So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の5件 | -

「モリのいる場所」 [映画]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は土曜日で午前中は石田医師が外来を担当し、
午後2時以降は石原が担当する予定です。

今日は土曜日なので趣味の話題です。
今日はこちら。
モリのいる場所.jpg
これはあまりご覧になった方が多くない映画かと思いますが、
独特の個性を持った画家の熊谷守一さんをモデルに、
彼の晩年94歳の1日の出来事を描いた作品です。

先週同窓会で松本に行ったのですが、
その時にイオンの映画館でやっていたので、
たまたま観ました。
そうでなければ上映されていたこと自体、
知らなかったと思います。

山崎努さんが主人公の94歳の画家を演じ、
その妻を樹木希林さんが演じています。
山崎さんは熊谷守一さんのファンで、
演じることを切望していた、と宣伝には書かれています。

沖田修一監督が脚本も執筆していて、
僕はこの監督の作品をそれほど観ていませんが、
ちょっとクセのある方ですよね。

自分の家の庭を、
ある種の冒険のように歩く主人公を、
自然の風景や虫たちの姿の精緻な撮影と共に、
淡々とじっくり描いていて、
その部分に関してはとても良い感じです。

また、色々な個性的な人物が、
次々と熊谷さんの家を訪れるのですが、
そのやり取りなどもユーモラスで悠然としていて、
これもなかなか良い感じです。
ああこれは、たとえば黒澤明監督の「まあだだよ」みたいな気分で、
鑑賞すれば良いのかしら、
と思っていると、
ドリフの話題が盛り上がると上からタライが落ちてきたり、
宇宙人が訪問したりするので、
ちょっと騙されたような、
馬鹿にされたような気分になります。

体制批判のような社会批判のような部分もあるのですが、
最初の昭和天皇の登場もあまり感心しませんし、
殊更に文化勲章を批判するのも浮いている感じがしますし、
やるにしてももっとやりようがあったのでは、
という気分が最後まで拭えません。
最後に急に現代になって、
マンションの上から過去を見下ろすのも唐突だなあ、
と思いますし、
何処まで真面目で何処からふざけているのか、
皆目分からない感じがして落ち着かないのです。

でも、多分この監督とは話は合わないだろうな、
という感じが強くするので、
もう好んで観ることは止めようと思いました。

熊谷守一の美術館の新聞で次女の方が書かれた文章を読むと、
台本が事実と違う点が多いので申し入れをしたところ、
監督に「これはフィクションなので自由にやらせて欲しい」
と説得され、仕方なく同意した、
という趣旨のことが書かれていて、
それを読むと余計にモヤモヤしてしまいました。

何か勝手にファンタジーにするなら、
架空の画家のお話にすれば良いのに、
と思ってしまいました。

そんな訳であまり納得がいかなかったのですが、
主人公2人の演技は素晴らしく、
映像も非常に凝っていて美しいので、
一見の価値はあると思います。
何かちょっと残念ですね。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(3)  コメント(0) 

2型糖尿病の患者さんにおけるアスピリンの癌予防効果(2018年日本の疫学データ) [医療のトピック]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は金曜日でクリニックは休診ですが、
老人ホームの診療などには廻る予定です。

それでは今日の話題です。
今日はこちら。
アスピリンの癌予防効果日本.jpg
2018年のDiabetes Care誌に掲載された、
日本人の2型糖尿病の患者さんにおける、
アスピリンの癌予防効果についての論文です。

アスピリンを代表とする消炎鎮痛剤に、
癌の発症予防と予後改善の効果がある、
とする報告は以前からありました。

そのメカニズムは、
必ずしも全て分かっている、
という訳ではありませんが、
消炎鎮痛剤の炎症を抑えるメカニズムの一部が、
癌の増殖に関わるシグナルを、
同時に抑えているためと、
概ね考えられています。

最も研究が進んでいるのはアスピリンで、
最近の幾つかの大規模臨床試験の結果として、
癌の組織型のうち、
腺癌というタイプの癌については、
間違いなくその予後を改善する効果があり、
より明確なのは、
特に大腸癌の転移の抑制効果です。

以前ご紹介した、
2012年のLancet 誌の論文では、
メタアナリシスの結果として、
大腸癌の転移のリスクを、
74%低下させた、
という画期的な効果が得られています。

2009年のJAMA誌の論文では、
大腸癌関連の死亡を29%抑制していますし、
今年のBritish Journal of Cancer誌の論文でも、
大腸癌の患者さんの全死亡リスクを、
23%有意に低下させる効果が得られています。

