So-net無料ブログ作成

「空気の底」と手塚治虫の世界 [漫画]

こんにちは。
六号通り診療所の石原です。

今日は日曜日で診療所は休診です。
雲行きは怪しかったのですが、
折り畳み傘を片手に駒沢公園まで走りに行って、
幸い戻って来るまでには雨は降りませんでした。

今日は午後に髪を切りに行く以外は、
特に予定はありません。

いつも行っていた「流行らない床屋」が、
今年の1月で店を閉めてしまったので、
今はその近くの別の床屋に行っているのですが、
予約制でしかもご主人の都合による予約制です。
まず電話をして、
「日曜日や祝日しか行けないのですが、
いつならやって頂けますか?」
と聞くと、
「5月1日の午後1時ならいいよ」
と言われるので、
それで決定します。
こちらの都合で日時や時間は決められないので大変です。

休みの日は趣味の話題です。

今日はこちら。
空気の底.jpg
父の書斎に手塚治虫の「鉄腕アトム」は、
「青騎士」までの第一部は全部揃っていたので、
これはもう何度読んだか分かりません。
シールが付録で付いていた、
大判の本です。
ミステリーっぽい話とか、
映画ネタとか、
色々な趣向のものがあって、
本当に楽しみました。
蜂が一杯出て来る話があって、
それだけは絵が気持ち悪くて、
読み返すことが出来ず、
未だに僕のトラウマです。
僕の好みは、
クレオパトラがロボットで復活する話とか、
身体に地球を破壊するような爆弾を仕込まれた、
冷蔵庫を持った少女の話。
彼女は抜群に可憐で素敵だったよね。
それからロボットが集結して、
巨大な戦艦になる軍事独裁国の秘密兵器の話。
部品の筈のロボットが、
アイデンティティを持って反逆するのです。

後年アトム復活後のものも読んだのですが、
出来は正直かなり落ちましたね。

画像を出した「空気の底」は、
大人ものの漫画誌に書かれた、
非常にダークな雰囲気の短編集で、
これも父の書斎で小学校の頃に読みました。

全てとても嫌な話で、
ハッピーエンドは1つもなく、
全て最悪の結末が待っています。

「夜の声」というのが凄く好きで、
これは若いエリート実業家が、
楽しみで路上生活を密かにしているのですが、
そこで家出少女に逢い、
路上生活者として少女と恋に落ち、
彼女を自分の会社に採用するのですが、
少女に憎まれて殺されてしまうのです。

これは上巻しか長く読むことが出来ず、
下巻は10年ほど前に、
上巻とセットで古書市で買いました。

ただ、読んでみると傑作は上巻に集中していて、
下巻はあまり面白くはありませんでした。

上巻は矢張り今読んでも衝撃的なのですが、
所謂「日本のタブー」を幾つか取り上げていて、
そのスタンスは今読むと薄手な感じはします。

70年代のエンターティンメントの、
ある種ダークな感じというのは、
一時は僕の憧れだったのですが、
こんな時代になってみると、
そのメッキは大分剥がれたな、
という思いはあります。

手塚治虫は勿論天才ですが、
当時の日本は非常に狭かったので、
彼には今の時代を生きて欲しかった、
今の時代に勇気を与えてくれる作品を、
生み出して欲しかった、と切に思います。

それでは今日はこのくらいで。

皆さんも良い休日をお過ごし下さい。

石原がお送りしました。
メッセージを送る