So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

ソフトドリンクと死亡リスク(2019年ヨーロッパの疫学データ) [医療のトピック]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は水曜日なので、
診療は午前中で終わり、
午後は産業医の面談などで都内を廻る予定です。

それでは今日の話題です。
今日はこちら。
ソフトドリンクと死亡リスク.jpg
2019年のJAMA Internal Medicine誌に掲載された、
ジュースなどのソフトドリンクを飲む習慣と、
生命予後との関連を検証した論文です。

砂糖などの糖質を含むジュースなどの甘い飲み物が、
血糖値を上昇させて肥満の原因となり、
糖尿病や心血管疾患のリスクとなって、
生命予後にも悪い影響を与えることは、
これまでにも複数の疫学データで指摘をされていて、
そうした健康リスクを背景に、
イギリスでは砂糖税が導入されていることは、
これまでにも話題にしたことがあります。

その代用品として広く出回っている、
カロリーのほぼない人工甘味料を、
砂糖やブドウ糖の代わりに使用した飲み物の健康リスクについては、
砂糖加糖飲料と比べればリスクが少ないことは、
ほぼ間違いがありませんが、
一定の健康リスクがあるのではないか、
というようなデータや意見もあり、
その使用には賛否があって一定の結論には至っていません。

今回の研究はヨーロッパの10カ国において、
451743名の一般住民を中間値で16.4年という長期の経過観察を行っています。

その結果、
1日にソフトドリンク(砂糖加糖飲料と人工甘味料を含む)を、
250ミリリットルは飲まない人と比較して、
1日500ミリリットル以上飲む人は、
総死亡のリスクが17%(95%CI: 1.11から1.22)有意に増加していました。
これを砂糖加糖飲料と人工甘味料飲料に分けて分析すると、
砂糖糖加飲料では総死亡リスクは8%(95%CI: .1.01から1.16)、
人工甘味料飲料では総死亡リスクが26%(95%CI: 1.16から1.35)、
こちらも有意に増加していました。

死亡原因を癌と血管系の病気、消化器系の病気、その他、
に分けて分析すると、
総死亡と同様の比較において、
砂糖加糖飲料は消化器系の病気による死亡のリスクを、
59%(95%CI: 1.24から2.05)、
他方人工甘味料飲料は血管系の病気による死亡のリスクを、
52%(95%CI: 1.30から1.78)、
それぞれ有意に増加させていました。

これまで報告されたデータにおいては、
概ね体重増加や肥満と関連が高く、
血糖値の上昇や内臓脂肪の増加との関連が、
指摘されることが多かったのですが、
今回のデータでは肥満と飲み物との関連は、
それほど明確ではなく、
体重増加とは別個のメカニズムが、
ソフトドリンクと死亡リスクとの間にはあることを示唆しています。

また、これまでのデータでは、
人工甘味料飲料の健康リスクは、
砂糖加糖飲料のリスクよりは低いことが殆どでしたが、
今回は意外なことに、
総死亡のリスクは人工甘味料飲料の方が高くなっていて、
死亡原因にも差が認められました。

これは1つの可能性としては、
体調の悪い人が健康を気にして、
砂糖加糖飲料を避けて人工甘味料飲料に乗り換えた、
というようなバイアスの影響も考えられますが、
ひょっとしたら人工甘味料の現在認識されていないリスクの発見に、
繋がる可能性も秘めているような気もします。

今後の検証と知見の積み重ねに期待したいと思います。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(4)  コメント(0) 

成人のRSウイルス感染症 [医療のトピック]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は午前午後ともいつも通りの診療になります。

それでは今日の話題です。
今日はこちら。
RSウイルス.jpg
2019年のBritish Medical Journal誌に解説記事ですが、
成人のRSウイルス感染症についてまとめたものです。

RSウイルスは、
急性気管支炎や肺炎を起こす代表的なウイルスの1つで、
いわゆる「風邪症候群」の代表的な原因ウイルスでもあります。

その発見は1957年のことですが、
2016年以降新しい分類が適応され、
それ以前のパラミクソウイルス科から、
ニューモウイルス科、オルトニューモウイルス属に変更されています。

