So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

糖尿病治療薬による心不全入院リスク(2016年FDAの報告) [医療のトピック]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は金曜日でクリニックは休診ですが、
老人ホームの診療などには廻る予定です。

それでは今日の話題です。

今日はこちら。
DPP4阻害剤の心不全リスク2016.jpg
今月のAnnals of Internal Medicine誌に掲載された、
糖尿病の治療薬による、
心不全とその増悪のリスクについての論文です。

この問題はこれまでにも何度も記事にしています。

DPP-4阻害剤というのは、
インクレチン関連薬というタイプの、
経口糖尿病治療薬で、
シタグリプチン(ジャヌビア、グラクティブ)、
ビルダグリプチン(エクア)、
アログリプチン(ネシーナ)、
リナグリプチン(トラゼンタ)、
サキサグリプチン(オングリザ)、
テネリグリプチン(テネリア)、
アナグリプチン(スイニー)
などがそれに当たります。

このタイプの薬は、
海外では第一選択薬のメトホルミンに次ぐ、
第2選択薬の1つという位置付けです。
血糖降下作用自体はマイルドなのですが、
低血糖を起こしにくく、
使い易いことが利点です。
そのため、
日本ではより広く使用がされていて、
第一選択薬と言っても良いような、
使用のされ方をしています。

このことを、
口汚く罵るような医師の方もいらっしゃるのですが、
日本人では肥満の2型糖尿病は欧米ほど多くないので、
個人的には誤りとは言い切れないと思います。
ただ、医療コスト的な面では、
問題ではあるかも知れません。

その一方で、
膵炎や膵臓癌のリスクを増加させるのではないか、
という報告と、
心不全のリスクを増加させるのではないか、
という報告とがあり、
その安全性について、
疑義が寄せられるようにもなっています。

2013年のNew England…誌に掲載された、
SAVOR-TIMIという大規模臨床試験の結果では、
DPP-4阻害剤のサキサグリプチンの使用により、
心不全による入院のリスクが、
1.27倍有意に増加していました。
その後行われたアログリプチンとシタグリプチンについての、
同様の診療試験では、
心不全による入院リスクの増加は認められませんでした。
つまり、DPP-4阻害剤に、
心不全を悪化させるような作用があるかどうかについては、
現時点で明確な結論が得られていません。

その後2016年2月のBritish Medical Journal誌と、
同年4月のthe New England Journal of Medicine誌に、
いずれも大規模な疫学データを、
まとめて解析した論文が掲載されました。

そのいずれにおいても、
DPP4阻害剤の使用と心不全による入院のリスクとの間には、
明確な関連は認められなかった、
という結果になっています。

今回の研究はアメリカのFDAが、
同様の趣旨でのデータのとりまとめをしたもので、
健康保険のデータをまとめて解析することにより、
主にDPP4阻害剤のシタグリプチンとサキサグリプチンの、
心不全による入院のリスクとの関連を検証しています。

ポイントは、
18歳以上の2型糖尿病の患者さんで、
初期治療としてシタグリプチンとサキサグリプチンが使用された場合と、
同じく初期治療として、
第2世代のSU剤や持続型のインスリン製剤、
チアゾリジン系のピオグリタゾン(アクトス)が使用された場合とを、
直接比較しているということです。

2型糖尿病自体が心不全のリスクは高く、
他の糖尿病治療薬も、
心臓へのリスクは指摘されているので、
それとDPP4阻害剤のリスクを比較しているのです。

その結果…

サキサグリプチン使用群は78553例で、
シタグリプチン使用群は298124例が、
他剤と比較して解析され、
平均で7から9か月の観察期間において、
DPP4阻害剤の心不全による入院のリスクは、
他の治療と比較して高いものではなく、
むしろ持続型のインスリン、ピオグリタゾン、SU剤の方が、
そうしたリスクは高いという結果が得られました。

観察期間が短いという点に問題がありますが、
少なくとも1年未満という短期間においては、
心不全悪化のリスクは、
DPP4阻害剤より、
ピオグリタゾンやインスリン、
SU剤の方が高い可能性が高い、
というように考えて大きな問題はなさそうです。

これは裏を返せば多くの糖尿病治療薬が、
血糖値は低下しても心不全増悪のリスクは、
高くなる可能性が高い、
ということを意味していて、
糖尿病治療というものも、
癌検診などと同じように、
その病気による死亡をどれだけ減らしたか、
というような観点で再検証される必要があるように思います。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。