So-net無料ブログ作成

食事と2型糖尿病リスクとの関係(2019年のアンブレラレビュー) [医療のトピック]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は水曜日なので診療は午前中で終わり、
午後は別件の仕事で都内を廻る予定です。

それでは今日の話題です。
今日はこちら。
2型糖尿病と食事の関連.jpg
2019年のBritish Medical Journal誌に掲載された、
2型糖尿病を予防する食事についての論文です。

2型糖尿病の発症に、
食事などの環境要因が大きく影響していることは、
間違いのない事実です。

ただ、それではどのような食事を摂れば、
最も糖尿病になりにくいのか、
という点については、
多くの臨床データや疫学データはあるものの、
互いに相反するような結果も多く、
データの信頼度も玉石混交で、
あまりクリアな結論が出ているとは言えません。

そこで今回の研究では、
これまでの臨床データや疫学データを、
まとめて解析したメタ解析の複数の論文を、
更にまとめて解析する、
アンブレラレビューと呼ばれる手法により、
これまでの「集合知」としてこの問題を検証しています。

これまでのデータをまとめて解析した結果として、
精製していない全粒穀物の摂取は、
1日の摂取量を30グラム増やすことで、
2型糖尿病の発症リスクを13%(95%CI: 0.82から0.93)、
穀類(シリアル)由来の食物繊維の摂取は、
1日の摂取量を10グラム増やすことで、
2型糖尿病の発症リスクを25%(95%CI:0.65から0.86)、
それぞれ有意に低下させていました。

つまり、全粒穀物を多く摂ることで、
2型糖尿病のリスクを下げることが出来る、という結果です。

また、1日12から24グラムのアルコールの摂取は、
2型糖尿病の発症リスクを25%(95%CI:0.67から0.83)、
これも有意に低下させていました。

つまり、ちょっと議論を呼ぶところですが、
1日1合程度のアルコールは、
糖尿病の予防になるという結果です。

一方で糖尿病のリスクを増加させる食品としては、
赤身肉を1日100グラム摂取することで17%(95%CI:1.08から1.26)、
加工肉を1日50グラム摂取することで37%(95%CI:1.22から1.54)、
ベーコン2枚で107%(95%CI:1.40から3.05)、
砂糖加糖飲料1本で26%(95%CI:1.11から1.43)、
それぞれ2型糖尿病の発症リスクを有意に増加させていました。

このように、
ベーコンやソーセージなどの加工肉が、
糖尿病のリスクとしてかなり大きい、
ということはほぼ間違いがなさそうで、
現状の予防策としては、
白いパンや白米よりも、
玄米や全粒粉のパンを食べ、
加工肉は極力避け、
赤身肉の摂り過ぎにも気を付ける、
というくらいが、
現状は科学的根拠のある糖尿病予防のための食事、
と言って良いようです。
アルコールは1日1合程度はむしろ悪くない、
というデータが多いのですが、
他の病気のリスクは上げる可能性もありますから、
ケースバイケースで考える必要がありそうです。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(6)  コメント(1) 

nice! 6

コメント 1

モカ

石原先生こんにちは。
いつも興味深い論文のご紹介ありがとうございます。

「精製していない全粒穀物」や「シリアル由来の食物繊維」(以下「それら」)の摂取によって2型糖尿病の発症リスクが低下したのは、精製した炭水化物を減らしてそれらに置き変えたということなのでしょうか?
それともそれら自体に2型糖尿病の発症抑制効果があるのでしょうか?

また、加工肉が動脈硬化やガンのリスクファクターだとは聞いていましたが、2型糖尿病の発症リスクとは初めて知りました。
その機序については論文で言及していたのでしょうか?

是非よろしくお願いいたします。
by モカ (2019-07-31 09:14) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。