So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「クワイエット・プレイス」 [映画]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は土曜日で午前午後とも石原が外来を担当する予定です。

今日は土曜日なので趣味の話題です。
今日はこちら。
クワイエット・プレイス.jpg
これは1950年代頃のユニヴァーサルやAIPが連発していた、
チープで世紀末的なSFホラーの世界を、
リニューアルしたようなB級SFホラー映画で、
こうしたものが好きなので、
まずは楽しく鑑賞することが出来ました。

お話はエイリアンに侵略された近未来が舞台で、
そのエイリアンというのが目を持たず、
音にだけ反応して、
物音がすると、
たちまち襲いかかってくる、
という設定になっています。

そのために、生き残った人類は、
何も音を立てないようにしてひっそりと生活しています。

と言っても、大仕掛けな話になる訳ではなく、
両親と3人の子供の一家が、
アメリカの田舎を逃げまわるだけ、
というような最小限度のお話になっています。

設定は正直かなり穴があるんですよね。
人間以上に聴覚が発達しているエイリアンなのですが、
その割には後半は少しくらい音を立てても、
小さな音なら大丈夫という感じになっています。
本当なら、人間の立てる音なら、
微細な音でも感知する筈ですが、
仮にそうだとすると、
多分多少息を潜めたところで無駄だと思いますから、
設定自体が成立しなくなってしまうのですね。

まあでも、こうしたB級映画では、
そのくらいはお約束で、
目を瞑って楽しむのが正解なのだと思います。

設定上前半は殆ど台詞はなく、
手話と字幕でストーリーは展開されるという、
サイレント映画的な趣向がミソで、
そこに音の効果が最大限に利用される、
というのがなかなか面白いのです。

低予算でエイリアンの登場シーンも、
最小限度しかないのですが、
最近の怪物やエイリアンが最初からじゃんじゃん登場する、
という派手な作品と比較すると、
その抑制されたタッチが、
むしろ新鮮に感じられます。
そのビジュアルも、
新味はないのですが、
なかなかリアルで悪くありませんでした。

そんな訳で、
上映時間も90分と昔の映画と同じ手頃な長さですし、
こうしたチープな娯楽作が好きな向きには、
決して悪くない1本だと思いました。

お好きな方のみにお薦めです。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(6)  コメント(0) 

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。