So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

港.ロッ区.「ロックの女」 [演劇]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は日曜日でクリニックは休診です。

休みの日は趣味の話題です。
今日はこちら。
みなとのロック.jpg
鈴木砂羽さんが「自分の見たい芝居を作る」
と旗揚げしたプロデュースユニットの、
第一回公演が今赤坂レッドシアターで上演されています。
その初日に足を運びました。

今回は女子刑務所の話で、
怪人福田転球さんの作・演出、
主演は椿鬼奴さんで、
新垣里沙さん、平田敦子さん、関谷春子さん、
佐藤真弓さんなど、
小劇場の曲者や歌のしっかり歌えるキャストが、
バランス良く配置されている、
小劇場的にはなかなか豪華な布陣です。

これは要するに「監獄ロック」で、
仲の悪かった女囚仲間が、
アカペラでバンドを組んでゲリラ的に演奏する、
というようなお話です。

音楽畑のキャストが随所に配置されていて、
鬼奴さんをボーカルにして、
アカペラのロックバンドが演奏します。

ストーリーはほぼあってなきがごとしで、
音楽のパートと、
女囚同士のギャグを交えたやり取りが、
全編を支配する軽いタッチのお芝居です。

転球さんの台本は、
役者それぞれの個性を活かして、
それでいて主張はし過ぎない抑制の利いたもので、
下手に楽屋落ちやずるずるのアドリブに流れない、
お芝居のフォルムを守っているのが、
とても好印象で、
もっと奇天烈な芝居を想像していたので、
少し意外な感じもしますが、
破天荒に見えて、
実はきまじめな方なのかも知れません。

主役の鬼奴さんが芝居の間合いから外れるので、
その点が座組としてはリスキーなのですが、
転球さんは何度も同じ舞台に立っているので、
その点も心得ていて、
テンポを乱さずに進行させている点も、
演出の力量を感じました。

正直もう少しキャストの個人技的な部分や、
個人の遊びの部分もあって良いかな、
というようには感じました。
個人の見せ場がこのくらいであれば、
もう少し物語りに起伏があっても良かったと思います。

演出の転球さんと主宰の鈴木砂羽さんは、
それぞれ少し出演しますが、
慰問歌手として豪華なドレスで登場した鈴木砂羽さんは、
その存在感とオーラが圧巻で、
とてもとても素敵でした。
彼女は以前のホリケンの舞台に出た時にも思いましたが、
映像で見るより舞台では遙かにオーラと押し出しがあり、
とても魅力的でビックリします。

正直こんな感じで毎回出てくれるのなら、
それだけで観に行く値打ちはあるな、
というように思いました。

総じて物足りない部分もありましたが、
こうした企画物の小劇場音楽劇というのは、
数はあっても殆ど成功しませんから、
今回はまずまず満足の行く、
楽しい上演だと思います。

客席はやや寂しい感じでしたから、
内輪向けと思って手控えている方には、
「なかなか良いですよ」とお勧めしたいと思います。

それでは今日はこのくらいで。

皆さんも良い休日をお過ごし下さい。

石原がお送りしました。
nice!(4)  コメント(0) 

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。