So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

北村想「寿歌」 [演劇]

こんにちは。
六号通り診療所の石原です。

今日は日曜日で診療所は休診です。

朝からいつものように、
駒沢公園まで走りに行って、
それから今PCに向かっています。

休みの日は趣味の話題です。
今日はこちら。
寿歌.jpg
北村想は、
1970年代の後半から名古屋を本拠地として、
その演劇活動を開始。
1979年に初演された、
この「寿歌(ほぎうた)」で、
一躍全国区に名前が知られるようになりました。

僕は高校卒業から1年間、
名古屋にいたのですが、
その時に演劇の魅力に取り憑かれ、
北村想が当時名古屋では絶対的な存在だったので、
七つ寺共同スタジオまで、
「彗星86」の舞台を見に出掛けました。

高校時代にはつかこうへいや井上ひさしなど、
演劇を何本か観てはいたのですが、
どちらかと言えばその頃の興味は、
パンクロックとプログレにあって、
渋谷陽一のラジオを聴いて、
ストラングラーズやグラハム・パーカー、
ジェネレーションXなどのライブに足繁く通いました。
レゲエのボブ・マーリーが最初で最後の来日ライブを行ない、
それを聴いたのは自慢です。
ただ、正直あまりレゲエの神様は、
やる気はなさそうなライブでした。

名古屋に行って、
演劇に触れて、
「ああ、何だ、こんなに面白いものがあったのに、
何故気付かなかったのかしら」
と地団駄を踏んだのですが、
その1年は唐先生から寺山修司と、
アングラ演劇を貪るように廻りました。

ただ、最初に見た北村想の舞台は、
「猟奇王」という漫画が原作の舞台でしたが、
脱力系でいい加減で、
あまりに酷くて力が抜けました。
北村想本人もチラと登場して、
やる気がなさそうに台詞を言うのですが、
その姿にも非常にガッカリしたのです。

一緒に行った名古屋の友達にそのことを言うと、
「いやでも、『寿歌』は良かったけどな」
と地元のヒーローを、
庇うようにそう言っていたことを思い出します。

僕が最初に買った戯曲本は、
「北村想の劇襲」という本で、
正直その時書店に行っても、
演劇の本はそれ以外にあまりなかったのです。
その中に載っていたのがこの「寿歌」で、
どんなものかと読んだのですが、
正直「うーん」という感じでした。

この戯曲の中段に、
唐先生の「少女仮面」の巻頭の台詞が、
パロディとして出て来るのです。
確か「この部分は自由に変更して頂いて結構です」
というように書かれていました。
つまり、
「皆で自由に上演してね」
というようなことが書いてあるのです。
これはちょっと新鮮でした。

あまり面白いパロディではないのですが、
この戯曲を読んで初めて僕は、
唐先生に改めて興味を持ち、
それから唐先生の芝居に通うようになりました。

その点では、
不思議な縁を感じさせてくれる戯曲です。

この作品は登場人物は3人だけで、
上演時間も1時間ちょっとの短い戯曲です。

核戦争で人類が滅んでしまった世界で、
何故か生き残った男女2人の大道芸人が、
荒地をリアカーを引いて旅をしています。
そこに謎の若者が1人現われ、
しばし3人で旅をするのですが、
やがて若者は別れて、
また2人の旅が続きます。

端的に言えばそれだけの話です。

その何処が面白いのか…
と言われると、
あまり北村想の良い観客とは言えない僕には、
正直よく分かりません。

僕は戯曲は何度も読んではいますが、
まっとうな上演を観るのは、
今回が初めてです。

途中で漫才が出て来るのですが、
その辺りで「ああ、ああ…」という気分になり、
短いのに後半はかなりきつい感じになりました。
集客力はあるキャストなので、
客席は一杯でしたが、
客席の空気にも戸惑いが感じられたと思います。

僕なりに分析すると、
この戯曲はまず、
非常にアマチュアでもプロでも、
上演し易い戯曲なのです。

登場人物は少ないし、
男性2人に女性1人というバランスも良いのです。
何と言うのか、
稽古場の雰囲気も非常に和む感じになるのです。
これに演出家が1人いれば、
稽古時間も短くて済むし、
「少女仮面」のところをどう変えようか、
とか、
漫才のところをどうしようか、
とか、
稽古自体も盛り上がりそうだし、
稽古が終わって、
「これからちょっと呑みに行こうよ」
と言っても、
スムースに4人で飲み会に移行出来そうです。

