So-net無料ブログ作成

「グリーンブック」 [映画]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は土曜日で午前中は石田医師が外来を担当し、
午後2時以降は石原が外来を担当する予定です。

土曜日は趣味の話題です。
今日はこちら。
グリーンブック.jpg
今年のアカデミー作品賞に輝いた、
「グリーンブック」を観て来ました。

これはとてもいいですよ。
アカデミー賞受賞作としても、
個人的にはとても好きな映画です。
映画ファンでしたら見逃してはいけない、
というレベルです。

1962年を舞台として、
黒人の天才ピアニストと、
その運転手兼用心棒(?)として雇われた、
イタリア系移民の気の好い荒くれ男が、
人種差別が強い南部の演奏旅行に出掛けるという、
ロードムービーです。

要するに「ドライビング・ミス・デイジー」の入れ替え版で、
また人種差別の社会派映画か、
そんなものを日本で観てもなあ、
という気分に予告編などを見ると思うのですが、
実際に観てみると、
人種差別の問題は描かれてはいるものの、
もっと複雑かつ普遍的な人間ドラマになっていて、
とても綺麗なハッピーエンドに帰着するので、
ほっこりとした気分で映画館を後にすることが出来ました。

天才ピアニストのキャラクターが、
非常に複雑で面白いんですよね。
それが一番の成功のポイントであったような気がします。
非常にリアルで深みのある人間ドラマが展開されますが、
それでいて運転手が妻に送る手紙のくだりなど、
かなりベタな設定もあって、
その辺りのバランスが絶妙と思いました。

1962年という時代設定がとても見事に再現されていて、
キャメラも美しく演出も洗練されています。
とても綺麗な映画です。
それでいて「古き良きアメリカ」という、
懐古的なものではなく、
しっかり今の映画にもなっている、
という辺りに感心しました。

理想的な家族の姿がイタリアの移民の大家族、
という辺りにちょっと皮肉なものも感じます。

キャストはメインの2人がいずれも素晴らしく、
複雑な感情表現を見事に表現していました。

そんな訳で今「良い映画」を観たいと思われる向きには、
是非お薦めしたい1本だと思います。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(7)  コメント(2) 

nice! 7

コメント 2

カミツレ

石原先生こんにちは。先日久しぶりに映画を観に行きましたが、迷ったすえにこちらはスルーして『ROMA/ローマ』を観ました。素晴らしい映画だったので観ておいてよかったです。でも先生の感想を読んで『グリーンブック』も観なければと思い直しました。ヴィゴ・モーテンセンは『はじまりへの旅』もよかったし、作品に恵まれていますね。また素敵な映画の紹介をよろしくお願いします。
by カミツレ (2019-03-16 16:58) 

fujiki

カミツレさんへ
コメントありがとうございます。
「はじまりへの旅」はとても良かったですね。
僕も大好きです。
by fujiki (2019-03-17 09:12) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。