So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

コーヒーとお茶の健康効果の差(イランの疫学データ) [医療のトピック]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は午前午後ともいつも通りの診療になります。

それでは今日の話題です。
今日はこちら。
コーヒーとお茶の比較.jpg
2019年のNutrition & Metabolism誌に掲載された、
コーヒーとお茶の健康効果を比較したイラン発の論文です。

コーヒーを1日3から4杯くらいまでの範囲で飲む習慣が、
健康に概ね良い影響をもたらし、
生命予後や心血管疾患リスクにも良い影響を与えることは、
多くの国内外の疫学データにより、
ほぼ確定した事実です。

ただ、その原因が何であるかについては、
明確な結論が得られていません。

コーヒーに含まれている生理活性物質では、
カフェインがその代表です。

従って、1つの仮説としては、
適度にカフェインを摂取するという習慣が、
メタボなどを予防して生命予後にも良い影響を与える、
という推測が可能です。

仮にそうであるとすると、
同じようにカフェインを多く含む飲み物である、
緑茶や紅茶などのお茶でも、
同じような健康効果があっておかしくはありません。

実際お茶の摂取量が多いことも、
コーヒーと同じような健康効果があっておかしくはありません。

実際にお茶の摂取量が多いことで、
同様の健康効果が見られたとする報告は複数存在しています。
しかし、コーヒーと比較するとそのデータの精度にはやや問題があり、
関連がないという報告もあってその評価はまだ一定していません。

今回の研究は、
概ねコーヒーよりお茶を多く飲む地域であるイランのもので、
心血管疾患に関わる別個の疫学データを解析することにより、
お茶とコーヒーの摂取量と心血管疾患リスクとの関連を検証しています。

15000人余りの住民を中間値で6年観察した結果として、
お茶の摂取量が1日250ミリリットル未満と比較して、
1日750ミリリットルを超えて飲んでいると、
心血管疾患のリスクは2.45倍(95%CI: 1.40から4.29)、
有意に増加していました。

これをカフェインの摂取量で見てみると、
1日60.25ミリグラム未満(コーヒー1杯分くらい)と比較して、
1日1514ミリグラムを超える摂取量では、
心血管疾患のリスクは2.22倍(95%CI: 1.23から4.01)と、
有意に増加していました。

その一方でコーヒーの摂取量においては、
飲まない場合と比較して飲む習慣のある人は、
心血管疾患のリスクが43%(95%CI: 0.36から0.91)、
こちらは有意に低下していました。

コーヒーは心血管疾患のリスクを低下させるものの、
お茶はむしろ増加させ、
それはカフェインの増加とほぼ一致している、
という意外な結果です。

この現象をどう考えるかは難しいところで、
イランでのお茶は紅茶が主で、
そこに砂糖や香辛料、乳製品などを入れて飲むことが多いので、
それが影響している可能性は否定出来ません。

ここでリスクが高くなっているカフェインの摂取量は、
通常のコーヒーであれば20杯分以上ですからかなり多く、
このデータはかなり過量にカフェインを摂取した、
特殊な状況を反映しているようにも思われます。

いずれにしてもカフェインの1日の上限は、
矢張り500ミリグラム程度と考えるのが現状では適切であるようです。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(3)  コメント(0) 

コーヒーによる脈拍低下作用 [医療のトピック]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は水曜日で診療は午前中で終わり、
午後は別件の仕事で都内を廻る予定です。

それでは今日の話題です。
今日はこちら。
コーヒーと脈拍.jpg
2019年のHeart and Vessels誌に掲載された、
コーヒーの脈拍への影響についての論文です。

コーヒーの健康効果については、
世界中の大規模疫学データにおいて、
総死亡のリスクや心血管疾患のリスクを低下させる、
と言う点においてはその結果はほぼ一致しています。

