So-net無料ブログ作成

DHAの非アルコール性脂肪肝炎進行予防効果 [医療のトピック]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は午前午後ともいつも通りの診療になります。

それでは今日の話題です。

今日はこちら。
オステオポンチンがDHAで低下する.jpg
今年のPLOS ONE誌に掲載された、
オステオポンチンと脂肪肝炎に関する論文です。

非アルコール性脂肪肝炎というのは、
お酒をあまり飲まない人に、
アルコール性脂肪肝炎に似た、
中性脂肪の過剰な肝臓への蓄積が起こるもので、
進行すると肝硬変や肝臓癌のリスクも高まります。
内臓脂肪の蓄積と大きな関連があり、
メタボリックシンドロームの、
内臓病変の1つとして考える見方もあります。

内臓脂肪の蓄積が、
免疫老化と呼ばれるようなT細胞の変化をもたらし、
オステオポンチンという炎症物質の過剰な産生が、
慢性の炎症を惹起して老化を進行させるのでは、
という仮説があります。

この考え方からすれば、
内臓脂肪の蓄積によって生じる非アルコール性脂肪肝炎というのも、
この免疫老化の1つの現れということになる訳です。

今回の論文は免疫老化と直接に関連するものではなく、
DHA(ドコサヘキサエン酸)という、
青身魚の脂に多く含まれる多価不飽和脂肪酸(ω3脂肪酸)の、
高脂肪食によってもたらされた非アルコール性脂肪肝炎への、
進行予防と治療効果をみた動物実験の論文ですが、
脂肪肝炎の炎症マーカーの1つとして、
オステオポンチンを測定していて、
その変化を見ているという点で、
DHAのオステオポンチンへの効果もみるような結果となっています。

高脂肪食を22週間継続する負荷で、
メタボリックシンドロームと、
非アルコール性脂肪肝炎の状態となったネズミに対して、
その時点で解剖して検査をした場合と、
高脂肪食にオリーブオイルを加えた場合、
高脂肪食にDHAを加えた場合、
普段の飼料に戻してオリーブオイルを加えた場合、
普通の飼料に戻してDHAを加えた場合の、
4種類のパターンの食事を8週間継続し、
その後に解剖して検査を行なった場合の比較を行っています。

その結果…

オリーブオイルの補充では、
肝細胞の炎症や線維化は抑制されなかったのに対して、
DHAの補充を行なうと、
炎症性マーカーを含めて脂肪肝炎の進行が抑制されていました。
オステオポンチンも、
血液濃度においてはあまり変化を認めていませんが、
肝細胞内の発現量についてみると、
DHA群で強い抑制が認められました。

更に食事を高脂肪食から通常の飼料に戻し、
そこにオリーブオイルやDHAを添加すると、
肝臓の状態はほぼ高脂肪食負荷前の状態に、
改善していることが確認されました。

これを昨日の免疫老化と内臓脂肪との話と組み合わせて考えると、
内臓脂肪の蓄積に伴い、
肝細胞にも免疫老化が起こって炎症が持続し、
脂肪肝炎や肝臓の線維化などの変化が進行しますが、
DHAには内臓脂肪の組成を変化させて、
炎症を軽減する効果があり、
更に食事の脂肪量を低下させることにより、
その効果は持続可能なものとなって、
一旦進行した脂肪肝炎も、
改善する可能性がある、
ということになります。

これはまだ動物実験のレベルの知見で、
そのまま人間に適応可能であるかどうかは分かりませんが、
多くの慢性病に実は老化の促進という共通項があり、
それが食事+薬もしくはサプリメントという組み合わせで、
一定レベル改善させることが可能だ、
というデータは興味深く、
今後の検証を期待したいと思います。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。