ただ、ネットなどの医療情報は、
日本語のウィキペディアを含めて、
大多数が古い分類のままの記載になっているようです。

1本鎖のRNAウイルスで11の遺伝子から構成され、
インフルエンザウイルスにも似通った構造で、
AとBという2つの血清型が存在しています。

特に1歳未満の年齢において重症化するため、
お子さんのみの感染症のように思われがちですが、
実際には全ての年齢層において、
風邪症状の原因ウイルスとなり、
インフルエンザと同じように、
高齢者や免疫不全のある患者、喘息や慢性気管支炎など、
肺の慢性の病気のある患者では重症化することが知られています。

その感染は、
北半球では主に冬の寒い時期に流行があり、
一方で熱帯地域では、
夏の雨季に流行があります。

日本でも以前はもっぱら冬のみの流行でしたが、
ここ数年は夏場の流行も見られていて、
気候変動の影響を伺わせています。

RSウイルス感染症には、
インフルエンザ感染症と同じように、
鼻の奥の粘膜から綿棒で検体を取って、
5分程度で診断が可能な迅速診断のキットがあり、
日本の臨床でも広く使用されています。

ただ、健康保険の適応となるのは、
主に入院患者と1歳未満の乳児のみですから、
外来で大人の患者さんにこの検査をすることは、
実際にはあまりありません。

迅速診断は症状が出現してから2時間以内に陽性化するので、
インフルエンザの迅速診断と比較すると、
より早期の診断が可能です。
ただ、上記の記事にはその感度は23から74%と記載されていて、
その信頼性はそれほど高いものではありません。
キットも改良は加えられていると思いますから、
この数値より感度も上がっているとは思われますが、
インフルエンザのキットと比較しても、
その感度は低いということは、
押さえておく必要はありそうです。

いずれにしても、
インフルエンザと比較して診断自体がされないというのは、
これは海外でもそうした傾向はあり、
成人のRSウイルス感染症は軽症という先入観があるので、
あまり検査はされずに「風邪」として処理されることが多いのです。

しかし、
治療を要する急性の呼吸器感染症のうち、
RSウイルスを原因とするものは12%に上るという報告もあります。

ある疫学データにおいては、
同時期にインフルエンザやヒトメタニューモウイルスより、
RSウイルスによる入院の事例の方が多かった、
という結果が報告されています。

ただ、小児と比較して重症の事例が少ないことは事実で、
感染者のうち入院が必要となるのは1%未満とされています。
その一方で成人の感染事例で症状がないのは5%未満とされていて、
RSウイルスに感染すると、
風邪症状はほぼ間違いなく出現するけれど、
それが重症化されることは少ない、
というのが実際であるようです。

ウイルスの性質として、
RSウイルスは下気道を含む気道の表面のみで増殖し、
軽度のダメージを与えるだけなので、
感染される人間の側に大きな問題がなければ、
その感染は軽い咳や痰などの症状のみで軽快します。

高率に肺炎や気管支炎を起こすのは、
高齢者などで免疫機能が低下していたり、
心不全や喘息、慢性気管支炎など、
心臓や肺の病気を持っているような状態に限られているのです。

RSウイルスは基本的にAとBの2種類の血清型しかなく、
その両者の免疫が維持されれば、
感染することはありません。
しかし、実際に感染しても抗体は高いレベルでは維持されず、
成人では1年以内には再感染すると考えられています。
子供でも大人でも繰り返し感染するのがRSウイルスで、
大人が軽い感染で済むことが多いのは、
免疫があるからではなく肺の機能などの違いによっているようです。

現時点で確実にRSウイルス感染症を予防するような方法はありません。

有効なワクチンの開発は成功していません。

RSウイルスに対するモノクローナル抗体として、
パリビズマブ(シナジス)が感染の重症化予防のために使用されています。
日本においては2002年から、
早産児と気管支肺異形成症を対象として使用が認可され、
現在では先天性心疾患や免疫不全症、
ダウン症候群と適応が拡大しています。

また、抗ウイルス剤であるリバベリンの吸入が、
海外では使用されていますが、
現状日本では保険適応はありません。

こうした治療は現時点では小児に限定したものですが、
成人にも有効な可能性はあります。

ただ、その明確な有効性は確認されておらず、
その使用は世界的にも推奨はされていません。

このように、
感染症としては成人でも重要でかつ重症化も多いRSウイルス感染症ですが、
その治療や予防の適応など、
整備されるべき問題点は多く、
今後成人においても、
有用なガイドラインの作成が必要だと思います。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(6)  コメント(0) 