この意味ではコーヒーの健康効果は、
ほぼ実証されたと言って良いのです。

ただ、それではコーヒーのどの成分が、
その健康効果の原因になっているのか、
という点についてはまだ明確な結論が出ていません。

その候補の1つはカフェインですが、
カフェインやコーヒー以外にも、
緑茶や紅茶などにも含まれているの対して、
同じ量のカフェインの摂取で比較しても、
コーヒーと同じような効果が、
お茶では得られていないと言う点が、
疑問として残るのです。

心血管疾患のリスクの1つとして脈拍数があります。

これまでにも何度かご紹介しているように、
安静時の脈拍数が早い(概ね1分間に75回以上)と、
高血圧や心血管疾患のリスクが高まることが報告されています。

それでは、コーヒーは脈拍にどのような影響を与えるのでしょうか?

今回の研究は久留米大学医学部の研究グループによるもので、
世界7カ国共同研究という疫学研究の日本での対象地である、
久留米市田主丸町(たぬしまるまち)の住民データを活用して、
コーヒーの摂取量と生命予後、そして脈拍数との関連を検証しています。

筆頭筆者の方の名前が、
Yume Nohara-Shitamaと書かれているので、
「ゆめ、のはら、したま?」
これは何かペンネームのようなものなのかしら、
とても人の名前のようにも思えないぞ、
と思ったのですが、
ちゃんとした人の名前でした。
ご興味のある方はお調べ下さい。

検診を受けた40歳以上の町民1902人(町の人口が3463人)
を対象として15年の経過観察を行った結果、
観察期間中に343名が死亡をされました。
ここでコーヒーの1日摂取量を、
1日0から10ミリリットルから1日151ミリリットル以上の4群に分けて比較したところ、
総死亡のリスクはコーヒーの摂取量が最も少ない群と比較して、
多い群では有意に低下していました。

コーヒーの生命予後改善効果が、
ここでも確認されたことになります。

ここでのコーヒーの摂取量と安静時脈拍数との関係をみてみると、
コーヒーの摂取量が多いほど脈拍数は低下していました。

そして、
コーヒーの摂取量が最も少ない群では、
脈拍が70回を超える群では55以下の群と比較して、
総死亡のリスクは2倍以上となっていましたが、
コーヒーの摂取量の多い群では、
脈拍と死亡リスクとのそうした関連は認められませんでした。

要するにコーヒーによる脈拍数の低下が、
高血圧や心血管疾患のリスクを下げ、
そのことによって死亡リスクの低下に繋がっていることを、
想定させる結果です。

それでは、何故コーヒーで脈拍数が低下するのでしょうか?

コーヒーはカフェインを含んでいて、
カフェインには交感神経の刺激作用がありますから、
その点だけを考えると、
脈拍はむしろ多くなっておかしくはありません。

ただ、これは敢くまで短期の効果で、
長期間カフェインを持続的に摂取すると、
むしろ脈拍は低下するという可能性があります。
また、コーヒーに含まれるポリフェノールの代表であるクロロゲン酸が、
脈拍の低下に結び付いているという可能性も、
上記文献の考察には記載されています。

このように、
意外にもコーヒーを飲んだ方が脈拍は低下しており、
それがコーヒーの健康効果にも、
関連している可能性がありそうです。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(7)  コメント(0) 

グルコサミンの心血管疾患予防効果 [医療のトピック]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は午前午後ともいつも通りの診療になります。

それでは今日の話題です。
今日はこちら。
グルコサミンの心血管疾患予防効果.jpg
2019年のBritish Medical Journal誌に掲載された、
関節痛に広く使用されているサプリメントが、
心血管疾患の予防になるのではないかという、
「意外に効くじゃんグルコサミンって!」
という感じの論文です。

グルコサミンとコンドロイチンは、
膝などの関節の軟骨を形成する成分で、
そのためサプリメントとしてその補充を行なうことが、
膝の痛みの改善や関節症の進行予防に繋がるのでは、
という期待から、
サプリメントの一大市場を形成しています。

