So-net無料ブログ作成

レビー小体型認知症とアルツハイマー型認知症の予後比較 [医療のトピック]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は金曜日でクリニックは休診ですが、
老人ホームの診療などには廻る予定です。

それでは今日の話題です。
今日はこちら。
レビーとアルツハイマーの予後比較.jpg
2019年のAgeing Research Reviews誌に掲載された、
認知症のタイプによる予後を比較した論文です。

認知症の中で最も多いのは、
国内外を問わずアルツハイマー型認知症ですが、
特徴的な幻視やパーキンソン症状などを特徴とし、
脳の組織においてレビー小体という特徴的な所見のある、
レビ-小体型認知症は、
アルツハイマー型認知症に次ぐ診断頻度を持っています。

このレビー小体型認知症の生命予後が、
アルツハイマー型認知症より悪いのではないか、
という見解は以前よりあり、
それを示唆する疫学データも発表されていますが、
否定的な結果も報告されていて、
一定の結論には至っていません。

レビー小体型認知症の確定診断は、
患者さんの死後に脳を解剖しないといけないので、
多数例のデータは得られにくいですし、
臨床症状からの診断も、
適切に行われれば一定の信頼性はあるものですが、
診断基準が変化しているなどの事情もあって、
複数のデータを比較しにくいという欠点があります。

今回のデータは、
これまでの主だった臨床データをまとめて解析することにより、
この問題の現時点での検証を行ったものです。

これまでの11の臨床研究の、
トータル22952名の認知症患者のデータをまとめて解析したところ、
そのうちの20923名はアルツハイマー型認知症で、
2029名はレビー小体型認知症でした。
これはレビー小体型認知症については、
臨床診断によるものです。

両者の予後を比較したところ、
その診断後アルツハイマー型認知症の患者は、
平均で5.66年(SD±5.32)で死亡したのに対して、
レビー小体型認知症では、
診断後平均で4.11年(SD±4.10)で死亡していました。
死亡リスクはアルツハイマー型認知症と比較して、
レビー小体型認知症では1.35倍(95%CI: 1.17から1.55)有意に増加していました。

前述のように、
レビー小体型認知症の診断はばらつきのあるものなので、
今回の結果のみでレビー小体型認知症の生命予後が、
アルツハイマー型認知症より低いと、
断じることは危険ですし、
これはあくまで過去の治療水準によるものですが、
仮に両者に差があるとすれば、
それは病態の差によるものなのか、
それとも環境要因や治療の差によるものなのか、
今後より詳細な検証を行うことにより、
両者の予後の改善に、
結び付くことを期待したいと思います。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(9)  コメント(1) 

nice! 9

コメント 1

ちょんまげ侍金四郎

レビー小体型を最初知らなかったので、てっきり母親が霊能力者(一般人に見えないものが見える)になったのかと真剣に思いました。
ただ譫妄がいつもあるわけではなく、正常である時は全く健常者と変わりがなかったのが今思えば不思議です。
by ちょんまげ侍金四郎 (2019-02-23 19:47) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。