「ダンスウィズミー」 [映画]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は祝日でクリニックは休診です。

休みの日は趣味の話題です。
今日はこちら、
ダンスウィズミー.jpg
娯楽映画の名人矢口史靖監督の新作が、
今ロードショー公開されています。

多分「ラ・ラ・ランド」が発想の原点と思われますが、
等身大の人間味のあるミュージカルを、
これまでにない切り口で娯楽映画にしよう、
というような方向性の作品です。

よくミュージカル映画の悪口として、
「普通にお芝居をしているのに、急に歌ったり踊ったりするのは、変だよね」
というパターン化された発言がありますが、
それを逆手に取って、
過去にミュージカルへのトラウマのある主人公が、
催眠術によって、
「音楽が聞こえると、どこでもいつでも歌って踊り出す」
という状態になり、
そのために人生の危機が訪れるので、
催眠術を解いてもらおうと、
借金で姿をくらましている催眠術師を追いかけて、
全国を旅するというロードムービーにしています。

主人公は三吉彩花さん演じる若いOLなので、
女性主人公の自分探しという定番の女性映画の要素に、
楽しいミュージカルの要素と、
これも定番のロードムービーの要素を、
一緒にしてしまえばヒットするだろう、
というそれだけ聞いても、
ちょっと安易だな、大丈夫かしら、
と思ってしまうような企画です。

観た感想としては、
予想をはるかに下回る詰まらなさで、
今年一番と言っていいくらい、
落胆して劇場を後にしました。

ネットで良い感想をいくつか読んだので見ることにしたのですが、
…騙されました。
いわゆるステマであったようです。

勿論個人的感想ですので、
面白かったと思われる方もあれば、
意外に悪くなかった、と思われる方もあるかと思います。

個人的な感想ですのでご容赦下さい。

以下少し悪口になります。
ご不快な方は飛ばして下さい。

これね、そもそも企画として成立していないと思うのです。

催眠術で音楽が聞こえると歌って踊るんでしょ。
でも周囲の人は催眠術には掛かっていないので、
おそらく呆れて見ているだけになる筈です。
それじゃミュージカルにならないので、
最初の2つくらいの場面については、
周囲の人も歌って踊るという、
一生の「妄想シーン」にしているのです。
ただ、妄想ではこれまでのミュージカル映画と変わらないので、
音楽が終わってみると、
みんなは呆れていて、辺りは散らかり放題、
という感じになっています。
でも、結局実際に行われたことはどうだったのかしら。
その辺が胡麻化されているのでよく分かりません。

主人公はレストランで歌って踊った時に、
シャンデリアや高価な食器やワインなどを、
大量に破壊してしまうので、
それで一文無しになってしまう、という設定です。

そこまで破壊的な言動をしているのに、
その後の歌唱シーンは至って穏当で、
ストリートミュージシャンとキャンディーズを歌うところなど、
別に普通の人の歌や踊りと何ら変わるところはありません。

こうした部分を見ると、
凶悪な催眠術で歌わされているというより、
もっと周囲を理解しつつ理性を持って歌っているとしか、
思えないんですよね。

催眠術による歌と踊りというのが、
どういうものなのか、
ただ、普通に歌って踊るだけなのか、
それとも「ジキルとハイド」のように、
別人格が浮かび上がって、
秘められていた力が解放されて、
超人的な身体能力を発揮するものなのか、
その辺りも不明です。

レストランの時はアクロバティックな大暴れをしているので、
超人的な能力が発揮されたようにも思います。
その一方でダンスも歌もお世辞にも上手いように見えませんし、
レストラン以外の場面では、
普通のカラオケか、それ以下のクオリティなので、
とても超人的とは思えません。

