So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

コーヒーと慢性腎臓病(2018年韓国の疫学データ) [医療のトピック]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は午前午後ともいつも通りの診療になります。

それでは今日の話題です。
今日はこちら。
コーヒーと慢性腎臓病.jpg
2018年のthe American Journal of Medicine誌に掲載された、
コーヒーと慢性腎臓病との関連についての、
韓国の疫学データを解析した論文です。

2012年のNew England…の疫学論文以降、
コーヒーを適度に飲むことに健康上のメリットがあり、
各種の疾患や死亡リスクを減少させるという知見は、
ほぼ確立されたという感があります。

コーヒーに含まれているカフェインは、
短期的には血圧を上昇させますが、
慢性の投与ではむしろ血圧を降下させ、
他に含まれるクロロゲン酸などの生理活性物質には、
抗酸化作用は抗炎症作用のあることが確認され、
それが心血管疾患の予防に繋がると想定されています。

慢性腎臓病は生命予後に大きな影響を与える内臓疾患で、
その成因は高血圧や動脈硬化など、
心血管疾患ともリンクする部分がありますが、
心血管疾患の予防のための戦略が、
必ずしも慢性腎臓病の予防には繋がらない、
という複雑な側面もあります。

今回の研究ではこれまであまり明確ではなかった、
コーヒーの摂取量と慢性腎臓病の予後との関連を、
韓国の住民データを活用して検証しています。

別個の疫学データから抽出した、
登録の時点で腎機能の正常な40から69歳の8717名を対象に、
コーヒーの常用量を週に0杯、週に1杯未満、週に1から6杯、
毎日1杯、毎日2杯以上の5つに分け、
慢性腎臓病の発症リスクと、
コーヒーの摂取量との関連を検証しています。

対象者のうち52.8%は毎日コーヒーを飲む習慣があり、
中間値で11.3年の経過観察期間中に、
そのうちの9.5%が慢性腎臓病を発症していました。

血圧や心血管疾患、糖尿病などの関連する因子を補正した結果として、
コーヒーを全く飲まない人と比較して、
毎日1杯飲む人は24%(95%CI: 0.63から0.92)、
毎日2杯以上飲む人は20%(95%CI: 0.65から0.98)、
慢性腎臓病の発症リスクが有意に低下していました。
推計の糸球体濾過量の低下率も、
コーヒーの常用者では低下していました。

このように、
心血管疾患のこれまでのデータと比較して、
クリアさはやや欠けるという気がしますが、
コーヒーの飲用は慢性腎臓病の発症についても、
一定の有効性があることが示されたことには意義があり、
今後また別個のデータによる検証の積み重ねを期待したいと思います。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(7)  コメント(3) 

nice! 7

コメント 3

心配性

こんにちは。
先生のブログ興味深く読ませて頂いております。
コーヒー好きの私としては、コーヒーが健康に良いという情報があると嬉しくなります。

一方で、コーヒーの発癌性を報ずるニュースについて少し気になっています。(2018年4月に、カリフォルニア州でコーヒーの販売業者に発がんリスクに関する警告を表示するよう判決を出したもの)

先生は別の記事にて、この内容について「あくまでトータルで考えるべき」と見解を示されている旨を認識していますが、現在までのところ実際に人間の発癌を促進したというエビデンスは無いと認識してよいのでしょうか?(いかなる性別や年齢においても)

また、アクリルアミドは焙煎の程度によって生ずる量に違いがあるという話も見聞きしたことがあり、最も強く深く焙煎する「イタリアンロースト」ばかり飲むと、コーヒーの持つ健康作用より発癌性の方が勝ってしまうといったことも無いのでしょうか。

心配性なものでお聞きしてしまいました。
以上、どうぞ宜しくお願いいたします。
by 心配性 (2018-07-03 20:18) 

fujiki

心配性さんへ
発癌を人間で促進したとする、
少なくとも信頼のおけるエビデンスはないと思います。
淹れ方については、
ペーパーフィルターが不純物が濾過されるのでお勧めで、
イタリアンローストやエスプレッソなどは、
やや健康への害のリスクは上がると、
考えて頂いた方が良いと思います。
ただ、大規模データでその辺りの違いは、
確認はされていません。
by fujiki (2018-07-04 07:47) 

心配性

ご教示いただき有難うございます。内容承知しました。
お忙しいところ、ありがとうございました。
by 心配性 (2018-07-04 13:08) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。