So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「ジュラシック・ワールド 炎の王国」 [映画]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日最後の記事は映画の話題です。
それがこちら。
ジュラシックワールド.jpg
ジュラシック・パークの新シリーズで、
前作の「ジュラシック・ワールド」の正調の続編である、
「ジュラシック・ワールド 炎の王国」がロードショー公開されています。
MX4Dで観て来ました。

1993年の「ジュラシック・パーク」は、
当時はリアルなCGがまだ一般にはなかった時代で、
本当にわくわくしながら劇場に足を運びました。
Tレックスがどかどか走って来るところとか、
凄かったですよね。
ただ、映画としては前半の説明が長くで、
子供とおじいさんの交流とか、
うっとうしい感じはありました。
何かやぼったい話ですよね。

シリーズを通してそのやぼったさはまあ同じで、
その辺はマイナスなのですが、
恐竜の手を変え品を変えの出現は迫力があります。

今回の作品は前作「ジュラシック・ワールド」と、
同じキャストが多く出演する続編で、
最初は説明パートが少しまどろっこしく、
ブロントサウルスを見て「わあ、本物だ」
と言う場面など、
どうにかならなかったのか、とうんざりなのですが、
その後は島での噴火からの脱出、
後半は大邸宅での恐竜、人間入り交じり、
地下牢の怪物的なキャラも登場しての追いかけっこと、
見せ場のつるべ打ちで大変豪華で見応えはあります。

前半と後半とに同じくらいのスケールの、
それでいて肌合いの全く違う見せ場を用意し、
予告ではほぼ前半しか見せないというのが嬉しく、
エンタメ大作としては夏休みにうってつけの、
豪華な見世物映画として成立していたと思います。

MX4Dも苦情があったのか、
以前より水はあまり掛からない仕様になっていましたが、
動きの演出は悪くなくて、
ガタガタするところより、
屋敷をゆっくり俯瞰で移動するところなどの、
キャメラに連動した動きの計算がなかなかで、
なかなか臨場感を楽しむことが出来ました。

更に続編もあるようですが、
ラストに恐竜が野放しに世界に拡散されるのは、
如何なものかな、というようには思いますが、
まずは楽しめる娯楽作には仕上がっていたと思いました。

そこそこお勧めです。

それでは今日はこのくらいで。

皆さんも良い休日をお過ごし下さい。

石原がお送りしました。
nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。