So-net無料ブログ作成

運動不足と認知症との関連について [医療のトピック]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は金曜日でクリニックは休診ですが、
老人ホームの診療などには廻る予定です。

それでは今日の話題です。
今日はこちら。
運動不足と認知症.jpg
2019年のBritish Medical Journal誌に掲載された、
運動不足と認知症との関連についてのメタ解析の論文です。

認知症のリスクとしては、
高血圧や糖尿病、喫煙や中年期の肥満、
認知症の家族歴などが知られていますが、
運動不足と認知症との関連については、
まだ明確な結論が出ていません。

運動特に有酸素運動には、
認知機能の低下を抑えるような効果がある、
とする報告がありますが、
運動習慣が認知症の予防になるか、という点については、
精度の高い介入研究では証明はされていません。

今回の研究は、
これまでの主だった観察研究のデータを、
まとめて解析したメタ解析ですが、
40万人以上の対象者のデータをまとめて解析した結果として、
運動不足は糖尿病や虚血性心疾患、脳卒中のリスクとはなったものの、
認知症単独のリスクとは認められませんでした。

これまでの観察研究においては、
運動不足と認知症との間に、
関連があるとするデータも複数あるのですが、
実際には認知症になったために、
運動習慣がなくなったという現象を見ていた可能性が高く、
運動不足により認知症が発症した、
という関連性は薄い、というのが実際であるようです。

このように、
運動習慣は確かに多くの病気の予防になることは事実ですが、
認知症単独で考えると、
身体を動かした方が認知症にならない、
という言い方は正確とは言えない可能性が高そうです。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(7)  コメント(0) 

nice! 7

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。