So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「スターウォーズ 最後のジェダイ」 [映画]

明けましておめでとうございます。
北品川藤クリニックの石原です。

今日はいつものように奈良に来ています。

それでは今日の話題です。
今日はこちら。
スターウォーズ最後のジェダイ.jpg
スターウォーズの新作が、
先月からロードショー公開されています。

僕はこのシリーズは1977年から全て封切りで観ています。
オリジナルの1作目の時の盛り上がりは独特で、
日本公開は1年くらい遅れたので、
アメリカ情報と称するものが沢山出回ってわくわくしましたし、
当時はまだビデオも普及していなかったので、
マニアは何度も映画館に足を運んで、
全ての場面をその目と記憶に焼き付けたのです。
丁度高校1年で登校拒否で学校を休んでいた時でした。
次に盛り上がったのは「帝国の逆襲」の時で、
それからは徐々に熱量は下がり、
エピソード1からの新シリーズはあまり受け付けませんでした。

久しぶりに再開された前作のエピソード7は、
最初のエピソード4にかなり寄せた仕上がりで、
ノスタルジックな構成と絵作りが、
個人的にはかなりツボでした。

今回の新作は「帝国の逆襲」と「ジェダイの帰還」を、
かなり下敷きにした設定や場面が多く、
前作には登場しなかった懐かしいメンバーも、
今回は出揃うという面では、
前作の雰囲気を引きずっていて、
宇宙船などのビジュアルも、
レトロな感じにしているのも前作と同じなのですが、
本来オーラスである筈の場面が、
映画の中盤で終わってしまうというサプライズがあり、
その後はこれまでのスターウォーズにはない、
オリジナルな展開となります。

それをどう評価するのかが、
この作品を面白いと捉えるか詰まらないと捉えるかの分水嶺で、
個人的には僕はあまり乗れませんでした。

ガンダムなどのアニメに、
かなり寄せた仕上がりになっていて、
悪者の艦隊が戦艦の特攻でぶつかり合って全滅するところなど、
昔観たガミラス艦隊の最後にそっくりですし、
全体に特攻が最後の手段になるような場面が多くて、
それは如何なものかしらと思ってしまいます。
ニュータイプが感応するような場面もありますし、
設定のみではなく絵作りが似ているのが、
スターウォーズとしては違和感があるのです。
オーム真理教の解脱のポーズと同じものが出て来た時にも、
オヤオヤという感じがしましたし、
アジア人のキャラも仕方のないことで世の流れなのでしょうが、
矢張り違和感を感じてしまいます。

これで次の作品のカラーも見えてしまった感じなので、
それほどの期待は持てないかな、
という気はしてしまいますが、
それでも性懲りもなく封切りには足を運ぶとは思います。

それでは今日はこのくらいで。

皆さんも良いお正月をお過ごし下さい。

石原がお送りしました。
nice!(7)  コメント(0) 

nice! 7

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。