So-net無料ブログ作成

赤堀雅秋「大逆走」(シアターコクーン・オンレパートリー2015) [演劇]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は日曜日でクリニックは休診です。
何もなければ、今日は一日のんびり過ごすつもりです。

休みの日は趣味の話題です。

今日はこちら。
大逆走.jpg
吉高由里子さんの初舞台としても話題の、
赤堀雅秋さんの新作が、
コクーンのレパートリーとして、
豪華キャストで上演中です。

これはかなり「変」な芝居で、
まともなお芝居を期待して劇場に足を運ぶと、
当惑することは請け合いです。

昨年同じスタッフで上演された「殺風景」も、
正攻法とは言えませんでしたが、
それでもピカレスク年代記のような物語が、
それほどの破綻なく進行していました。

同様の感じを予想していると、
かなり意表を突かれます。

勿論実験的な試みは、
あっても良いと思うのですが、
今回のかなり特殊な演出が、
この芝居のストーリーに合っていたとも思えませんし、
「このキャストで面白いお芝居を」
という期待を持っているであろう多くの観客に、
戸惑いと当惑を与えることに、
意義があるようにも思えません。

肝心の吉高由里子さんは、
「普通に喋ればそれでいいよ」
というような感じの扱いで、
出番もさほど多くありませんでしたし、
「舞台女優」にはなっていませんでした。
もっと彼女を活かしてあげられなければ、
今回の芝居の意味はなかったのではないでしょうか?

吉高さんにこうした扱いをする時点で、
今回の芝居のスタッフには、
プロ意識が乏しいように個人的には思いました。
衣装チェンジも1回もありません。
これは良くないと思います。

最初の宣伝の時に書かれていた筋書きは、
「社会からドロップアウトした3人の男が、
道端で倒れていたOLを助けたことから、
ヤクザに追われることになる、その一夜の逃走劇」
というようなものですが、
実際の作品のストーリーは、
全くそれとは別物です。

勿論、こうしたことは良くあることですが、
全く違うストーリーにするのであれば、
当初のものより優れている、ということが前提だと思いますし、
当初の筋書きを読んで、
チケットを購入した観客に、
当惑や失望を与えるものではいけないと思います。

感想は個人的なもので、
別個の感想を持たれた方もいらっしゃると思いますが、
僕個人は非常に失望しましたし、
妻は上演中殆ど熟睡をしていました。

しかし殆ど爆睡していた妻は、
終演後に、
「要するに吉高由里子は震災で溺死したんでしょ」
と言っていました。
全く見ていないのにさすがです。

以下ネタバレを含む感想です。

非常に抽象的な銀色の壁に囲まれた舞台があって、
複数のダンサーによって、
そこに角材の大きな骨組みだけの箱のようなものが、
寺山修司の芝居のような動きで、
運び込まれて来ます。

建設労働者と思われる、
北村一輝、大倉孝二、池田成志の3人が弁当を食べていて、
その昼休みの日常に、
背後からダンサーが、
天井桟敷の「邪宗門」の黒子のように忍び寄り、
骨組みの箱に閉じ込めることで、
観念としての別世界へと連れて行きます。

現実とは少し違うその世界で、
北村一輝は死んだ父や自殺した娘に逢い、
溺死した少女は生前逢うことのなかった母に逢い、
そこで紡がれた仮想の物語が、
ラストもう一度戻った昼下がりの日常に、
微妙な変化を与えて物語は終わります。

こう書くと分かり易い物語のようですが、
色々な様式を強引に1つにまとめているので、
ストーリーを追うことは非常に困難です。
こうした、わざわざ分り難くする、という演出スタイルが、
僕は嫌いです。

吉高由里子扮する、
震災時に津波に呑まれて死んだ少女は、
死神のような黒服の男と共に、
東日本大震災で死んだペットへの募金活動をする少女として登場し、
その募金箱が盗まれて、
それが骨壷に変貌すると、
別個に死んだ少女がそこから転生して出現します。
「日本がこのままで良いのか」
というような台詞が、
あまり脈絡はなく度々登場し、
突如現れる狂騒的な盆踊りは、
赤堀さん自身の言葉によれば、
若者の集団安保反対デモを暗示しているそうです。

要するに仮想の物語の中に、
赤堀さんは現実の日本への危機感と、
その観念世界での解決の可能性を、
村上春樹の「海辺のカフカ」のように探っている訳です。

ただ、TRASHMASTERSの「そぞろの民」のような、
ストレートに今ここにある危機を舞台化したような作品を観た後では、
今回の作品のようなまわりくどさは、
本来の姿ではないように思えてなりません。

テーマはもっとストレートに打ち出してこそ、
生ものの舞台として上演する意義があるのではないでしょうか?

振り付けは小野寺修二さんで、
ダンサーには9月から、
急遽大駱駝艦の舞踏手が2人加わっています。

そんな訳で、
寺山修司の芝居そっくりの、
舞台転換をする黒子が登場し、
もろ舞踏の動きで、
北村一輝の父親は表現されます。

しかし、北村さんの娘役である趣里さんの場面では、
バレーの「白鳥の湖」が再現され、
別の場面では歌舞伎の立ち回りが再現されます。
その上、秋山菜津子さんは舞台女優の設定で、
これもダラダラとシェイクスピアを演じます。

このような演劇アラカルト的な手法が、
とても作品にとって効果的とは思えません。

大体劇作家が作中で、
シェイクスピアやチェーホフの台詞を、
ダラダラと引用する芝居に、
ロクなものはないのです。

総じて意欲的な企画であったことは間違いがないと思うのですが、
おそらくは「現代に向き合わねば」というような作家の意気込みが、
空回りに終わったのが今回の作品であったように思います。

以上はあくまで個人的な感想ですので、
今回のお芝居に感銘を受けた方もいらっしゃると思います。
また、関係者の方には、
失礼な物言いをお許し下さい。
ご不快に思われたらお詫びします。
あくまで個人的な感想として、
ご容赦頂ければ幸いです。
事実誤認があるようでしたら、
「優しく」ご指摘をお願いします。

それでは今日はこのくらいで。

皆さんも良い休日をお過ごし下さい。

石原がお送りしました。
nice!(12)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 12

コメント 2

ケネディ

全く同感です。いい役者が揃っているのに勿体無い!
久しぶりに休憩中に帰ろうかと思いました。
最後までスッキリしませんでした。
by ケネディ (2015-10-31 22:08) 

なお

初めてブログ拝見させていただきます。大逆走を大阪でみたのですが、内容がいまひとつ分からず帰ってきてしまいました。ブログを読んで、恥ずかしながら、目からウロコ状態です。ありがとうございます〜。
座席が前の方でしたので俳優さんのステキさを感じることが出来たのは幸いでした。
by なお (2015-11-01 00:33) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0