下記書籍発売中です。
よろしくお願いします。

誰も教えてくれなかった くすりの始め方・やめ方: ガイドラインと文献と臨床知に学ぶ

誰も教えてくれなかった くすりの始め方・やめ方: ガイドラインと文献と臨床知に学ぶ

  • 作者: 石原藤樹
  • 出版社/メーカー: 総合医学社
  • 発売日: 2016/10/28
  • メディア: 単行本


nice!(9)  コメント(0) 

内臓脂肪と老化との関係 [医療のトピック]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は午前午後ともいつも通りの診療になります。

それでは今日の話題です。

今日はこちら。
オステオポンチンと免疫変化.jpg
今年のPLOS ONE誌に掲載された、
肥満による免疫細胞の老化の影響が、
減量後も持続しているという興味深い動物実験のデータです。

最近老化の研究でテレビなどにも沢山出演されている、
慶應大学の佐野政明先生などの研究グループによる知見です。

老化の本態はまだ解明されているとは言えませんが、
最近話題となっていることの1つは、
リンの蓄積を誘導するクロトー遺伝子で、
もう1つが最近佐野先生が広められている、
オステオポンチンです。

オステオポンチンはその名の通り、
骨の組織に豊富に含まれる物質として発見された、
酸化リン酸化タンパク質で、
細胞に結合してその増殖などを調整する、
一種のホルモンやサイトカインのような働きを持っています。

当初は骨吸収を促進する物質として、
主に骨の状態のマーカーとして測定されていました。

それがその後の研究により、
骨以外の場所でも産生され多彩な働きをしていることが、
次第に明らかとなり、
現時点では身体に炎症を引き起こす、
炎症性サイトカインとしての働きが主に注目されています。

長寿の高齢者では相対的にオステオポンチンの血液濃度が、
低値であることが報告されています。
つまり老化とオステオポンチンとは何らかの関連がありそうです。

その関連とはどのようなものなのでしょうか?

身体の細胞の老化に伴い、
身体をウイルスや細菌などの病原体から守る働きをしている免疫細胞も、
老化をするということが知られています。

これを免疫老化と呼んでいます。

加齢に伴い、T細胞と呼ばれる免疫細胞の機能が、
低下することが分かっていて、
それにより免疫力が低下するとともに、
過剰な慢性の炎症が身体に起こります。

2009年に京都大学の湊長博先生のグループが、
この免疫老化というのは、
T細胞全体の老化ということではなく、
若い人には存在しない特殊な性質のT細胞が増殖して、
それが大部分を占めることで生じている、
という新たな知見を報告しました。

佐野先生達のグループは、
内臓脂肪の増加とこの免疫老化との関係に着目し、
研究を重ねています。

内蔵脂肪が増えたいわゆるメタボの状態では、
インスリン抵抗性が高まって動脈硬化が進行し、
全身の臓器の障害に結びついて寿命も短縮することより、
メタボでは老化が進行する、
という言い方が可能です。

ネズミに脂肪の多い食事を摂らせて、
内臓脂肪が増加したメタボのネズミを作ると、
そのネズミの脂肪細胞は慢性の炎症を起こし、
そのときに血液のオステオポンチンは増加します。
そして、オステオポンチンを過剰に産生している細胞は、
若い痩せたネズミにはほとんど存在しない、
CD153とPD-1というマーカーが表面に見られるT細胞でした。

この特殊なT細胞は高齢のネズミにおいて増加していて、
オステオポンチンを産生して細胞に炎症を起こし、
その一方で正常な免疫反応は起こさないので、
そのネズミでは慢性に炎症が持続して動脈硬化は進行し、
インスリン抵抗性により糖尿病を発症、
免疫力は低下して感染には弱くなります。
当然そうしたネズミの寿命は短くなりますから、
かなりの蓋然性を持って、
このT細胞こそ免疫老化の本態であろうと推測されるのです。

つまり、高齢になると、
免疫の働きはなく、炎症を起こすという、
有害な免疫細胞が何故か増加して、
そのために全身の老化が進行してしまいます。
このときに炎症の主体になるのが、
異常な免疫細胞から分泌されるオステオポンチンで、
このオステオポンチンが欠損しているネズミでは、
炎症やインスリン抵抗性は生じないことも分かっています。

