So-net無料ブログ作成

被曝線量換算についての補足 [医療のトピック]

こんにちは。
六号通り診療所の石原です。

今日は胃カメラの日なので、
カルテの整理をして、
それから今PCに向かっています。

ベクレルとシーベルトの換算について、
数日前に記事にしました。

僕がその時点で理解していなかった点もあり、
コメントを頂いて少し理解が深まった部分もありますので、
その点を今日は少し整理したいと思います。

昨日東京都の浄水場から、
1キログラム当たり210ベクレルの、
放射性ヨード131が検出された、
との報道がありました。

今朝のフジテレビのニュースに出ていた専門家の先生は、
これは4.62μSv(マイクロシーベルト)に相当する、
という説明をしていました。

これは前回の記事にあった、
換算係数を用いて計算されたものです。

この換算係数の元は、
ICRPという国際機関のPub72という1996年の報告書にある、
図表が元ネタです。

新聞などの報道のこの種の数値も、
この換算係数をただ掛けただけで記載しているようです。

ただ、僕の手元に青森県の「自然放射線等による線量算出要領」
と言う資料があるのですが、
そこに記載されている係数は、
経口摂取で1.6×10-8(10のマイナス8乗です)(Sv/Bq)、
吸入摂取で1.5×10-8(10のマイナス8乗です)(Sv/Bq)、
となっていて、
ICRPのものとは異なっています。
これは原子力安全委員会によるデータのようで、
この係数を使用する考えもあるようです。

預託実効線量、という考え方があります。

これは放射性物質を摂取した後、
その物質が崩壊することによって出される放射能を、
(これを壊変と呼んでいますね)
線量率を時間積分することによって求められた値です。

ベクレルというのは1秒間にこの壊変を起こす数のことですから、
210ベクレルの強さのある水を飲めば、
それが時間経過によって壊変しつつ、
身体に放射線を吸収させ、
徐々に排泄され崩壊して消えて行く訳です。

210ベクレルの水を一気飲みした時、
被曝線量が4.62μSvという数値の意味は、
その後の1時間に4.62μSvということではなく、
数十年の影響を加算した場合に、
トータルで得られる数値です。

ICRPの報告書においては、
この年数は成人では摂取後50年、
子供や乳幼児では70年と規定されています。

上記の数値はその成人のもので、
従って小児の換算係数はまたそれとは別箇になります。

ただ、放射性ヨードについては、
その半減期は8日なのですから、
1か月もすれば無視出来るレベルになり、
50年後の影響を考える必要性はないのです。

この換算係数は、
ある放射線量が身体に入った時、
その後の各臓器の被曝量を、
それぞれ加算し時間積分した値です。

その吸収の形式は、
経口と吸入では異なるため、
その換算係数は別箇のものとなっています。

その計算は複雑ですが、
「標準人」という概念が想定され、
2003年よりはアジア人を想定した改訂が行われているようですが、
上記のデータは1996年の図表ですから、
それ以前のものです。
この係数は当然体格が違えば、
本来は数値を修正すべき性質のものなのです。
従って、日本人への適応には、
上に示した日本の換算係数を用いた方が、
より理に適っているのかも知れません。

重要なことは、
上記のデータは全て内部被曝に限ったものだ、
ということです。
同じ係数で外部被曝の影響を算定することは出来ません。

ただ、シーベルトという単位に関しては、
外部被曝と内部被曝の効果を、
同時に比較することを許しています。

つまり、身体に対する大雑把な影響、
という観点から言うと、
2000ベクレルのホウレン草を摂取すると、
ほぼレントゲン写真1枚分の被曝量になる、
という言い方は間違いではありません。

この場合内部被曝はその後の50年の被曝量を示し、
レントゲンの方は僅かな時間に身体を透過する、
X線による被曝量を示しているのです。

青森県の報告書では、
食品や水に含まれる放射線による、
預託実効線量は、
預託実効線量(Sv)=[年間の核種摂取量(Bq)]×[実効線量係数(Sv/Bq)]
で計算せよ、
と書かれています。

つまり、行政の計算はこのレベルのものです。

以上簡単ですが、
被曝線量換算についての補足でした。

今日は本当に良いニュースがありますように。
黒い何だか分からない煙などは出ませんように。

石原がお送りしました。
nice!(38)  コメント(15)  トラックバック(0) 

nice! 38

コメント 15

mino

丁寧な解説をありがとうございました。
○Bq = □Sy という表記が多いのは、科学音痴な記者が書くからだと
思っていましたが、右辺は標準体型の人に対する(対外排出までの)積算量だったのですね。 Csの場合は、対外排出まで100日として、