この辺りもまるで整合性がないのです。

実際ミュージカル映画という割には、
ミュージカルの場面は極めて少なく、
予告編で流れているのがほぼ全て、と言って、
言い過ぎではないくらいです。

後半のロードムービーの部分では、
もう設定自体をあきらめたのかしら、
と思ってしまうくらいです。

人間ドラマもかなりお寒い感じで、
ちょっと背伸びをして良い会社に入ったOL、
という設定ですが、
仕事や職場の描写にリアリティがないので、
ラストに主人公のする決断にも、
何ら説得力がありません。
やしろ優の役柄もありきたりですし、
「ウェディングベル」を歌って、
不実な男性の結婚式に殴り込むなど、
あまりに捻りのない設定には開いた口が塞がりませんでした。

総じてノスタルジックでベタな感じを売りにしているのですが、
そもそも日本にミュージカルの伝統などはなく、
仮にあるとすれば、
劇団四季と東宝ミュージカルでしょうから、
パロディにするならそうした部分に切り込むべきで、
今回題材になっているのは、
歌謡曲が全盛の時代の「歌謡ショー」ですよね。
歌謡ショーがテーマであるなら、
それをもっと前面に打ち出すべきではなかったのかな、
というように感じました。
今回の作品で描かれているミュージカル部分は、
歌謡ショーなのかミュージカルなのかが不明瞭で、
その点が一番の計算違いであったように思います。

多分企画の時点で迷走したのでしょうが、
設定が思いつきの域を出ないままに作品化され、
最後まであいまいなまま終わってしまった、
という作品であったように思います。

テレビで見る価値もないかな、というようには思いますが、
勿論三吉彩花さんのファンであれば、
必見とは思います。
でも、どこかのCMの三吉さんの方が、
正直100倍良かったですね。

それでは今日はこのくらいで。

皆さんも良い休日をお過ごし下さい。

石原がお送りしました。
nice!(5)  コメント(0) 

「アス」 [映画]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は日曜日でクリニックは休診です。

休みの日は趣味の話題です。
今日はこちら。
アス.jpg
「ゲット・アウト」というSFホラーの快作で、
鮮やかなデビューを飾った鬼才ジョーダン・ピールの、
長編劇映画第2作「アス」が今ロードショー公開されています。

今回も前作に負けず劣らず面白い映画でした。

個人的には最高と言って良いくらい。
ホラー色のあるSFミステリーというジャンルなのですが、
このジャンルの作品としては、
歴史的に見ても最上の部類の作品です。

小児期のトラウマを抱えて成長した女性が、
家族と共に生まれ故郷に戻ると、
そこで奇怪な事件に遭遇します。
闇から現れた自分達そっくりの化け物じみた家族が、
自分達に成り代わろうと襲って来るのです。

自分達そっくりの怪物の正体は、
一体何なのでしょうか?
怪物は何の目的で、何処から現れたのでしょうか?
謎をはらみながら過激に物語は展開し、
意外に奥の深い謎の答えと、
予想外の展開が観客を待っています。

前作「ゲット・アウト」と同じように、
今の時代の空気を反映している作品ではあるのです。
ただ、何かを比ゆ的に表現したり揶揄したり、
社会批評的なことはしていません。
つまり、フィクションとしてしっかり完結していて、
現実の要素を必要とするような作品ではないのです。

その点がまずとても好印象です。

これは骨格は古典的なミステリーの、
使い古されたワンアイデアなのですが、
それを仰々しくも荒唐無稽で大袈裟な設定に覆い隠すことによって、
先が読めないスリラーに仕立てている点がとても巧みです。
SFミステリーはこうでなくちゃな、という感じです。
これはイギリスのミステリー作家、
ジョン・ブラックバーンやピーター・ディキンスンが得意とした手法で、
それを巧みにオリジナルの脚本に取り入れています。

これだけで思わず踊り出したくなるほど歓喜します。

演出もとても巧みで、
それほど予算を掛けているという訳ではないのですが、
パニック描写やアクションシーンに、
様々な別種のパターンを織り込んでいて、
物語ではなく演出技巧だけでも楽しめるという、
マニアックな世界を出現させています。

この辺りはヒッチコックを彷彿とさせます。

ヒッチコックの作品は色々な形で使われていますが、
特に「鳥」が今回はモチーフとなっていて、
最初にはそっくりのカットもありますし、
鳥の恐怖が伝染しつつ拡大するタッチを、
巧みにこの物語に取り入れています。

