So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ω3系脂肪酸と健康長寿との関係について [医療のトピック]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は午前午後ともいつも通りの診療になります。

それでは今日の話題です。
今日はこちら。
ω3脂肪酸と高齢者の健康.jpg
2018年のBritish Medical Journal誌に掲載された、
ω3系脂肪酸の血液濃度と健康長寿との関連についての論文です。

動物性の油よりも、
植物性の油の方が健康に良い、
というのはしばしば言われて来たことです。

飽和脂肪酸よりも不飽和脂肪酸が健康に良い、
というような言い方も、
しばしばされてきました。

テレビなどの健康情報では、
サバやサンマに含まれる脂肪酸が、
ダイエットに良いという話題も盛り上がっているようです。

脂肪酸というのは、身体の中の油の総称で、
タンパク質のように窒素は含まず、
炭素と水素、酸素だけからなる、
シンプルな構造物です。
リン脂質や糖脂質、コレステロールやステロイドのような、
脂肪酸から由来する物質も多く、
この中には窒素を含むものもあります。

その大元である脂肪酸は、
二重結合のない飽和脂肪酸と、
二重結合のある不飽和脂肪酸に分かれます。

原子は他と繋がる手を、
決まった数だけ持っていて、
その手がそれぞれ別のものと繋がっているのが、
飽和で、2つの手が同じものと繋がっているのが、
不飽和ということになります。

分子量の大きい「不飽和脂肪酸」は、
その二重結合の位置が端から3番目のものと、
6番目のものとに分かれます。
3番目のものをn-3脂肪酸とか、ω-3系多価不飽和脂肪酸、
などと呼び、
EPAやDHA、α-リノレン酸などはその代表です。
一方で6番目のものの代表は、
リノール酸やアラキドン酸で、
これをおなじように、
n-6脂肪酸やω-6系多価不飽和脂肪酸、
などと呼んでいます。

動物性の脂肪の多くは、
飽和脂肪酸です。
ラードやバターなどはその代表です。

魚や植物油を多く摂るような生活習慣により、
心血管疾患のリスクが減少する、
というような疫学データは多くあり、
その原因として注目されているのがω3系脂肪酸です。

これは具体的には、
主にサバやサンマなどの青身魚の脂に含まれる、
EPA(エイコサペンタエン酸)、DPA(ドコサペンタエン酸)、
DHA(ドコサヘキサエン酸)、
そしてエゴマやアブラナ、ダイズなどの油に含まれる、
植物性油脂のαリノレン酸です。

今回の研究は、
最近のキーワードの1つである健康長寿
(この場合は慢性疾患や認知症、身体が不自由にならずに長生きする、
という意味です)
に対するω3系脂肪酸の血液濃度との関連を検証したもので、
摂取量ではなく血液濃度を検証しているところがポイントです。

アメリカにおける心血管疾患にかかわる疫学データを活用して、
平均年齢74.4歳の2622名の健康長寿である高齢者を観察し、
その血液中のω3系脂肪酸の血液濃度と、
その予後との関連を検証しています。

その結果、
実際には多くの高齢者が、
経過の中で健康長寿ではなくなる訳ですが、
ω3系脂肪酸濃度が高いことは、
健康長寿からの転落を有意に予防していました。
個別の脂肪酸で見ると、
健康長寿の維持に有効であったのは、
EPAとDHAのみでした。

このように血液濃度においてEPAやDHAが高いことが、
健康長寿の1つの因子であることを示唆する所見が得られたことは、
サバやサンマなどの健康信仰を、
より補強するものとは言えそうです。
ただ、サプリメントを使用するような介入試験においては、
このようなクリアな結果は得られていませんから、
EPAやDHAのサプリメントを摂ることが健康に良い、
とは必ずしも言えない、ということも、
同時に確認しておく必要があると思います。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(7)  コメント(0) 

nice! 7

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。