このように、
複数の一流の医学誌に、
別々の研究グループから、
同様の結果が集積されているのですから、
これはほぼ科学的事実なのです。

さて、
アスピリンの継続的な使用が、
大腸癌の予後を改善する効果のあることは分かりました。

ただ、
この効果にどの程度の地域差や人種差のようなものが、
あるのかという点はまだ不明確ですし、
アスピリンには消化管出血などの出血系合併症が少なからずあり、
予防効果とそうした有害事象とのバランスを、
使用に関してどう考えるかがまた問題となります。

今回の研究は日本において、
2型糖尿病の患者さんに対して、
アスピリンの心血管疾患に対する一次予防効果を検証した、
臨床研究のデータを活用して、
糖尿病の患者さんにおけるアスピリンの癌予防効果を検証しています。

糖尿病はそれ自体癌のリスクであり、
日本においては糖尿病の患者さんでは、
そうでない人より1.7倍癌のリスクが増加する、
というデータもあるので、
糖尿病の患者さんはアスピリンによる癌予防の、
有効な対象であると考えられるからです。

2536名の2型糖尿病の患者さんを、
中央値で10.7年という長期の観察を行った結果として、
トータルにはアスピリンの使用による癌リスクの低下は、
有意には認められませんでした。

年齢を分けたサブ解析においては、
65歳以上では有意なアスピリンによる効果はなかった一方で、
65歳未満の解析では、
喫煙や血糖コントロールなどの因子を補正した結果として、
アスピリンにより癌のリスクは34%
(95%CI: 0.43から0.99)有意に抑制されていました。
ただ、これもギリギリという感じです。

最もこれまでにデータの多い大腸癌のみでみると、
矢張り65歳以上では有意な差はなく、
65歳未満のみの解析では、
そのリスクはアスピリンにより52%
(95%CI: 0.15から0.97)有意に低下していました。
実際の大腸癌の発症件数は、
アスピリン群で27例、
未使用群で31例ですから、
こうした検証では対象者がもう少し多くないと、
検証は難しいように思いました。

このように今回のデータは例数と癌の発症数から、
明確な差を出すことは難しかったようですが、
現時点で日本人の集団において、
アスピリンの癌予防に有効性があるとは、
言えないのが実際であるようです。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(6)  コメント(0) 

バルプロ酸の男性生殖内分泌機能に対する影響(2018年メタ解析) [医療のトピック]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は午前午後ともいつも通りの診療になります。

それでは今日の話題です。
今日はこちら。
バルプロ酸と男性生殖機能.jpg
2018年のEpilepsy & Behavior誌に掲載された、
抗けいれん剤として広く使用されている、
バルプロ酸(商品名デパケンなど)の、
男性生殖機能に与える影響についての論文です。

バルプロ酸は最もポピュラーなけいれん止めの薬で、
てんかん発作の予防に広く使用されていて、
それ以外に偏頭痛などの慢性頭痛の予防や、
双極性障害などの感情障害の治療にも、
しばしば使用されている薬です。

この薬は有効な反面、
副作用や有害事象が多いことも知られています。

代表的なものは肝機能障害や眠気、
錐体外路症状や胃腸症状などですが、
女性の月経異常や多囊胞性卵胞なども報告されています。

男性の性欲減退や生殖内分泌型の異常も、
報告はありますがその頻度などは明確には分かっていません。

ちなみに現行の日本の添付文書においては、
女性の月経異常は頻度不明で、
男性の生殖機能については記載はありません。

今回の研究はこれまでの臨床データをまとめて解析した、
システマティック・レビューとメタ解析によるものですが、
6つの臨床研究のトータル316名のデータをまとめて解析した結果として、
バルプロ酸の使用により、
血液中のテストステロン濃度と、卵胞刺激ホルモン(FSH)濃度は、
いずれも有意に低下していました。

つまり、バルプロ酸の使用により、
男性ホルモンが低下し、
男性生殖機能が低下する可能性があることは、
間違いはなさそうですが、
この問題についてのデータは少なく、
その程度を含めて今後より大規模な検証が、
必要であるように思われます。

てんかんへの使用はともかくとして、
バルプロ酸は偏頭痛などに対しても、
若年層にしばしば連用されている薬なので、
この問題は軽視するべきではないように思います。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(6)  コメント(0) 

マルチビタミン・サプリメントの心血管疾患予防効果 [医療のトピック]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は水曜日なので、
診療は午前中で終わり、
午後は産業医の面談などに都内を廻る予定です。

それでは今日の話題です。
今日はこちら。
マルチビタミンの効果.jpg
2018年のCircultion: Cardiovascular Quality and Outcome誌に掲載された、
マルチビタミンのサプリメントの、
心血管疾患予防効果についての論文です。

