So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

カンニング竹山単独ライブ「放送禁止2018」 [身辺雑記]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は祝日でクリニックは休診です。

休みの日は趣味の話題です。
今日はこちら。
カンニング放送禁止2018.jpg
もう1ヶ月ほど前になりますが、
毎年恒例のカンニング竹山さんの単独ライブに足を運びました。

このライブは6年くらい前からは、
気に入って毎年足を運んでいます。

このライブは鈴木おさむさんが構成をしていて、
いつも一ひねりあるんですね。
最初に見たのが結構完成度の高い回で、
行き当たりばったりに話を広げているように見えて、
最初から随所に伏線が引かれ、
それが最後に収斂して、
意外なクライマックスに結び付くのです。
その良く出来たミステリーのような舞台に、
なるほど、たった1人のトーク・ライブを、
こうして構造化することが可能なのだ、
と感銘を受けたのです。

当時のそこまでビッグではないけれど、
芸能界の一角にはしっかりと踏みとどまっている、
でもそれほどしがらみはないので、
言いたいこともまだ言えるし、
一般の人との距離も、
それほど開いていない、
という感じの竹山さんの立ち位置が、
またとても良い感じではあったのです。

ただ、ここ数年の内容は、
正直付け焼き刃的なものが多くて、
以前であれば1年がかりで準備をして、
という感じであったのに、
最近のものはちょこちょこ取材しただけ、
というようなものが多くて、
お忙しいので仕方がないのかな、
と思うものの、
少しガッカリすることが多かったのが、
正直な感想です。

特に今回は、
実際に準備されたアクションが、
3日だけの張り込みというもので、
それから1つのインタビューのみから構成されていたので、
それは幾ら何でも手抜きではないかしら、
と感じてしまったのと、
インタービューも敵対するべき相手に、
簡単に丸め込まれているような感じがあったので、
個人的には「それはないだろう」
という気分になってしまいました。

この落胆というのは、
おそらくは竹山さんがそれだけ以前よりビッグになり、
ステイタスが上がっていることの証明なのだと思います。

だから、竹山さんにとっては良いことなので、
1人のファンとしては素直に、
「良かったですね」と言うべきなのだと思います。

こうしたことは以前にも何度かあって、
中学生から高校生くらいまで、
タモリのオールナイトニッポンが大好きで、
毎回テープに録音して何度も聴いていたのですが、
ある時から「素晴らしい人に会った、感激した」
みたいな普段は毒舌ばかりなのに、
社会的にステイタスのある人に対して、
素直に感激して崇拝する、みたいな感じの話が多くなって、
それから今度は自分の自慢というのか、
「俺は金はあるんだ」みたいなことを、
勿論ギャグとして言うのですが、
聞いている方はそうは感じないので、
だんだんその自分との距離感に嫌になって、
聞くのを止めてしまったことがありました。

また、高校から大学にかけての時期は、
ビートたけしのオールナイトニッポンが大好きで、
これもつらい生活を乗り切るために、
これだけが楽しみ、という感じで心の支えであったのですが、
フライデイ事件の前くらいの時期は、
矢張り「俺は偉いんだ、お前らには見えない世界を見ているんだ」
というような感じが漂うようになって、
少し「兄さんも遠くに行ってしまったのね」
という残念さはあったのでした。

ファンにも卒業はあるものですから、
これはこれで世の常ではあるのですが、
人生に一度くらい、
そうした段階を乗り越えて、
一生のファンであるようなあり方が、
あればいいのに、とは思うのです。

でもこれは、僕の側の成長が未熟なためかも、
知れませんね。

多分来年はもう行かないと思います。

それでは今日はこのくらいで。

皆さんも良い休日をお過ごし下さい。

石原がお送りしました。

nice!(5)  コメント(0) 

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。