So-net無料ブログ作成

蓬莱竜太「まほろば」(2019年日澤雄介演出版) [演劇]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は祝日でクリニックは休診です。

休みの日は趣味の話題です。
今日はこちら。
まほろば.jpg
蓬莱竜太さんの岸田戯曲賞受賞作が、
劇団チョコレートケーキの日澤雄介さんの演出で、
装いも新たに再演されました。

僕はこの作品は初演は観ていないので、
生で観るのは今回が初めてです。

九州の田舎町を舞台に、
祭りの日に普段は離れて暮らす女性達が実家に集まり、
祭りで男達が外に出ている間に、
女達だけで色々な遣り取りをしています。
そこでお互いに秘めていた思いが明らかになり、
祭り囃子と共に女同士の連帯が生まれることになるのです。

女性キャストのみで、
舞台も旧家の座敷に固定された、
叙情豊かな家族劇で、
まとまりの良い悪くないお芝居でした。

こういう芝居はでも、
井上ひさしさんのお芝居の、
ややパターン化した再生産という趣があって、
保守的で目新しさはありません。

時代が感じられるようなディテールはあまりなく、
反面普遍的なキャラクターの形成に、
成功しているという感じもあまりありませんでした。

ラストは役者さん達が正面を向いて、
祭りの神輿が通るのを見送るのですが、
実際に神輿が登場する訳ではなく、
音効と役者の視線でそうと感じさせるだけです。
こういうありがちな演出が、
僕は正直あまり好きではありません。

ありきたりで下らなくないですか?

それと生理が止まったので、
早期の閉経と思った女性が、
実は妊娠していた、という話があるのですが、
これはちょっとありそうにない話だと思います。
閉経は女性ホルモンが低下することで起こり、
妊娠は増加することで起こるので、
実感として全く違う現象であるからです。

そんな訳で良質なお芝居とは感じましたが、
個人的にはあまり乗れませんでした。

それでは今日はこのくらいで。

皆さんも良い休日をお過ごし下さい。

石原がお送りしました。

nice!(5)  コメント(0) 

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。