So-net無料ブログ作成

生体腎ドナー女性の妊娠時のリスクについて [医療のトピック]

こんにちは。
六号通り診療所の石原です。

朝から健診結果の整理などして、
それから今PCに向かっています。

それでは今日の話題です。

今日はこちら。
腎臓ドナーの妊娠時のリスク.jpg
今月のthe New England Journal of Medicine誌に掲載された、
生体腎移植で片方の腎臓を、
提供された若い女性における、
その後の妊娠時のリスクについての論文です。

生体腎臓移植は、
最も広く行われている移植医療の1つで、
腎不全などの患者さんに対して、
健康な成人のご家族が片方の腎臓を提供して、
移植が行われます。

この場合ドナーの方は、
片方の腎臓を手術で摘出する訳ですが、
腎臓は2つあるので、
その一方を摘出しても、
健康上の問題は生じないと、
移植医療の説明のサイトなどには記載されています。

ただ、問題になることの1つは、
ドナーが若い女性の場合に、
その後の妊娠に与える影響についてです。

動物実験のデータにおいては、
片方の腎臓を摘出すると、
妊娠時に血圧の上昇や尿への蛋白の排泄が増加する、
というデータは存在しています。

人間においても、
腎糸球体濾過量という腎機能の指標は、
片腎の摘出後早期に約35%低下し、
同じレベルの低下が病気などで生じたケースでは、
妊娠中の高血圧腎症が増加する、
というデータが存在しています。

しかし、生体腎ドナーでのこうした検討は少なく、
妊娠中にリスクがある、という報告のある一方、
特に問題は見られないとする、
複数の報告も存在しています。

2004年の国際的な会議における検討の結果では、
生体腎ドナーの女性が、
妊娠において何らかのリスクが生じる可能性はない、
という結論になっています。

ただ、この結論以降にも、
妊娠中にリスクがあるとする疫学データは発表されていて、
この問題は解決しているとは言い難いのです。

今回の研究はカナダにおいて、
生体腎ドナーの85名の女性の、
131件の腎摘出後の妊娠の事例を、
510名の腎摘出をしていないコントロールと、
1:6の比率でマッチングさせて比較し、
生体腎ドナーの妊娠時のリスクを検証しています。
後から事例を抽出して、
比較しただけのものなので、
データの精度はそれほど高いものではありませんが、
こうした事象では、
このようなデータ以外は、
存在しないと思います。

その結果…

妊娠高血圧と妊娠高血圧腎症を併せた発症率は、
生体腎ドナーでは131例中15例の11%であったのに対して、
コントロール群では788例中38例の5%で、
生体腎ドナーでは、
こうした妊娠合併症の発症率は、
2.4倍有意に増加する、という結果になりました。

一方でそうした合併症の予後には両群で差はなく、
早産や出生時の低体重などの異常にも、
両群で差は認められませんでした。

要するに生体腎ドナーの女性では、
妊娠時の合併症としての高血圧や腎症の発症は、
通常の妊娠よりも多い可能性があるので、
血圧等の管理には、
より注意が必要だ、
ということになります。

ただ、お子さんとお母さんを含めて、
それ以外の問題は生じていないので、
生体腎ドナーの女性の妊娠自体については、
これまでの見解通り、
基本的には問題ないと、
考えて良いように思います。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。

下記書籍引き続き発売中です。
よろしくお願いします。

健康で100歳を迎えるには医療常識を信じるな! ここ10年で変わった長生きの秘訣

健康で100歳を迎えるには医療常識を信じるな! ここ10年で変わった長生きの秘訣

  • 作者: 石原藤樹
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
  • 発売日: 2014/05/14
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)





nice!(24)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 24

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0