So-net無料ブログ作成

抗酸化サプリメントの認知機能への影響 [医療のトピック]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は午前午後ともいつも通りの診療になります。

それでは今日の話題です。
今日はこちら。
サプリメントの認知症予防効果.jpg
2015年のJAMA誌に掲載された、
ω3系脂肪酸やカロテノイドの、
認知機能に対する影響を検証した論文です。

認知症の予防に関しては、
現状画期的な方法がある訳ではありません。

ただ、観察研究においては、
EPAやDHAのω3系脂肪酸や、
抗酸化作用を持つカロテノイドと呼ばれる自然由来の色素が、
認知症の発症リスクの低下に、
一定の有効性があることを示唆するデータが発表されています。

こうした成分をサプリメントとして摂ることで、
認知症を予防することが出来るのでしょうか?

今回の研究では、
加齢黄斑変性という目の病気に対する、
抗酸化サプリメントの効果を検証した、
大規模臨床試験のデータを活用して、
ω3系脂肪酸と、
ルテインとゼアキサンチンという、
抗酸化作用を持つカロテノイドの、
認知機能に対する効果を検証しています。

アメリカにおいて上記試験に参加した、
3741名の認知機能を経時的に測定した結果として、
ω3系脂肪酸とルテイン・ゼアキサンチンのサプリメントは、
非使用群と比較して、
認知機能の低下に明確な影響を与えませんでした。

こうした成分を適切に補充することは、
加齢黄斑変性を含め多くの病気の予防に、
一定の有効性が認められているので、
サプリメントとしての有効性が全て否定された、
という訳ではありませんが、
認知症の予防という観点においては、
過度な期待を持つことは禁物と考えた方が良いようです。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(7)  コメント(0) 

nice! 7

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。