So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「さらば!あぶない刑事にヨロシク」 [演劇]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は祝日でクリニックは休診です。

休みの日は趣味の話題です。

今日はこちら。
さらばあぶない刑事.jpg
細川徹さんの作・演出で、
「あぶない刑事」のパロディを、
皆川猿時さんと荒川良々さんが演じるという、
前回好評だったパロディ舞台の続編が、
今下北沢の本多劇場で上演されています。

前作に引き続いて足を運びました。

これはなかなか洒落ていて、
これから観る方の楽しみを奪うことになるので、
詳細は伏せますが、
最初から演劇ファンには楽しい趣向が連続します。
観客参加型で客いじりも楽しいですし、
前回の爆竹はまたありますし、
それ以外にも小道具が全観客に配布されるという、
力の入れようです。

役者さんもこれはもう芸達者の皆さんが揃っているので、
登場するだけでウキウキしますし、
前作は悪役不在という感じであったのが、
今回はゲストの河原雅彦さんが、
堂々たる悪役を演じて作品を引き締めてくれます。
後半はちょっと劇団☆新感線的なタッチになります。

ただ、それでも少人数の芝居で、
ほぼ全員が警察署員を演じるということになるので、
ストーリー的に弾まないという感じは前作と共通していました。
もう少し脇役と悪役に人数を使わないと、
ダブルキャストではギャグ以外の部分は弱いと感じました。

細川さんの作劇は、
割合といつもそうした傾向があるのですが、
設定やオープニングに凝りすぎて、
中だるみや息切れが生じ、
凝った設定を活かせないままに終わる、
というようなところがあって、
今回もそうした弊害は見られるように感じました。

荒川良々さんは僕は大好きで、
特に舞台での凶暴なまでのアドリブの冴えは、
藤山寛美の再来のようにすら思っていたのですが、
最近は映像の仕事が増え、
何かかつての凶暴さが丸くなって、
そのアドリブの冴えが鈍ったように感じます。
今回も正直あまり冴えたところがなく、
その点は少し残念でした。

そんな訳で大満足とは行かなかったのですが、
芸達者の揃った楽しい舞台で、
まずまず楽しむことが出来ました。

それでは今日はこのくらいで。

皆さんも良い休日をお過ごし下さい。

石原がお送りしました。

nice!(6)  コメント(0) 

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。