毎日そのCMがテレビで流れない日はありませんし、
あらゆるメディアがその宣伝を行なっています。

しかし、実際にその効果がどの程度のものか、
という点については、
まだ議論があり、
一定の結論に至ってはいません。

グルコサミンについては2000年代の初め頃に、
一流の医学誌にその使用により膝の痛みが改善したとする、
複数の論文が掲載されました。
今でも一部のグルコサミンの宣伝には、
その時のデータが使用されています。

しかし、その論文の多くが、
特定のグルコサミンの販売業者と癒着した、
研究者によるものだったことが判明し、
その信頼性は大きく損なわれました。

その後、アメリカでGAIT研究と呼ばれる大規模な臨床研究が行われ、
グルコサミンとコンドロイチンの半年間の効果が検証されました。
その結果は、2006年と2008年に論文化されました。
トータルには明確な効果は確認されませんでしたが、
特に有害ではなく、症状の改善したケースも認められました。
サブ解析で中等度から高度の痛みのある患者さんでは、
痛みの改善効果があるかも…
というくらいの結果です。

その後2014年のAnn Rheum Dis.に新たな臨床試験の結果が発表されました。
その後に発表された臨床試験の中では、
例数もまずまずで厳密な手法を用い、
偽薬と比較していて、2年という長期の効果を見ている、
という点で、それまでにない画期的なものです。

オーストラリアにおいて、
45から75歳の変形性膝関節症の患者さん、
トータル605名を、
本人にも治療者にも分からないように、
4つのグループに分け、
第一グループはグルコサミンを1日1500ミリグラム、
第二グループはコンドロイチンを1日800ミリグラム、
第三グループはグルコサミンとコンドロイチンの併用、
そして第四グループは偽薬を使用して、
その後2年間の経過観察を行います。

その結果…

偽薬を含めた全てのグループで、
治療の1年後には膝の痛みは改善を示しましたが、
グループ間の差は有意なものはありませんでした。
有害事象にも差はありません。
そして、グルコサミンとコンドロイチンの併用群では、
膝関節症の進行度の指標1つである、
関節裂隙の狭小化が、
2年間で0.1ミリ(0.002から0.20)偽薬より有意に予防されていました。

つまり、
痛みなどの症状には差は付かなかったけれど、
グルコサミンとコンドロイチンを併用すると、
二年間で関節の軟骨の減りが、
平均で0.1ミリ少なくて済んだ、
ということになります。

同じ雑誌に翌2015年、
次のような論文も発表されました。
これは別個の研究で、
フランス、ドイツ、ポーランド、スペインで、
患者さんが登録されています。

変形性膝関節症のある40歳以上の606名の患者さんを、
グルコサミン1500ミリグラムとコンドロイチン1200ミリグラムを併用する群と、
セレコキシブという消炎鎮痛剤を200ミリグラム使用する群の2つに分け、
半年間の経過観察を行なっています。
どちらのグループかは、
患者さんにも主治医にも知らされません。

その結果、
矢張り痛みはどちらの群でも減少していて、
しかし両群での効果の差は認められませんでした。

この研究は偽薬との比較ではないので、
その点はちょっと見劣りがするのですが、
膝関節症の痛みに対して、
痛み止めを使うべきか、
それともグルコサミンやコンドロイチンで様子を見るべきか、
というのは、
臨床において医者も患者さんも、
日々直面する問題ですから、
その意味では意義のある試験だと言って良いと思います。

膝関節症は、
物理的なストレスと老化が原因であっても、
その進行には一種の自己炎症のメカニズムが絡んでいて、
その意味では消炎鎮痛剤の使用が、
理に適っている側面があります。

しかし、こうして結果を見ると、
どうやらセレコキシブによる病状の改善効果は、
グルコサミンとコンドロイチンで、
充分代用は可能な水準のもののように思われます。
更には偽薬とどの程度違うかは、
神のみぞ知る、という感じです。