オステオポンチンが老化物質の1つであることは、
動物実験のレベルでは間違いはなさそうです。

興味深いことはこの免疫老化は、
加齢ではなく脂肪過多によるメタボでも、
同じように誘導されることで、
その意味でメタボというのは、
老化とかなり近い現象である、
という言い方が可能です。

さて、最初にご紹介した文献においては、
高脂肪食で内臓脂肪を増やしたネズミにおいて、
免疫老化が起こっていることを確認してから、
今度は低脂肪食により内臓脂肪を元の量に落とします。
つまり、ダイエットをする訳です。
ところが体重が減少した後も長期間、
有害なT細胞が増殖する状態は続き、
オステオポンチンも前値には戻りませんでした。

つまり、肥満により一旦免疫老化が起こってしまうと、
その後ダイエットで体重を元に戻しても、
免疫老化自体はすぐには元には戻らない、
ということが明らかになったのです。

これは人間において、
メタボの人が食事をコントロールして体重を落としても、
必ずしも全てのデータが元に戻る訳ではなく、
動脈硬化の進行は抑制出来ない、
という疫学データにも一致する知見で、
今後より免疫老化の実態が分かって来れば、
オステオポンチンの抑制など、
根本的に老化を抑制するような治療が、
実現する日が来るかも知れません。

それほど楽観はすることなく、
今後の研究の結果を待ちたいと思います。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。

下記書籍発売中です。
よろしくお願いします。

誰も教えてくれなかった くすりの始め方・やめ方: ガイドラインと文献と臨床知に学ぶ

誰も教えてくれなかった くすりの始め方・やめ方: ガイドラインと文献と臨床知に学ぶ

  • 作者: 石原藤樹
  • 出版社/メーカー: 総合医学社
  • 発売日: 2016/10/28
  • メディア: 単行本


nice!(8)  コメント(0) 

ディアナ・ダムラウ&ニコラ・テステ オペラ・アリア・コンサート [コロラトゥーラ]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は日曜日でクリニックは休診です。

休みの日は趣味の話題です。

今日はこちら。
ダムラウ.jpg
ドイツ出身で現在最も広く活躍しているソプラノの1人、
ディアナ・ダムラウが夫君のバス・バリトン、
ニコラ・テステとのデュオコンサートを、
アジアツアーとして行い、
その一環で日本で1日限りのリサイタルが開催されました。

ダムラウは当代きってのコロラトゥーラソプラノで、
リリックソプラノですが、
僕にとって何より忘れがたいのは、
2011年の震災の年の6月に行われた、
メトロポリタン・オペラの来日公演で、
原発事故の影響を恐れてネトレプコやカウフマンなど、
スターが次々と来日をキャンセルする中で、
お子さんと一緒に来日して、
「ランメルモールのルチア」のタイトルロールを、
見事に歌ってくれました。

コロラトゥーラは割とあっさりとしていて、
技巧を駆使するという感じはなく、
高音もあまり伸ばしたりはしないのですが、
狂乱の場の狂気の表現力と、
そこに至るまでの段取りの精緻さ、
アンサンブルの部分での音楽的なレベルの高さなどが素晴らしく、
技巧を駆使したソプラノとは別個のスタイルなのですが、
ある種孤高のルチアとして、
非常な感銘を受けました。

今回はそれ以来の2回目の来日ということになります。

今回のダムラウは絶好調で、
ともかく声の安定感が抜群です。
デセイ様命のコロラトゥーラ好きとしては、
デセイ様のような速度を上げて突っ走るような高速アジリタや、
超高音を伸ばしまくるような感じが、
ダムラウの歌には基本的にないことは、
まあ不満ではあるのですが、
彼女の資質は明らかにそうしたところにはなくて、
抜群の表現力で、
血肉のみなぎるダイナミックかつ繊細な歌唱、
聴衆の心を確実に駆り立てるような歌唱こそが持ち味で、
その面では当代一であることは間違いがありません。