1 Bq = 0.1 μSy/年
0.1 μSy/年 x 100/365= 0.03 μSy

210ベクレルの水を一気飲みした場合は、

0.03 μSy x 210= 6.3 μSy

ザックリとした計算ですが、4.62μSv と一致しますね。 なるほど。。
by mino (2011-03-24 11:37) 

mino

対外 → 体外 です。すいません;
by mino (2011-03-24 11:38) 

永遠の通りすがり

昨日の石原先生コメントについて。
お忙しい中、コメントに返事を下さり、ありがとうございます。
コメントの書き込み回数が増えているのは不安の現れなのかもしれません。

ひたすら天井を見ているだけの時間が何時まで続くのか、想像すると恐ろしいです。
近々、もう一人の担当医に会います(石田先生ではないですよ)が、担当医は「あと3年くらいで日本は終わるんじゃないの」と、石原先生と同じようなことを時々言います。
たとえ世の中が壊れて様々な価値観がひっくり返っても、私は動けず(動かず)まだ天井を見続けているのか思うと、先生がコメントに書かれていたように、おかしくなっていく日本を見守る意味などあるようには思えないのですが。
時間を早く止めたいんです。

気分を悪くされた方がいましたら、すみません。
by 永遠の通りすがり (2011-03-24 15:28) 

ひすい

まさに私も知りたかったことです
ご説明いただきありがとうございます

ただ、自分の言葉で説明するには自分の理解度に不安があるので、わたしのブログにこの記事のリンクを貼らせていただいてもよろしいでしょうか??

by ひすい (2011-03-24 21:47) 

mino

すいません、たびたび。

http://search.kankyo-hoshano.go.jp/food2/Yougo/j_senkeisu.html

を見ると、石原先生の引用された係数は、放射性ヨウ素についてのものですね。Csについて計算してしまいました。私の計算のうち、Csの100日の代わりに、放射性ヨウ素の半減期8日を用いるて、0.5μSy になり、一桁小さくなります。 おかしいですね・・ ICRPの係数の根拠が知りたいです。時間があったら、調べてみます。
by mino (2011-03-25 01:37) 

fujiki

永遠の通りすがりさんへ
よく先生にもお話を聞いてもらって下さい。
(行けるだけの余力は残しておかないとダメですよ)
あなたは非常に知的な方だし、
ここはもうひと踏ん張りして欲しいと、
僕はそう思います。
by fujiki (2011-03-25 13:19) 

fujiki

ひすいさんへ
ご丁寧にありがとうございます。
勿論リンクして頂いて問題はありません。
深刻な世の中ですが、
これからもよろしくお願いします。
by fujiki (2011-03-25 13:20) 

fujiki

mimo さんへ
是非お願いします。
結構高価な本ですし、
図書館に行く時間は今のところありません。
分かったら教えて下さい。
by fujiki (2011-03-25 13:31) 

永遠の通りすがり

どのような基準でそのようなことを言われているのですか?

いつものように、コメントに返事をいただけたことは非常に嬉しいですが、歯の浮くような嘘をおっしゃってはいませんか?
(この種の話題に過剰反応してしまうのは、勿論、自分の頭の出来について大変なコンプレックスがあるからです)。

私は無価値で有害ですよ。
税金を喰い荒らす害虫です。
by 永遠の通りすがり (2011-03-25 18:18) 

fujiki

永遠の通りすがりさんへ
ご気分を害されたら申し訳ありませんでした。
今日知性と痴性についての記事だったので、
何となくそんな表現になってしましました。
僕はあなたとお話ししていて、
あなたは知的な方だと思います。
その根拠を示せと言われると困りますが、
それは感性のレベルのもので、
別に知識の量とか、
何を知っているとか、
そうしたことではありません。
by fujiki (2011-03-25 19:54) 

永遠の通りすがり

そういった流れから出た、コメントの返事としては違和感のある表現だったので、私自身、その言葉につっかかってしまったのではないかと今は思います。
by 永遠の通りすがり (2011-03-25 21:40) 

ひすい

ありがとうございます
by ひすい (2011-03-26 08:54) 