トータルに考えて、
グルコサミンとコンドロイチンの併用は、
2年間程度の使用における安全性はほぼ確立していて、
その効果は膝関節症の進行予防に、
僅かには関与しているようです。
ただ、その痛みなどの改善効果は、
多分にプラセボ効果を含んでいて、
それを除外するとかなり心許ない感じです。

このように、グルコサミンはサプリメントとしては優等生です。

一定の効果がある可能性があり、
一方で有害事象などのリスクが生じる可能性は極めて低いからです。

このため、アメリカやオーストラリアでは、
グルコサミンは日本と同じくサプリメントの扱いですが、
ヨーロッパでは処方箋の必要な処方薬の扱いとなっています。

こうしたことを知らずに、
「グルコサミンには何の効果もない」
と言い切っているような専門家と称する方もいますが、
実は知識がアップデートされていないのです。

最近グルコサミンの使用により、
心血管疾患のリスクが低下するのでは、
ということを示唆する報告が幾つか見られています。

今回の研究は大規模健康データである、
イギリスのUKバイオバンクのデータを活用して、
心血管疾患の既往のないトータル466039名に、
グルコサミンの使用の有無を聞き取りし、
中間値で7年の経過観察を行って、
心血管疾患の発症リスクを比較検証しています。

他の心血管疾患のリスク因子を補正した結果として、
グルコサミンの習慣的な使用は、
心血管疾患のトータルな発症リスクを15%(95%CI: 0.80から0.90)、
心血管疾患による死亡のリスクを22%(95%CI: 0.70から0.87)、
虚血性心疾患の発症リスクを18%(95%CI: 0.76から0.88)、
それぞれ有意に低下させていました。

このように、
今回の大規模な検証から、
グルコサミンの使用が心血管疾患のリスクを低下させる可能性が、
示唆されました。

仮にこれが事実として、
どのようなメカニズムが想定されるでしょうか?

上記文献の考察では、
グルコサミンに抗炎症効果があり、
それが原因となっている可能性や、
グルコサミンに糖化を抑制するような作用があり、
低糖質ダイエットと似た作用があるのでは、
というような推論も記載されています。

グルコサミンの心血管疾患予防効果は、
まだ確定したものではありませんが、
グルコサミンはサプリメントとしては、
関節炎にも一定の有効性があり、
心血管疾患の予防効果もあるとすれば、
意外に優れものと言えるかも知れません。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(8)  コメント(0) 

インフルエンザ感染と湿度との関係 [医療のトピック]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は午前午後ともいつも通りの診療になります。

それでは今日の話題です。
今日はこちら。
インフルエンザと湿度の関係.jpg
2019年のPNAS(米科学アカデミー紀要)に掲載された、
インフルエンザ感染に対する湿度の影響についての論文です。

季節性インフルエンザの感染は、
北半球では11月から3月に多く、
南半球では5月から9月に多いという特徴があります。

これは概ね気候の影響として説明されています。

インフルエンザウイルスの感染は、
温度と湿度が共に低い環境で、
より活発化することが知られています。

ただ、2019年のApplied and Environmental Microbiology誌に掲載された論文では、
カナダの疫学データを解析した結果として、
通常湿度として表現されている相対湿度は、
確かにB型インフルエンザは低いほど感染が活発化しますが、
A型インフルエンザはむしろ高いほど感染が活発化する、
という結果になっていました。

つまり、湿度が低いほどインフルエンザ感染が活発化する、
という「常識」も、
実際にはそれほど確実と言える知見ではありません。

仮に湿度が低いとインフルエンザが流行し易いとして、
その原因は何なのでしょうか?