人間に必要なビタミンを複合して含む、
マルチビタミン・サプリメントは、
サプリメントの商品の中でも、
最も広く使用されているものです。

個々のビタミンの不足や欠乏が、
多くの病気の原因となることは、
それは間違いのない事実ですが、
それはあくまで高度の不足の場合であって、
余程の偏食やアレルギーなどがない場合には、
そうした事態はあまり起こりません。

それでは、それほどの欠乏がなくても、
やや多めにビタミンを摂ることに、
健康上のメリットがあるのかどうか、
という点については、
まだ明確な結論が出ていません。

これまでの多くの研究では、
マルチビタミンのサプリメントと、
心血管疾患などのリスクとの間には、
明確な関連は得られていません。
ただ、一部にある種の心血管疾患において、
そのリスクがサプリメント使用者で低かった、
というようなデータも発表はされています。

今回の研究は、
1970年から2016年の間に発表された、
主だった臨床データや疫学データをまとめて解析する手法で、
マルチビタミンのサプリメントの使用と、
心血管疾患のリスクとの関連を検証しています。

その結果、
一般住民がマルチビタミンのサプリメントを使用しても、
その後の心血管疾患のリスクには、
何ら有意な影響は確認されませんでした。

これはほぼ常識的な結果で、
そうは言っても全ての方にサプリメントは無効ではなく、
それほどの害もないと想定されるので、
お好きな方が使用することを非難するべきではないと思いますが、
少なくとも心血管疾患の予防という観点においては、
そうしたサプリメントの使用は無意味と断じても、
もう言い過ぎではない時期に来ているように思います。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(6)  コメント(0) 

BMIと死亡リスクとの関連について(心血管疾患の状態による解析) [医療のトピック]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は午前午後ともいつも通りの診療になります。

それでは今日の話題です。
今日はこちら。

BMIと死亡リスク.jpg
2018年のthe American Journal of Cardiology誌に掲載された、
体格の指標であるBMIという数値と、
生命予後との関連を、
心血管疾患のリスクなどで解析した論文です。

BMIというのはキログラムで表示した体重の数値を、
メートルで表示した身長で2回割り算して得られる数字で、
この数値が25以上であると過体重と判断され、
世界的にも30を超える状態は肥満と診断されます。

一般住民や心血管疾患の既往のない集団での疫学データにおいては、
BMIが20から24.9の間が最も死亡リスクが低く、
25を超えると総死亡のリスクも、
心血管疾患の発症リスクもいずれも増加に転じます。

しかし、その一方で心血管疾患を持つ患者さんの集団では、
BMIが20から24.9より高い、過体重や軽度の肥満の方が、
死亡リスクが低いという、
かなり意外な結果が複数報告されています。

これをBMIパラドックスと呼ぶこともあります。

何故、心血管疾患の患者さんでは、
体重が重い方が予後が良いのでしょうか?

今回の研究はこれまでの疫学データをまとめて解析する手法で、
心血管疾患の既往のない集団と、
心血管疾患で治療中の安定した状態にある集団、
そして急性冠症候群の状態にある集団の、
3種類の集団毎に、
生命予後とBMIとの関連を比較しています。

その結果、
心血管疾患のない集団では、
最も死亡リスクが低いのは27.2であったのに対して、
安定した心血管疾患の集団では28.1、
急性冠症候群の集団では30.9となっていました。

このように個々の集団において、
心血管疾患との関係の違いにより、
死亡リスクを低下させるBMIの数値には明確な違いが認められました。

またこの集団を全て併せた上で、
喫煙や既往歴などから死亡リスクを推計し、
そのリスクの高さによって3つの分類を行っても、
高リスクである方が、
総死亡のリスクを最も低下させるBMIは上昇していました。

それを図示したものがこちらになります。
BMIと死亡リスクの図.jpg
このように、
どうやら心血管疾患に関わらず、
病気のリスクが高く元々死亡リスクが高い集団では、
そうでない集団より、
やや体重が多くBMIが高い方が、
生命予後が良いという傾向が、
トータルに認められると考えて間違いはないようです。

その原因は不明ですが、
上記文献の著者らは、
生命保持における内臓脂肪などの持つ役割が、
リスクの高い集団では大きいのではないか、
というような推測をしています。

いずれにしても、
その人にとっての健康的なBMIには違いがあり、
それを無視して20から24.9を至適とする、
というような考え方は、
適切ではないと考えた方が良いようです。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(6)  コメント(0) 
前の5件 | -