アミナカ

永遠の通りすがりさんへ
御迷惑になるかもと迷いましたが、
やはり苦しくなり、伝えたかったのでサックリ読み流してください。
私は自殺と尊厳死、安楽死の線引きはうまくできませんし、何の生産性も無い自分が今、生きている意味もわからないし、
たぶんこれからもわからないと思っています。
ただ、生まれたのに理由は有ります。
私の母は、父に内緒で私と姉の間に1人子供を堕胎しています。
おそらく、その子の宿った時期が母にとって都合が良く、性別が男の子なら私は産まれていませんでした。つまり、私は、まびきや剪定にあわなかったから2人目の子として生まれて来ました。
そして、今回の自然の猛威でも、
今のところまだ、まびかれていません。
今後、どんな事故や病気、そして災害にあうかわかりませんが、
その時には誰も恨みたくはないし、
今はまだつっかかるものがありますが、
せめて心から産んでくれてありがとうと
母に言えるようになりたいとぼんやり考えています。
先生のブログのコメントで時々、永遠の通りすがりさんのコメントを拝見させて頂いていますが、
とても真面目で繊細で、
私が百害あって一利無しと思う人とは、まるで正反対の方だと思います。
だからと言って案外、百害あって一利無しの人もいないとバランス悪いかも知れません(汗)、
自分勝手ですが、私は百害までいかなくてもスレスレなので…(汗)
だから、永遠の通りすがりさん、時間を早く止めたいなんて思っても
できたら止め無いでくださいね。
私は永遠の通りすがりさんの悩みや苦しみを理解していないし、面識も無いですから、おせいじを言う必要は無い人間です。
暗雲垂れ込めた中に長いこといると、
たまに射す光はかえって息苦しく感じますし、
今回のようにとても残酷で厳しい状況なら
なおさら、いつ光がさすかわからないし
暗雲が濃く深くなり、辛いし怖いですが、
優しい風が徐々に雲を動かしてくれるかもしれません、
時間にまかせてみませんか?
私もただ無駄に天井を眺め、動けない状態です。
でも、夜、月や星がレースのような雲に風が吹いて
隠れたり見えたりするのを見るのは、見飽きないし、日の光より優しいです。
それだけでも私はまだ、しぶとくまびかれなかった命をすてないでいようと思います。
永遠の通りすがりさんも、エクストラスーパームーンの事にふれてらしたし、
暫くは、天井と夜空、みていませんか?
一方的で、ありがた迷惑な内容で本当にごめんなさい。
by アミナカ (2011-03-27 02:12) 

永遠の通りすがり

アミナカさんへ

永遠の通りすがりです。コメント、ありがとうございます。
優しさに満ちた言葉に涙が出ました。

自分を適正に評価することはとても難しいですね。あまりに自己評価が低い場合、生育環境に自分がそのようになった答えを求める人もいますが、私はそうも思えません。

私の生まれ育った家庭は、父によって毎日食器が割られ、家具もドアも破壊されて、時には包丁がテーブルに刺さり放しになっている(父が恐くて誰も抜けない)ような家でした。しかし「そういう環境で育ちました」という冷めた気持ち以上の感情は湧きません。
母は自分が暴力を受けないためには「〇〇は今日はこういう悪いことをした」と大袈裟に言いながら夫に子供を差し出す人でした。
とにかく両親が嫌いで、恨むという感情すら持ちたくないです。
自己を肯定する機会を悉く奪われると、こんなに自分に自信がなくなるのかなと思ったりすることはたまにありますが。
一人暮らしをしてから、やっと自分の人生が始まった感じです。

自分を責めたり消したいと思うばかりでは、プラスのことは何も生まれないと心の奥では思っています。
幸い、家を離れてからの人間関係にはとても恵まれています。
人の温かさに触れ、世の中捨てたものではないと思う自分もいます。
なかなか気持ちの余裕は持てませんが、自分で自分の身体を痛めつけることをやめ、せめてゆったり散歩が出来るくらいには健康を回復したい気持ちも(ほんの少し)あるということをアミナカさんにお伝えしたいです。
まとまらない内容ですみません。
by 永遠の通りすがり (2011-03-28 10:47) 

アミナカ

永遠の通りすがりさん・先生へ

小心者の癖に、匿名性をいいことに、勢いで厚かましい事をコメントしてしまい永遠の通りすがりさんをはじめ、先生、先生のブログの読者の方に申し訳ない事をしたと、ザワザワした気持ちでいたので、
永遠の通りすがりさんのお気遣いに本当に感謝しています。
ブログのタイトルに関係無い内容でご迷惑になる事が気になり、
すぐに永遠の通りすがりさんへお返事をしたかったのですが、躊躇っていました。でも今回だけは、最新のブログでは無いので、
コメントをさせて頂く事を御許しください。

永遠の通りすがりさんへ

私の家も硝子が割れたり、包丁が出てきたりしましたが、その事は自分の身体が具体的な異変を感じるまでは、学校ではネタにして笑い話にしていました。
その後も、同じ様な境遇の人たちが傷口をなめあう様子には、あまり良い印象は持てなかったのですが、
本当は全く、達観できているわけでも無く、宙ぶらりんな状態です。
お散歩いいですよね。
私も、したいと思った事、しなきゃいけない事が実際に実行できるまでのタイムラグをもう少し短縮できたらいいなと思っています。永遠の通りすがりさん、
どうぞ、お体大切になさってくださいね。
今回、土足で上がるような事をした私に、
お返事ありがとうごさいました。
by アミナカ (2011-03-30 00:15) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0