So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

血液のカフェイン濃度とパーキンソン病 [医療のトピック]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

クリニックは今日まで休診です。
長いお休みを申し訳ありません。
ただ、体調は最悪で休めたという感じは、
まるでなく終わってしまったのが実際です。

それでは今日の話題です。

今日はこちら。
カフェインとパーキンソン病.jpg
今年のNeurology誌に掲載された、
血液のカフェイン濃度とパーキンソン病との関連についての論文です。

順天堂大学などの研究チームによるもので、
一般紙などにも記事になっていました。

パーキンソン病は代表的な神経難病の1つですが、
以前よりコーヒーを沢山飲む人にはこの病気が少ない、
という疫学データが、
男性とホルモン補充療法をしていない女性では、
得られています。

この男女差については、
女性ホルモンのエストロゲンとカフェインが、
同じ肝臓の酵素を共用していることに、
その一因があると考えられています。

動物実験のレベルでは、
カフェインはパーキンソン病による、
神経細胞の変成を予防するような働きがあると報告されています。
カフェインの代謝産物についても、
神経毒性を弱めるような作用があると報告されています。
ただ、これは敢くまで動物実験レベルの知見です。

臨床的にはカフェインの使用は、
アデノシン2A受容体の阻害作用により、
パーキンソン病の運動症状を改善するという複数の報告があります。

ただ、それがカフェインそのものの作用であるのか、
それとも、その代謝産物を介した作用であるのか、
といった点については、
まだ明らかにはなっていません。

今回の研究では、
パーキンソン病の患者さん108名と、
年齢をマッチさせたコントロール31名に、
血液中のカフェインとその11種類の代謝産物を測定し、
その比較を行っています。
また、カフェインの代謝酵素の活性や、
パーキンソン病の症状とカフェイン濃度との関連についても、
同時に検証を行っています。

症例は全て順天堂医院の患者さんで、
既に治療を受けています。
カフェインは小腸から吸収されると、
その95パーセントが、
肝臓の代謝酵素CYP1A2による代謝を受けます。
その代謝産物の1つが、
気管支拡張薬として使用されるテオフィリンです。
今回の研究では、
代謝酵素の活性に関わる、
SNPと呼ばれる遺伝子変異を解析することで、
その関連を調べているのです。

その結果、
カフェインとテオフィリンを含む9種類の代謝産物の血液濃度は、
パーキンソン病群において、
コントロールと比較して有意に低下していました。

血液のカフェイン濃度は、
当然コーヒーやお茶などの摂取量の、
影響を受ける訳ですが、
今回の研究では、摂取量の簡単な調査を行い、
有意差がないので関連はない、
という結論になっています。
この点についてはこれで良いのかやや疑問です。

カフェイン濃度に代謝産物の濃度を併せて指標とすると、
非常に高い感度と特異度で、
パーキンソン病の診断が可能であることが確認されました。
(ROC曲線のAUC0.98 )
これはカフェイン単独では(AUC0.78)とそれほどではない、
というところが1つのポイントです。

パーキンソン病の重症度や運動障害の有無、
代謝酵素の活性に関わる遺伝子変異の有無と、
カフェインやその代謝物濃度との間には、
有意な関連は認められませんでした。

つまり、例数はそれほど多くはなく、
単独施設で治療中の患者さんのみでの検討、
と言う点はデータとしては少し弱いのですが、
数値としてはかなり明確に差が出ていて、
パーキンソン病の患者さんにおいては、
血液のカフェインとその代謝物の濃度が、
低いという現象のあることはほぼ間違いがなさそうです。

ただ、その原因がたとえば特定の代謝酵素の活性と、
関連が明確にあって、
その遺伝子座とパーキンソン病の関連遺伝子との間にも、
関連がありそう、というようなことがあれば、
臨床にも直結するより重要な知見と言えるのですが、
今回の検証では代謝酵素の活性との関連も明らかではなく、
パーキンソン病の重症度などとも無関係で、
カフェインの摂取量との関連もないのですから、
この現象の原因も臨床的な意義も、
全く不明であるということになります。

論文の考察においては、
カフェインの小腸からの吸収に、
パーキンソン病により差があるのではないか、
という考え方が示されていますが、
仮にそうであるとすれば、
カフェインの摂取量を一定にしたり、
極端に一定期間すくなくしたり多くしたりして、
その変化を見るなど、
より吸収や代謝の差に踏み込んだ検証が、
不可欠であるように思います。

また、遺伝子の変異での差を見るには、
今回の例数は如何にも少ないので、
今後大規模な遺伝子解析のデータを活用するなどして、
そのメカニズムに踏み込んだ解析も必要であるように思います。

そんな訳でまだこの知見が、
今度どのように利用可能であるのかは未知数なのですが、
現象自体は非常に興味深く、
今後より掘り下げた検証を期待したいと思います。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(6)  コメント(0) 

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。