湿度特に絶対湿度が低いと、
インフルエンザウイルスを含む飛沫粒子が安定せず、
飛沫感染が安定せず、
感染が起こりにくい、
とする複数のデータが存在しています。

その一方で厚生労働省のサイトには、
人間の気道の粘膜の防御機能が、
相対湿度が低いと低下する、
という趣旨の説明がありますが、
その根拠はあまり明確なものがありません。

上記論文の記載をみても、
粘膜の防御機能などが湿度によってどう変化するかについては、
その根拠となる知見は限られているようです。

今回の研究はアメリカのエール大学などの研究チームによるもので、
ネズミによる動物実験ですが、
相対湿度が10から20%と低い環境と、
50%と通常の環境とで、
気道の防御機能の違いを比較検証しています。

その結果、
湿度が低いと気道粘膜の繊毛運動が低下し、
インフルエンザウイルス感染時に障害された、
粘膜の機能回復も遅れることが確認されました。

つまり、厚労省のサイトにあることも嘘ではなく、
インフルエンザ感染に対抗する粘膜の防御機能は、
湿度が10から20%では低下することが、
動物実験のレベルではありますが、
確認されたのです。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(4)  コメント(0) 

「アベンジャーズ エンドゲーム」 [映画]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は日曜日でクリニックは休診です。

休みの日は趣味の話題です。
今日はこちら。
アベンジャーズエンドゲーム.jpg
アベンジャーズシリーズの一応の最終編として、
これまでの全てのキャラクターが総出演するという、
お祭り的な大作が、
今ロードショー公開されています。

前作の「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」では、
サノスという敵が世界を支配出来る6つの宝石の力で、
ヒーローも人類も半分にされてしまうのですが、
そのどん底からヒーロー達の逆襲が始まります。

これはまあ看板には偽りなしで、
3時間によくぞここまで詰め込んだ、
という内容になっていて、
巧妙な仕掛けによって、
これまでのシリーズ全てを振り返るという趣向になっています。
更に個別のストーリーがさんざん展開された後で、
最終決戦はあらゆる物量を、
これでもかと詰め込んだ凄まじいものになっていて、
観客の膨れ上がった期待を裏切るまいという、
このシリーズの凄みを感じさせます。

キャストもこれまでのキャラクターが、
ほぼ総出演するのですから、
その圧力たるやもの凄いのですが、
ちゃんと個々のドラマにも締め括りを作っていて、
ラストの余韻もなかなかのものです。

僕自身はそれほど沢山このシリーズを観ていないので、
細部は分からないところも多いのですが、
「アントマン」や「キャプテンマーベル」のような、
最近公開された映画がストーリーの肝になっているので、
それほどストレスなく観ることが出来ました。
シリーズのファンであれば、
楽しみどころは満載だと思います。

不満を言えば敵キャラに魅力が乏しいですよね。
悪の軍団のビジュアルは平凡ですし、
ボスも何か苦悩している感じでお年寄り感もあるので、
正義と邪悪の最終対決という感じには、
何となくならないのが物足りないところです。
キャプテンマーベルは強すぎるよね。
ちょっとバランスを欠いている感じもしました。

人類の半分が消失するという趣向については、
ダン・ブラウンの「インフェルノ」もそんな話でしたし、
人間は半分くらいにした方が世の中は良くなる、
というある種の階層の願望のようなものが、
多分あるのかなあと感じました。

東京は出て来るけどしょぼくてガッカリですね。
でもまあ、あんなポジションですね。
仕方のないことです。

あとアメリカ人のユートピアがね、
湖のほとりのコテージで、
家族と釣やキャンプを楽しむという感じの、
結局それですか、という感じが、
何となく極東の島国のドロドロ世界から観ると、
素直に素晴らしいと思えない部分もあります。

いずれにしても今の映画のある種の到達点的な大作なので、
一見の価値はある超弩級の作品であることは確かです。
ある意味必見ではあります。

それでは今日はこのくらいで。

皆さんも良い休日をお過ごし下さい。

石原がお送りしました。

nice!(6)  コメント(0) 
前の5件 | -