So-net無料ブログ作成

宮部みゆき「ペテロの葬列」 [小説]

こんにちは。

六号通り診療所の石原です。

今日はまだ診療所は休診ですが、
レセプト作業のため終日仕事の予定です。
それは良いのですが、
体調が最悪なのがブルーです。

休みの日は趣味の話題です。

今日はこちら。
宮部みゆき「ペテロの葬列」.jpg
ドラマ化もされた杉村三郎シリーズの第3弾、
宮部みゆきさんの「ペテロの葬列」が、
昨年末に単行本化されました。
これは複数の地方新聞に連載されたもので、
単行本化が待たれていた作品です。

このシリーズは「誰か Somebody」、「名もなき毒」と続いていて、
主人公の杉村三郎は大財閥の会長の、
妾腹の娘とひょんなことから結婚した、
逆玉の輿のお婿さん、
という浮世離れのした設定になっています。

今時この設定はどうなのかしら、
というように思いますし、
ドラマ版などを見ると、
恥ずかしくて見ていられないような感じなのですが、
原作を読む限りは、
決して不自然とは思えません。
語り口が見事なので、
ついつい飲み込んでしまうのです。
宮部マジックと言うべきかも知れません。

このシリーズは、
一種のハードボイルドで、
絵空事めいた主人公の設定が、
むしろ主人公を透明な存在としていて、
その非現実的な視点を介して、
リアルな「現代の悪」を投射しよう、
という試みのものです。

1作目は自転車による交通事故死が描かれ、
2作目では虚言癖のあるトラブルメーカーの女性が描かれます。

両方ともなるほどな、という感じです。

今回の3作目もなるほどな、という感じの、
「現代の悪」が描かれます。

ただ、これまでの2作品と比較すると、
作品のテーマとなっている「悪」が、
ミステリーではこれまでにも、
散々取り上げられているものなので、
何が起こるか先の読めない展開が続く前半は、
非常に魅力的なのですが、
一旦物語の構造が露になってしまうと、
何だこれか、と言う感じで、
正直がっかりする部分はあります。

また、いつものことですが、
小ネタ的な部分に、
ミステリー的なトリックが使われているのですが、
宮部さんはこうしたトリックの扱いがあまりお上手ではなく、
如何にも取って付けたような感じになっているのが、
物足りなく感じます。

ラストは色々な意味で衝撃的で、
これはこれで悪くないと思いますし、
おそらく次作の展開も既に織り込まれているのだと思います。
ただ、個人的には、
もう少し物語そのものの謎に、
奥行きと意外性とがないと、
大胆な構成も活きないように思います。

今回はちょっと集約感がなくて長過ぎますよね。

宮部さんのファンであれば、
読んで後悔はしないと思いますが、
もし初めて宮部さんの長篇をお読みになるのであれば、
この作品はお勧めしません。
大胆な構成は、
シリーズの前2作を読んでいないと、
活きない性質のものですし、
単独の作品の出来としては、
前作の「名もなき毒」の方が上だからです。

それでは今日はこのくらいで。

皆さんも良い休日をお過ごし下さい。

石原がお送りしました。
nice!(21)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 21

コメント 2

タケちゃん

こんばんは、初めまして。宮部ファンになって、そろそろ20数年です。初めて読んだのが、《魔術はささやく》
しかも初めて知ったのが、ドラマ化になったからです。ドラマを観て本を読みたくなり、それが切っ掛けです。
彼女の小説は、出る度に読んでいます。今回の《ペテロの葬列》は、ワタシの中では衝撃的でした。とても、読み進めたくないような、そんな小説でした。と言うのは、ワタシの悪い癖で、結末を先に読んでしまうんですよね。。。それが、今回はアダになりました。
杉村三郎が、次回には別の形で登場するのではないか、と期待しています。
そう、(たぶん)全ての宮部ファンが期待しているように、探偵として。
ワタシにとって、今回のこの《ペテロの葬列》は、ワタシへの応援歌でもありました。

by タケちゃん (2014-03-01 18:42) 

fujiki

タケちゃんさんへ
コメントありがとうございます。
「魔術がささやく」はシンプルで、
辻褄が合わないところはあるのですが、
非常に魅力的な作品でしたね。
これからもよろしくお願いします。
by fujiki (2014-03-04 08:21) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0