セットは荒野なので、
基本的に何もなくて良く、
リアカーがあればそれでOKです。
80年代くらいの小劇場やアマチュア劇団には、
必ずリアカーの一台くらいはあったのです。
更にラストには雪が降って来るので、
皆で紙ふぶきを作るのも楽しく、
演劇をされたことのある人ならお分かりのように、
舞台で紙ふぶきの雪を浴びながら、
台詞を言うほど気分の良いものはないのです。

つまり、
元々練習劇として書かれたこともあるのでしょうが、
非常に上演に親切な戯曲なのです。

これが一時期この戯曲の上演が、
全国各地で行なわれた大きな理由だと、
僕は思います。

演劇というのは概ねそうした傾向があるのですが、
やる側が楽しい戯曲は、
観客にとってはそれほど面白く感じないことが多いのです。

この戯曲は、
ベケットの「ゴドーを待ちながら」の、
1つのバリエーションです。

「ゴドー…」では、
2人の男が冗談を言い合いながら、
神様を待ち続けるのですが、
その代理人は登場しても、
神様は登場しないのです。

「寿歌」では、
おそらくは神様に会い、
どうして人間が滅んでしまったのか、
文句を言いたいために存在している2人の大道芸人が、
すぐにキリストに会ってしまうのですが、
キリストは答えを持っていないので、
2人の旅は終わることがないのです。

「核戦争後の世界」というのは、
当時でも物凄くベタな設定だったのですが、
それを無雑作に使用しながら、
意外に物語に奥行きがあるのです。

この辺に作品の魅力があるのかな、
とは今では思います。

今回の上演に関しては、
正直あまり建設的な意味合いは感じませんでした。

この戯曲は素人が演じてもプロが演じても、
さほどの違いがない、
という点が大きな特徴で、
堤真一が力んで台詞を発したりすると、
「何か違うな」という気分になるのです。
つまり、あまりプロの演じる意味合いがないのです。

演出は千葉哲也で、
何か海外のストレートプレイのような、
暗い感じのスタイリッシュな舞台を作るので、
これも「何か違うな」と思いました。

もっと安っぽい方が、
戯曲の世界には合っているのです。

今回の上演では、
北村想が新たにちょっとしたプロローグを、
書き足しています。
なるほど、と思わなくもないのですが、
僕はどちらかと言えば蛇足に感じました。

戸田絵梨香は意外に悪くはありませんでしたが、
あまり舞台向きとは思いませんし、
舞台で消耗するのは勿体ない、
という気がしました。

それでは今日はこのくらいで。

皆さんも良い休日をお過ごし下さい。

石原がお送りしました。
nice!(18)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 18

コメント 4

末尾ルコ(アルベール)

し、渋谷陽一…(笑)
わたし、去年あたりからまた聴き始めました。(爆笑)

パンクで一番好きだったのはジャン・ジャック・バーネルです(笑)
先だってネットで「最近のバーネル」を見たときにはがっくり(とほほ)
去年のサマソニにPILとポップグループが来てたのにびっくり!
20代の友人は、「ポップグループはよかった」と言ってました。

戸田恵梨香に関してのご意見、興味深いですね。
「映像」向きの女優は「映像」でどんどん頑張ればいいと、わたしもいつも思ってます。

                            RUKO
by 末尾ルコ(アルベール) (2012-01-15 23:32) 

fujiki

RUKO さんへ
コメントありがとうございます。
そうですね。
映像向きの女優さんは、
あまり中途半端に舞台など、
やらない方が良いのだと思います。
逆に舞台の名花が、
テレビですり減ってしまう、
ということもありますね。
そのスタイルが違うので、
別箇の職業と、
本来は考えるべきなのかも知れません。
by fujiki (2012-01-16 08:10) 

猟奇娘

寿歌について検索していたら、このページを見つけました。
「猟奇王」で猟奇娘を演じていました。
想さんの魅力は、摩訶不思議な世界と脱力感との融合だと思います。
想さん演出の「寿歌」をご覧になれなかったのは残念でしたね。
by 猟奇娘 (2013-06-09 11:02) 

fujiki

猟奇娘さんへ
コメントありがとうございます。
適当なことを書き散らしているので、
失礼がなければ良いのですが…
北村想さんの演出の舞台は、
勿論観ているのですが、
どうも良いものは外している、
という感じです。
ただ、お名前を聞くと、
物凄く懐かしい思いがします。
by fujiki (2013-06-10 08:39) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0