So-net無料ブログ作成

「七つの会議」(2019年映画版) [映画]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は土曜日で午前午後とも石原が外来を担当する予定です。

それでは今日の話題です。
今日はこちら。
7つの会議.jpg
池井戸潤さんの連作短編形式の「七つの会議」が、
映画化されて今ロードショー公開されています。

これは「半沢直樹」や「下町ロケット」のテレビドラマをヒットさせた、
福澤克維監督がメガホンを取ったもので、
日曜劇場の池井戸潤作品の映画版、といった趣のある作品です。

「半沢直樹」のドラマと同時期に、
この作品はNHKで短期の連続ドラマ化をされていますが、
こちらも内容的にはなかなか高評価であったものの、
「半沢直樹」ほどの話題にはなりませんでした。

元々が連作短編による群像劇で、
各話によって主人公が違うという作品なので、
そのままでは映像化しにくく、
NHKドラマの時には脇役の扱いであって、
変わり者で出世競争から外れた一匹狼の社員の八角を、
この映画版では主役級に据えて、
野村萬斎さんに外連味たっぷりに演じさせています。

ツボを押さえた作劇なので、
原作に1本筋が通った感じで映画としては見やすくなり、
キャストも端役にもスターを配した豪華絢爛なもので、
日曜劇場の特別版と言った雰囲気で、
ドラマの好きだった方なら、
まずは楽しめる作品に仕上がっています。

複雑な原作を2時間を切る時間にまとめた点を含めて、
脚色と演出の勝利という感じがします。

ただ、弱い立場の者が逆転する、
というような痛快さがこの作品にはなく、
大企業の中のいざこざに終始しているので、
「半沢直樹」のような爽快感はそもそもありません。

その代わりにラストに萬斎さんによる「お説教」を付けているのですが、
これは蛇足であったように思いますし、
せっかくそれまで渋い仕上がりであったのに、
一気に醒めたような気分にはなりました。
ただ、これは僕の個人的な感想で、
見る人によってはこのお説教が良い、
ということもあるかも知れません。

キャストの中では、
徹底したゲス男を演じた藤森慎吾さんが楽しく、
演技者としての頭角を現した、
と言って良い好演でした。
萬斎さんのオーバーアクトは、
好みの分かれるところだと思います。

そこそこのお薦めです。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(6)  コメント(0) 

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。