基本的に単独のアリアより、
感情の持続のあるオペラの舞台でこそ、
その真価を発揮するタイプであると思うので、
今回のリサイタルでは「清教徒」1幕の、
バリトンとの二重唱のくだりが、
最愛の男への純な愛を歌っていながら、
その愛情の強烈さにその後の狂気を、
確実に感じさせるという高度な歌唱と演技で、
彼女ならではの高い音楽性を聴かせてくれました。

これは抜群でした。

またラストに用意された「椿姫」1幕ラストの大アリアは、
カバティーナはかなり短縮版でしたが、
装飾歌唱の一音一音までが、
全て感情に直結して聴衆の心を揺さぶる、
これまで僕が聴いて来た多くの「椿姫」とは、
明らかに次元の違う彼女ならではの、
これも孤高の「椿姫」であったと思います。
ラストはハイEsには上げなかったのですが、
彼女の歌い方ならこの方が確実に良い、
というように思わせました。

これは驚きました。

今回一番楽しみにしていたのは、
マイヤーベーアの「ディノーラ」の「影の歌」で、
これはデセイ様のフランスオペラアリア集で初めて聴いて、
イタリア物とはまるで違うフランス・オペラの繊細な狂乱技巧が、
素晴らしくて感銘を受けたのですが、
その難易度の高さから、
あまり実際にリサイタルなどで歌われることはありません。

これも影との語り口など、
ダムラウならではの表現力で良かったのですが、
矢張りラストなどは高音を伸ばしてはくれないので、
こうした装飾的な歌ではちょっと不満は残ります。

総じて当初予定されていた演目から、
「清教徒」の狂乱の場やマイヤーベーアの珍しいアリアなどが差し替えになり、
より通俗的で無理をしない感じのプログラムになったのが、
少し物足りなくはあったのですが、
ダムラウの現在の高い水準と、
その藝術性と音楽性に充分に触れることが出来た一夜で、
とても充実した気分で帰路に着くことが出来ました。

それでは今日はこのくらいで。

皆さんも良い休日をお過ごし下さい。

石原がお送りしました。
nice!(10)  コメント(0) 

庭劇団ペニノ「地獄谷温泉 無明ノ宿」 [演劇]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は土曜日で午前午後とも石原が外来を担当する予定です。

今日は土曜日なので趣味の話題です。

今日はこちら。
ペニノ.jpg
怪人タニノクロウさんの作・演出による、
庭劇団ペニノの「地獄谷温泉 無明ノ宿」の、
横浜での再演の舞台に足を運びました。

マメ山田さん扮する人形師の老人とその息子が、
翌年には新幹線の開通で閉鎖される予定の、
「主人」のいない温泉旅館に、
一通の謎の手紙で招かれるのですが、
招いた主人は存在せず、
旅館に集う老婆や盲目の男などの、
この世界から忘れ去られた「過去」の人間達の心に、
人形芝居で触発された一夜限りの異様な欲望が、
奇怪な華を咲かせるという物語です。

この作品は2015年の夏に森下スタジオで初演されて、
その時から非常に評価が高く、
第60回岸田國士戯曲賞を受賞しました。
ただ、この時はクリニックの開院準備の時期で、
忙しくて観に行けませんでした。
それで今回の再演はとても楽しみにしていたのです。

これは期待通りの見事な舞台で、
セットの緻密な造り込みは尋常ではありませんし、
音効や照明も完璧に磨き込まれています。
内容の得体の知れなさと、
常人には理解不能の露悪的な淫靡さなどは、
今回も基本的には同じですが、
ナレーションまで付けられた物語は、
これまでのペニノの舞台とは段違いに分かり易くなっています。

特に「国中が気狂い、血に飢え出したいま、
百福の容姿と人形芝居はとくに求められました。
人々はいま惨めさを求めているのです。圧倒的な惨めさを!」
というようなタニノクロウさんとしては、
異例の感じのするアジテーション的なナレーションがあるので、
そこに反応して評価をされたという部分も、
今回はあるように思います。

