So-net無料ブログ作成

うつ病を巡るまやかし [悪口]

こんにちは。
六号通り診療所の石原です。

今、朝8時丁度です。
第2第4の土曜日は、心療内科の専門外来の日です。
心療内科をやっていまして、
僕と非常勤の専門医との二人三脚で診察をおこなっています。

その場合のメリットは、
広い視野で診察が出来ることだと、
僕は思っています。
身体の病気で、精神に不調が来ることは、
非常に一般的なことですからね。
両方一度に診る、というスタンスでなければ、
意味がないでしょ。

酷い統計があるんですよ。
糖尿病の患者さんの3割はうつ病である、
とか、
心筋梗塞の患者さんの2割はうつ病であるとか、
何とか。
要するに身体の病気で掛かっている患者さんの中に、
うつ病の人がいるから気を付けろ、
と言うんですね。
こんな研究を資金を出してさせているのが、
うつ病の薬を販売している製薬会社なんです。

分かりますか、このからくり。

たとえば、あなたが糖尿病になったとします。
それで、大病院に掛かっています。
2週間に1度は診察に行かなければいけません。
予約があるのに死ぬほど待った挙句、
ろくすっぽ目も合わせない医者に、
将来への不安を煽るようなことばかりを言われます。
この血糖の数値だと、将来失明のおそれがある、
とか、
腎臓が悪くなって透析になるかも知れない、
とか何とか。
忙しい時間を割いて、金を払って、
診察を受けてこの始末。
その上、糖尿病は治らないのだとすれば、
一生この繰り返しは続くのです。

ある診察の時に、
あなたは一枚の紙を渡されます。
そこには、
幾つかの質問が書いてあります。
「この2週間以上、気分の落ち込みがありましたか?」
などなど。
そりゃ、落ち込むでしょう。
行きたくもないのに、
医者通いで嫌な思いをさせられているんですから。
あなたはその通りに紙に書きます。

すると、次の外来で、
医者は言います。
「あなたはうつ病もある可能性があります。
今度、メンタルヘルス科の外来も受診して下さい」
あいつらは、最近は精神科なんて、絶対に言いませんね。
でも、言葉が変わったって、内容は同じですよ。

あなたはメンタルヘルス科に行きます。
すると、更に薬が増えます。
今度は抗うつ剤や安定剤の薬ですね。
糖尿病にうつ病を合併していると、診断された訳です。

これがもしうつ病だとして、
メンタルヘルス科に通って治ると思いますか?
治る訳がないですよ。

だって、あなたのストレスは病院に掛かること、
そのものなんですから。
それを治すために更に診察の回数を増やし、
更に薬を増やすなんて、
どう考えても本末転倒でしょう。

あなたを診ていた糖尿病の医者はね、
うつの問診表の結果が出たら、
こう問い直すべきなんです。
「自分のせいで、この人はうつ病になったんじゃないだろうか」
「良かれと思って、却ってこの人にストレスを与える結果になったんじゃないだろうか」

そう思ったら、すぐに精神科に紹介するなんてことはしないでしょう。
まず、よく話し合って、治療とストレスとの関係について、
検証し直すべきです。

それを安易に紹介するのは、
専門医制の弊害ですね。

そしてその裏には、
抗うつ剤の売り上げを伸ばそうという、
製薬会社の思惑がある訳です。

製薬会社の営利企業としての意思とは何ですか。
薬をなるべく沢山の人に飲ませることですね。
ここには、以前お話しした、薬の特許の問題が絡みます。
ジェネリックが出るまでの期間は短いので、
それまでに何とか利潤を上げたい訳です。

なるべく沢山の人に薬を飲ませるためには、
うつ病と診断される人を増やすことですね。
薬が大して必要ない人にも、
薬を飲ませるための大義名分が必要になります。
そのために、製薬会社は、
その目的に適合した研究にお金を出すのです。

先に紹介した糖尿病とうつ病との関係は、
そうした思惑から生まれたデータなんです。

誰が一番悪いんでしょうか。
僕の考えは矢張り医者ですね。
製薬会社の考えは、えげつなくはあっても、
資本主義の世の中にあっては、
極めて当たり前のことなんです。
ですから、医者にはそれを見抜く目が必要ですよ。
僕も人のことは言えませんけど、
製薬会社が薬を進めに来た時は、
少し眉に唾を付けるべきなんです。
それと、明らかに製薬会社に有利なような研究を、
お金をもらって平然を発表するエラい先生方も、
また問題ですね。

最後にもう一度だけ、
心筋梗塞や糖尿病にうつ病が合併するなんて、
そんなの大嘘ですよ。
医者がうつにしているだけの話なんです。

以上、石原が責任を持って、
悪口をお送りしました。

それではまた。
今日も自分なりに頑張ります。

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(2) 

nice! 0

コメント 2

さき

本当にそう思いますね。
何でもかんでも、ストレスやうつにかこつける世のなかです。
極端ですが、人間毎日ゆううつになったり、ストレスを感じながら生きて?いると思います。

仰るように、来たくて病院を受診されている方は、ごく一部ではないでしょうか…?
病院に行く前は、皆がゆううつになります(笑)
by さき (2015-03-25 18:26) 

fujiki

さきさんへ
コメントありがとうございます。
大分以前のものなので、
今よりも過激な書き方になっています。
by fujiki (2015-03-26 08:06) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2