So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

プッチーニ「トスカ」(2018年新国立劇場レパートリー) [オペラ]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は日曜日でクリニックは休診です。
明日月曜日まで夏期の休診期間となっています。

休みの日は趣味の話題です。
今日はこちら。
トスカ2018.jpg
これももう先月になりますが、
新国立劇場のレパートリーの「トスカ」を、
聴いて来ました。

プッチーニの「トスカ」は、
上演時間も3時間弱と手頃ですし、
物語もドラマチックで分かり易くて、
テンポも早いので、
比較的初心者向けのオペラです。

音楽自体も、
もうミュージカルや映画が始まった時期とかぶる時代なので、
クラシックとは言っても、
映画音楽に近い馴染み深さがあります。
勿論実際には、
映画音楽の方がプッチーニの影響を強く受けて、
成立しているのです。

演出も時代背景とドラマが密接に結びついているので、
オーソドックスなものが多く、
安心して観ることが出来ます。

特にこの新国立劇場のプロダクションは、
あまりに保守的という感じはありますし、
ゼッフィレリ演出に似過ぎている、
という気もするのですが、
非常に豪華かつ緻密に出来ていて、
新国立劇場の演出の中でも、
最も成功したプロダクションであることは、
間違いがありません。

今回の上演は、
タイトルロールのネーグルスタットが、
期待通りの素晴らしい歌唱と演技で、
一部に物足りないところはあったものの、
これまでに聴いた多くのトスカの中でも、
最上位にランクする素敵な舞台でした。

それでは今日はこのくらいで。

皆さんも良い休日をお過ごし下さい。

石原がお送りしました。
nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。