So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

マームとジプシー「BEACH」 [演劇]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は日曜日でクリニックは休診です。

休みの日は趣味の話題です。
今日はこちら。
BEACH.jpg
動きや台詞の様式的な繰り返しの中に、
思春期の喪失感や死の匂いを漂わせた、
独特のスタイルが面白い演劇ユニット、
マームとジプシーが、
ドイツのシューズブランド、トリッペンとのコラボで、
原宿のイベントスペースを使い、
70分ほどの小さなお芝居を上演しています。

マームとジプシーは時々足を運んでいるという感じで、
この間の東京芸術劇場での「BOAT」は、
設定ばかり仰々しくて、
昔の意味不明の前衛演劇の劣化コピーのような、
個人的にはガッカリの作品であったのですが、
今回の作品は遙かに小品でありながら、
マームとジプシーの本来の良さがギッチリと詰まった、
素敵なお芝居でした。

トリッペンとのコラボということで、
6人のキャストはこのブランドの別々のサンダルを履いていて、
その内容も時々CMとして、
舞台奥のスクリーンに映写されます。

物語は夏のビーチでの1日の出来事で、
ある1人の女性が、
翌日にその町を去る、
というだけのさざ波のような小さなドラマが、
独特のリフレインの演出と共に、
詩情豊かに描かれます。

役者さんの息づかいも届く小空間に、
そのミニマルなドラマが心地よく、
何もない舞台に、
観客の想像力の中で砂浜の風景が浮かび、
そこに仄かに漂う、
喪失と死の匂いのようなものが、
切なく美しい叙情を紡ぐのです。

役者さんも心得た芝居で、
作者の世界を精緻に表現していました。

空間設計としては、
もっと大空間の処理にも長けたマームとジプシーですが、
その内包するミニマルな喪失感のようなものを、
的確に表現するには、
もっと小さな空間での芝居の方が完成度は高く、
現時点ではよりその本質を感じられるように思いました。

それでは今日はこのくらいで。

皆さんも良い休日をお過ごし下さい。

石原がお送りしました。
nice!(6)  コメント(0) 

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。