ネットなどの感想では、
設定が辻褄が合わない、とか、
説明されない部分がある、というような点が、
この作品の欠点として語られていますが、
個人的な意見としてはそれはナンセンスで、
こうしたSFスリラーでは、
半分くらいだけ理屈で説明して、
残り半分は意味不明のまま宙吊りにしておくのが、
1つのセオリーで、
全て説明してしまうと理が勝ちすぎて、
作品の怖さはなくなってしまうのです。

今回の映画に関しては、
その説明する部分としない部分とのバランス、
辻褄の合う部分と合わない部分とのバランスは、
こうしたジャンル作としては絶妙であったと思います。

これでいいのです。

そんな訳で個人的にはとてもとてもお気に入りの1本で、
同じ趣味の方には「絶対に見逃すな!」と強く言いたい作品です。
こうした映画を大スクリーンで観る機会は、
とても貴重なものだからです。
シャマラン監督にも昔は同様の期待をしたのですが、
今になってみると彼は偽物でした。
その点ジョーダン・ピールは、
間違いのない本物です。

それでは今日はこのくらいで。

皆さんも良い休日をお過ごし下さい。

石原がお送りしました。
nice!(6)  コメント(0) 

鵺的「悪魔を汚せ」(2019年再演版) [演劇]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は土曜日で午前中は中村医師が、
午後2時以降は石原が外来を担当する予定です。

土曜日は趣味の話題です。
今日はこちら。
悪魔を汚せ.jpg
アングラ色の強い舞台が魅力の鵺的が、
2016年に初演されて好評であった「悪魔を汚せ」を、
ほぼオリジナルキャストで再演しています。

高木登さんによるドロドロの家庭崩壊劇を、
アングラ演出では当代随一の演出家寺十吾(じつなしさとる)さんが、
外連味たっぷりに演出しています。

これは歴史のある製薬会社の創業者の一族が、
当主である老人の死をきっかけにして、
家族同士の闘争が加速し、
屋敷は燃え尽き終焉を迎えるという物語です。

一応現代に時間は設定されているようですが、
とても現代という感じではなく、
ゴシックロマンや横溝正史の作品を彷彿とさせるような物語です。
子供たちの世代が悪魔として暗躍するというのも、
古典的なミステリーを想起させるような趣向です。

ただ、内容に意外性のあるような展開はほぼないので、
ミステリーに傾斜している感じはあまりありません。

正直同じような話が続くので、
退屈に感じる部分はあります。
最初に「家族の嫌な姿を思う存分見せる」
というようなことをセリフで言ってしまうので、
観客としてはどうしても過度な期待を持ってしまい、
「その割には…」という感想になってしまいます。
より過激なものを、と期待をしてしまうのです。
その辺りは構成にもやや問題があるように感じました。
途中で明らかになる家族の秘密と称するものも、
とてもありきたりなのでガッカリします。

ただ、ラストに至る展開の意外性と、
ラストに対決する2人の少女が、
絶叫しつつ終わるというのはとても面白くて、
この部分は斬新で一気に覚醒するような思いがありました。
作家としての高木さんの個性が良く表れた、
名シーンであったと思います。

キャストはトータルにはなかなか頑張っていたと思います。
ただ、親子の年齢差があまりない感じなので、
設定に違和感を感じるという部分はありました。
しかし、作者の高木さんも若者3人をそのままのキャストで再演したかった、
と言われているので、
それは承知の上であったのかな、
という気はしました。

特筆するべきは矢張り演出で、
狭い空間に作り込んだ、
奥行と立体感のあるセットも素晴らしいですし、
闇と光を巧みに使った効果も抜群です。

来年もまた高木さんの作品と寺十さんの演出で、
新作が予定されているようですから、
これはもう最大の期待を持って待ちたいと思います。

アングラ小劇場の好きな方には絶対の贈り物です。
臭って来るような血みどろ家族崩壊劇で、
観劇の夜の悪夢に登場することは確実の、
「残る」芝居です。

ただ、明るさや軽みや笑いや勧善懲悪などの要素は皆無で、
通常の倫理観を踏みにじるようなところがありますから、
「まっとうな感覚のお芝居」を希望される向きには、
全く向いていないということは、
補足しておきたいと思います。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(5)  コメント(0) 
前の5件 | -