So-net無料ブログ作成

西加奈子集成(その3) [小説]

こんにちは。
六号通り診療所の石原です。

今日は診療はいつも通りですが、
夜から奈良に行くので、
明日の更新はお休みとさせて頂きます。

土曜日なので趣味の話題です。

西加奈子さんの作品を年代順にレビューする3回めです。

まずこちらから。
⑨「うつくしい人」
うつくしい人.jpg
前作の「窓の魚」に続いて、
非常に暗く地味なムードの作品です。

孤独なOLが仕事を辞めて、
離島のホテルに滞在し、
そこで謎の外国人やバーテンと出逢い、
最終的に生きる希望を取り戻す、
というような話です。
主人公の家族との葛藤も描かれますが、
それほどの膨らみを持って、
物語に関わる、ということはありません。

作者自身の、かなり行き詰まった感じが、全編に漂っていて、
読んでいて息苦しいような思いさえします。
ただ、描写は非常に平板で単調なので、
フィクションを読むという楽しみには乏しく、
モノトーンの作者の夢の世界を、
そのまま提示されたような気分になります。

島の風景も全く目に浮かびませんし、
謎めいた人物も、
書き割りのようにしか感じません。

明確に失敗作だと思いますが、
作者の精神の中では、
この夢の放浪のような作品が、
その後の脱皮のためには、
不可欠であったのかも知れません。

これはコアな西さんのファン以外には、
あまりお薦めは出来ません。

⑩「きりこについて」
きりこについて.jpg
「きりこは、ぶすである。」という、
ドキリとする一文から始まるファンタジー色の強い作品で、
久しぶりに西加奈子節とでも言うべき、
多彩なレトリックと関西弁が乱れ飛ぶ、
初期からのファンには、
懐かしい世界が展開されます。

三年寝太郎みたいな感じもありますし、
一種の民話的な世界で、
登場する奇矯な人物達や猫達も、
それぞれにかっちりと描けています。

ただ、ぶすの女の子が、
自分がぶすと認識されていることに、
気付くまでを描く前半は、
かなり「イタイ」話になっていて、
そのささくれ立った感じが、
好き嫌いの分かれるところだと思います。

引きこもり以降の後半は、
一気にファンタジー色が強まり、
牧歌的なムードになります。
別に意外性がある、という訳ではないのですが、
語り手が最後に姿を現すと、
最初の暴言めいた一文が、
そうではなかったことになる締め括りも、
洒落ていて悪くありません。

非常に面白いのですが、
初期の「あおい」や「さくら」に比べると、
勢いはあまり感じることがなく、
印象はもっと内省的で、
はしょったような短さも、
少し物足りなく感じます。

一時のどん底より、
突き抜けた感じはあるのですが、
まだ本調子ではないな、
というように思いました。

⑪「炎上する君」
炎上する君.jpg
西さんの2冊目の短編集で、
8編の作品が収められてます。

最初の「太陽の上」こそ、
いつもの風俗描写の小品ですが、
その後は奇想天外なファンタジー色の強い作品が並びます。

2番目の「空を待つ」が、
目の覚めるような傑作で、
これは一読鳥肌が立ちました。

息をのむほど美しい夕焼けの空の下、
「あいたい、どこにいますか。」というメールに、
返事が返って来た時の戦慄的な感動は、
まさに天才の筆のなせる業です。

これは本当に小品ながら、
最近では小説を読んで、
最も感動したかも知れません。
前例のない話ではないと思いますが、
この鋭利な洗練度は最高です。

かと思うと3番目の「甘い果実」は、
着地に失敗して転んだような、
おやおやという凡作で、
西加奈子は本当に油断がなりません。

「空を待つ」に準じるのが、
表題作の「炎上する君」で、
これも奇怪な題名に、
決して名前負けしていない怪作で、
コンパクトな絶叫マシーンように、
鬱屈した天才少女2人の、
迷宮のような心の闇を、
スリリングに駆け抜けて、
間然とするところがありません。

この2編以外は正直出来はかなり落ちますが、
それでも奇想の世界に、
心地良く身を委ねることは出来ます。

非常なお薦めですが、
僕のようには感動しない方も多いかも知れません。

こうしたものを読むと、
「きりこについて」などは、
矢張り長さの割に、
水増しされた物足りなさを感じます。

⑫「白いしるし」
白いしるし.jpg
これはまた、藝術家同士の恋愛を描いた、
ダークな恋愛小説で、
「窓の魚」や「きれいな人」の系譜に属する作品です。

前半は勢いがあって面白いのですが、
後半はかなり内省的で平坦な感じになり、
無理矢理のようなラストは、
ちょっと一貫性を欠いているように思います。

文体はただ一時期より練れて来ていて、
「窓の魚」の頃の、如何にも何処かから、
借りて来たような感じではなく、
「あおい」や「さくら」の頃とは違う、
しかし西加奈子独自の文体に、
近付いているようには思えます。

次作の「円卓」からは、
また1つ抜けた感じになりますが、
それ以降はまた後日にまとめたいと思います。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(29)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 29

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0