ただ、言葉は基本的に平明で、
物語のアウトラインも追うこと自体は簡単な一方で、
実際に舞台で起こったことは何なのか、
豊穣で奇怪なディテールには何の意味があるのか、
というような点については、
例によって常人にはとても理解が出来ない部分が、
多々あることは、
これまでのペニノの舞台と同じでもあるのです。

しかし、そうしたモヤモヤは残っても、
祖母の思い出とともにある富山の田舎の情景が、
新幹線とともに葬られた、
という現実に虚構として対決するために、
忘れ去られた怨念と欲望とを取り込んで、
実際に現実より現実的な完璧な温泉旅館を、
舞台に造り上げてしまったタニノさんの執念のようなものには、
素直に脱帽を感じるのです。

僕がこれまで観た中では、
間違いなく最高のペニノの芝居であったことは間違いがありません。

これは小劇場の歴史に残る傑作だと思います。
必見です。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(9)  コメント(0) 

尿路感染症に対する消炎鎮痛剤の効果 [医療のトピック]

こんにちは。
北品川藤クリニックの石原です。

今日は金曜日でクリニックは休診ですが、
老人ホームの診療などには廻る予定です。

それでは今日の話題です。

今日はこちら。
尿路感染症に対する消炎鎮痛剤の効果.jpg
今年のBritish Medical Journal誌に掲載された、
合併症のない尿路感染症に対する、
抗生物質の使用の可否についての論文です。

近年抗生物質の害が強く指摘されるようになり、
日本でも抗生物質の使用を抑制しよう、
という動きがあります。

抗生物質は細菌感染症の治療薬で、
医療の歴史において、
非常に画期的なブレイクスルーをもたらしたものですが、
その一方で万能薬的なイメージが付き過ぎたために、
あまり意味のない予防的な使用や、
ウイルス感染症の可能性の高い風邪症候群への、
適応を考慮しない使用などが行われるようになり、
抗生物質の効かない耐性菌の問題などが、
生じる結果となっているのは、
皆さんもご存じの通りです。

そのため抗生物質の使用の適正化の試みが、
色々な面で行われるようになりました。

今回はその流れの中で、
抗生物質の使用頻度が多く、
その適応と考えられている、
膀胱炎などの合併症のない尿路感染症に対する、
抗生物質の使用が、
本当に必要なものであるのかを検証しているものです。

スイスの17のプライマリケアの医療機関において、
203名の合併症のない尿路感染症の患者さんを登録し、
患者さんにも主治医いにも分からないように、
一方は消炎鎮痛剤であるジクロフェナクナトリウム(商品名ボルタレンなど)を、
1日75mgで3日間使用し、
もう一方は同じ見た目のカプセルで、
抗生物質のノルフロキサシン(商品名バクシダールなど)を、
1日400mgでおなじく3日間使用して、
3日後の症状や合併症の有無を比較検証しています。

その結果、
3日後に症状が改善したのは、
消炎鎮痛剤群の54%に対して、
抗生物質群では80%で、
有意に抗生物質が有効という結果になっています。
更には腎盂腎炎への悪化は、
消炎鎮痛剤群では5%に当たる6名で認められたのに対して、
抗生物質群では1例も認められませんでした。

このように女性の合併症のない尿路感染症に対しては、
対処療法より抗生物質の使用の方が、
その使用が適正であれば明らかに有用性が高く、
その使用は必要と考えられますが、
その一方で抗生物質を使用している患者さんでは、
濫用に繋がり易いこともまた事実で、
濫用にならないようにどのように歯止めを作ってゆくのかが、
今後は重要であるように思います。

それでは今日はこのくらいで。

今日が皆さんにとっていい日でありますように。

石原がお送りしました。
nice!(7)  コメント(0) 
メッセージを送る