So-net無料ブログ作成

根本宗子「クラッシャー女中」 [演劇]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は日曜日でクリニックは休診です。

休みの日は趣味の話題です。
今日はこちら。
クラッシャー女中.jpg
根本宗子さんが作・演出を務めるプロデュース公演で、
今をときめく中村倫也さんなど豪華なキャストが集結した、
先日終了した話題の公演に足を運びました。

中村倫也さんは大好きで、
根本宗子さんの描くナルシストで屈折した男役には、
ベストフィットするという感じがありますし、
相手役は麻生久美子さんと趣里さんですから、
これはもう期待しない方が無理という公演です。

そんな訳でワクワクドキドキしながら劇場に足を運びました。

ところが…

巻頭、根本さんと趣里さんと田村健太郎さんが、
アドリブめいたやり取りをダラダラ続け、
始まったと思うと、今度は子ども時代の話になって、
みんなで小学生を演じるという、
コントともおふざけとも言えない場面が続くので、
おもちゃ箱のようなセットや衣装のビジュアルとも相まって、
どうも元気の出る感じになりません。

内容は確かにいつも通りなのです。
子どもの時のトラウマで屈折した主人公が、
感情をぶつけ合う格闘の中で、
そこから解放されるという物語です。

ただ、藝術家の資産家のお屋敷という設定自体が、
リアルな愛憎の物語の舞台としては、
あまり非現実的で、
かと言ってアニメのように、
普通にメイドや女中がいるお屋敷という非現実を、
そのまま楽しもうという感じにもなっていません。
演出自体も楽屋落ち的なものがあるかと思うと、
中途半端なミュージカルシーンがあったりと、
行き当たりばったりで一貫性がありません。

何よりも、
今最もブレイクしている男優さんと言って良い中村倫也さんと、
最も油が乗っている女優さんの1人と言って良い麻生久美子さんの持ち味が、
そのヘンテコリンな衣装を含めて、
まるで出ていないという残念さには、
これはもう大きな落胆を感じざるを得ませんでした。

期待が大きかっただけに、
最近では最も失望し裏切られ暗い気分になった舞台でした。

何て勿体ないことを!!

それでは今日はこのくらいで。

皆さんも良い休日をお過ごし下さい。

石原がお送りしました。
nice!(5)  コメント(0) 

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。