So-net無料ブログ作成

ほりぶん「得て(再演)」 [演劇]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日最後の記事は演劇の話題です。

それがこちら。
得て.jpg
ナカゴーの怪人鎌田順也さんと、
はえぎわの川上友里さんと墨井鯨子さんがタッグを組んで、
鎌田さんの作・演出に、
川上さんと墨井さんにゲストを加え、
毎回ワンピースの女性しか登場しないというユニット、
「ほりぶん」の第3回公演が、
阿佐ヶ谷の駅近くの地下の小劇場で上演中です。

ナカゴー関連の作品は最近人気があり、
今回も満席の盛況でした。

これは第2回公演の再演で、
前回はクリニックの開院直後でバタバタしていて観ていません。
第1回公演は足を運んだのですが、
作品的にはナカゴーで上演しているものとは、
少し違う傾向を狙っていて、
やや練り込み不足で不発に終わっていました。

今回の作品は再演ということもあるのだと思いますが、
オープニングの何気ない遣り取りから、
非常に精度高く練り込まれていて、
4人の役者さんも手練れが揃っており、
アンサンブルの良いので非常に楽しめました。

一種のホラーですが、
怖くて馬鹿馬鹿しくて、間抜けで、
それでいて過剰な熱気が舞台に横溢する70分で、
鎌田ワールドを堪能出来る快作でした。

物語としては掴みと中段の異様な盛り上がりは文句ないのですが、
ラストがいつも停滞気味になるのが鎌田さんの劇作の1つの欠点で、
それは今回も変わりはありませんでしたが、
とてつもない才能ですし、
いつかとてつもない演劇史上に残る大傑作が、
生まれるような予感が漂っています。

いつもは公共の視聴覚室みたいなところでの公演が多く、
雰囲気が全く演劇感がないのが残念でしたが、
今回は如何にもアングラ小劇場というタイプの小屋で、
こういう方が絶対いいよね、
というように思いました。
また、いつもはかなり無雑作な感じのある演出なのですが、
今回はメインとなる映像もしっかり作り込まれていますし、
統一感のある衣装と、
音効や照明もそれなりに「普通」に使用していて、
かなりクオリティの高い舞台になっていました。

鎌田さんの作品は、
初演は時間不足の感じがするものも多いので、
再演が良いな、という思いもしました。

以下ネタバレを含む感想です。

上田遥さん演じる遠山先輩と、
墨井鯨子さん演じる権代、
そして川上友里さん演じる大庭さんは、
仲良しの30代で、
ケンタッキーのスタッフとして働いていたのですが、
3人で旅行に行ったタイで、
ふざけていて墨井さんに押された川上さんは、
転んだ拍子に毒蛇に噛まれて死んでしまいます。

それから1年後に、
別のケンタッキーの店で働く、
青山祥子さん演じる出立さんという女性が、
上田さんと墨井さんの元を訪ねて来ます。

彼女は川上さんが付き合っていた店長を寝取って、
それを川上さんに目撃されるという、
修羅場を演じた人なのですが、
その後川上さんと和解して友達になり、
死ぬ前に川上さんから預かった、
ビデオテープを持って来た、
と言うのです。

墨井さんが自分が押したために、
川上さんが死んだのだと自責の念に駆られています。
出立さんは川上さんが本当は自分を許していないのではないか、
という疑念に駆られています。
そんな中でビデオが再生されるのですが、
ご想像の通り、
それは川上さんの怨念が籠った呪いのビデオで、
4人の女の罵り合いと、
阿鼻叫喚の地獄絵図がそこから始まることになるのです。

ラストは鯨井さんと出立さんは呪い殺されて、
あちらの世界の住人となり、
上田さんだけが取り残されて終わります。

前半にケンタッキーという実名を出して、
ファストフード業界の人間関係を、
面白おかしく綴るのは、
鎌田さんのいつものパターンです。

後半呪いのビデオが登場してからは、
「リング」のパロディになる訳ですが、
川上さんが登場するビデオ映像が、
非常に上手く作り込まれているので、
生身の3人との大暴れが新鮮味があって楽しいですし、
最後には満を持して川上さん本人も舞台に召喚されます。

今回はストーリーそのもののはじけっぷりよりも、
4人の手練れの役者さんの演技合戦と、
ビデオ画像を含めた緻密な演出に妙味があります。
クライマックスのいつもの大暴れも楽しく、
ナカゴーワールドを堪能出来ましたし、
次もまたとても楽しみになりました。

こういうものがあるので、
小劇場巡りはなかなか止められません。

それでは今日はこのくらいで。

皆さんも良い休日をお過ごし下さい。

石原がお送りしました。
nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 7

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0