した人間同士で殺し合いを演じさせる、
という悪夢のような事件をモチーフにしています。

原作ではただの被害者にしか過ぎない、
女子高生や主人公の妻を、
支配を受けた環境では、
平気で他人を虐待し殺害する人格として描いていて、
支配されて言いなりになっていた女子高生が、
犯人が殺された瞬間に、
喜々として犬と共に姿を消す場面は、
おそらくこの映画で最も戦慄的な瞬間です。

1カットで事件を起こす、
というのが、以前からの黒沢監督のこだわりですが、
最後の主人公による射殺場面を含めて、
随所にそのこだわりは活かされ、
一瞬も息の抜けない、
緊張感の高い画面構成が持続します。

映像手法は基本的にはこれまでの監督の引き出しから、
出された感じのものが多いのですが、
完成度は高く完成形としての見応えがたっぷりです。
中ではドローンで住宅地の地表から、
俯瞰に至る1カットのカメラワークは、
「新作」でした。

印象的なのはラストの竹内結子さんの慟哭で、
これは監督の発言によれば、
竹内さんの発案のアドリブに近い芝居ということですが、
黒沢監督のこれまでの映画の中でも、
最も深い感銘を観客に与える場面に昇華していたと思います。

アドリブの筈ですが、
その構図はフーパーの「スペースバンパイア」や、
バーヴァの「白い肌に狂う鞭」でお馴染みの、
串刺しのポーズと同じになっているのが、
黒沢映画のファンとしては、
監督の深い狙いを感じました。

いずれにしても、
黒沢監督の神髄が感じられるこだわりの1本で、
観る方によっては退屈に感じられるかも知れませんが、
あまり類例のない映画体験となることは、
間違いがないと思います。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。