So-net無料ブログ作成

アスピリンの大腸癌への有効性と遺伝子変異との関連について [医療のトピック]

こんにちは。
六号通り診療所の石原です。

今日は事情があって、
いつもより早い更新になります。

それでは今日の話題です。

今日はこちら。
アスピリンと大腸癌.jpg
今月のthe New England Journal of Medicine誌に掲載された、
大腸癌の予後とアスピリンの使用との、
関連についての論文です。

アスピリンを代表とする消炎鎮痛剤に、
癌の発症予防と予後改善の効果がある、
とする報告は以前からありました。

そのメカニズムは、
必ずしも全て分かっている、
という訳ではありませんが、
消炎鎮痛剤の炎症を抑えるメカニズムの一部が、
癌の増殖に関わるシグナルを、
同時に抑えているためと、
概ね考えられています。

最も研究が進んでいるのはアスピリンで、
最近の幾つかの大規模臨床試験の結果として、
癌の組織型のうち、
腺癌というタイプの癌については、
間違いなくその予後を改善する効果があり、
より明確なのは、
特に大腸癌の転移の抑制効果です。

以前ご紹介した、
今年のLancet 誌の論文では、
メタアナリシスの結果として、
大腸癌の転移のリスクを、
74%低下させた、
という画期的な効果が得られています。

2009年のJAMA誌の論文では、
大腸癌関連の死亡を29%抑制していますし、
今年のBritish Journal of Cancer誌の論文でも、
大腸癌の患者さんの全死亡リスクを、
23%有意に低下させる効果が得られています。

このように、
複数の一流の医学誌に、
別々の研究グループから、
同様の結果が集積されているのですから、
これはほぼ科学的事実なのです。

一方で、
同じ研究者にしか再現出来ない、
特殊な研究結果は、
勿論事実かも知れませんが、
脳内ファンタジーの可能性もあり、
追試などの評価がされない限り、
まだ完全に信用するべきものではないのです。

科学に携わるものの常識ですね。

さて、
アスピリンの継続的な使用が、
大腸癌の予後を改善する効果のあることは分かりました。

ただ、
それでは全ての大腸癌に効果があるのか、
という点については、
まだ明らかではありません。

大腸癌の治療についての最近のトピックは、
その癌組織の持つ遺伝子変異の種類によって、
抗癌剤や分子標的薬の効果に差がある、
という知見です。

たとえば、
抗上皮成長因子受容体抗体という薬があり、
この薬はKRASという遺伝子の変異があると、
その効果が期待出来ないことが分かっています。
従って、
この薬を使用する際には、
癌の組織の遺伝子の検査をして、
この変異の有無を確認してから、
適応の患者さんに限って行なうようになっています。

こうした事例と同じように、
アスピリンの効果も、
特定の遺伝子変異のある大腸癌に限って、
効果のあるものではないだろうか、
というのが、
上記の論文の著者らの仮説です。

アスピリンの抗癌メカニズムとして、
細胞内のPI3Kというシグナル伝達経路を抑制して、
癌細胞の細胞死を誘導するのではないか、
という知見があります。

仮にそうであるとすれば、
その部分の遺伝子変異の有無により、
アスピリンの効果が左右される可能性が示唆されます。

そして、
実際にそれに関わるPIK3CAという遺伝子の変異は、
大腸癌の組織の、
15~20%に存在することが分かっています。

そこで、
今回の研究では、
医療関係者の健康調査のデータを元に、
964名の大腸癌の患者さんをピックアップし、
癌の切除組織の遺伝子変異の有無と、
アスピリンの使用、
そして大腸癌の予後との関連を検討しています。

平均の追跡期間は13年余です。

その結果、
PIK3CAの遺伝子変異のある大腸癌の患者さんでは、
大腸癌の診断後にアスピリンを継続的に使用することにより、
その後の10余の大腸癌関連の死亡リスクが、
82%有意に低下しました。
その一方で遺伝子変異のない患者さんでは、
そうしたアスピリンによる予後改善効果は、
全く認められませんでした。

ちょっとビックリするようなクリアな結果です。

このデータが間違いのないものであるとすると、
アスピリンはこのPIK3CAの遺伝子変異のある場合にのみ、
特異的な効果のある薬剤だ、
ということになります。

大腸癌の治療において、
現時点で最も問題になるのは、
手術が可能な3期の進行大腸癌において、
手術後に有効とされる化学療法を追加で行なっても、
あまり有意な死亡予後改善効果が得られていない、
という点にあります。

こうした患者さんでは、
検査では見付からないような、
微小な転移の存在が想定され、
その増殖を抑制するような、
補助的な治療が求められています。

切除した癌の組織が、
PIK3CAの遺伝子変異のある場合に、
アスピリンの使用を行なうという方針は、
通常の化学療法のような副作用なく、
予後の改善が期待出来るのですから、
そうした患者さんにとって、
非常に有効な選択肢と成り得る可能性があるのです。

ただし…

まだそこまでは今回の論文のみからは言えません。

今回の研究では、
PIK3CAの遺伝子変異があって、
アスピリンを使用している大腸癌の患者さんは、
実際には66名に過ぎません。

今回のデータは患者さんをエントリーして、
その経過を追ったものではないので、
それでこの症例数では、
まだ信頼のおけるデータとは言い難いのです。

また、
他の健康調査のデータを利用したものなので、
大腸癌の病期までは分かっても、
それ以上の患者さんの背景や、
個々の治療の実態までは情報がありません。

今回のデータを確かなものとして確認するには、
患者さんを割付してアスピリンを使用し、
その遺伝子変異の有無や治療の背景を同一にするような、
より厳密性のある検証が不可欠なのです。

今後の研究の進展を期待したいと思います。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(18)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 18

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0